ブルーインパルスの専門用語集

ブルーインパルスの専門用語集

ブルーインパルスの専門用語集

イベントで展示飛行するたびにトレンドになるブルーインパルス。

みんな大好きブルーインパルスを深掘りした専門用語を集めました。

航空無線から聞こえてくるブルーインパルスが使う専門用語
ブルーインパルスを撮影している航空マニア使う隠語
知ってほしいブルーインパルス用語

さまざまなシーンで使わるブルーインパルスの専門用語集をご活用ください。

独自解釈もあるのご参考にまでに!

数字


シーリングが10,000フィートの天候で実施されます。縦系と言われるブルーインパルスの技が詰まったフルアクロ。5番機が8の字を描くバーティカルキューバンエイトは1区分の展示課目でしか見れません。

フライトリーダー。先頭を飛行する編隊の基準となるポジション。スモーク・ブレイクのタイミングを各機に指示を出します。

シーリングが7,000フィートで実施されるブルーインパルスの演技区分。2区分の展示課目は5番機が8を横に描くキューバンエイト(∞)になります。

レフトウイング

左方向から5機で進入してくるっと360°ループして右方向に抜けていく課目 担当機:1/2/3/4/6

シーリングが5,000フィートで実施される区分。水平系の演目で構成されます。

ライトウイング、隊形の「対称性」を確保する役割を持ち、若手が担当する。

シーリングが3,000フィートで実施される区分。雲が低いため水平(レべル)系の演目で構成されます。

右方向から進入してきてまずは1・4番機が背面飛行、そのあとに2・3番機が背面飛行する。4機のインバートを撮るなら中央左側。担当:1/2/3/4

スロット、編隊の中心や最後尾を務める編隊飛行の要。常に前後左右に他機がいる過酷なポジションである。バーティカルキューピッドを矢で射抜く大役も努めている。

5番機が90度のバンクごとビタッと飛行する課目。4ポイントしっかり撮りたい。担当機:5

シーリングが1,500フィート。ドン曇りの空のときは航過飛行がメイン。

リードソロ、第1単独機はT-4の性能を最大限に発揮するソロ課目で高度な操縦技術が要求されるポジション。

オポージングソロで第2単独機。5番機とのデュアル課目・単独ソロ・編隊フォーメーションなんでもこなします。

予備機。機体に不具合があった場合のスペア機。尾翼に代用される機体番号が番号のシールが貼られる。

ABC


ノータム。飛行場の航空情報でブルーインパルスが飛行するときに通達されるため予行の日程を知る重要な情報元となっている。

オーアール、任務待機 オペレーション・レディネス

Return To Base。演技を終えて基地に帰ること

TACネーム(たっくねーむ)とは隊員同士が呼びあう愛称で由来のある名前が付けられます。ブルーインパルスだけでなく戦闘機パイロットはTACネームがあります。「アッシュ」「エデン」といったカッコいいものからインパクトのある「モミオ」まで様々です。

Time On Target 目標時間。イベントでは時間に合わせてフライトします。長野オリンピックで世界のオザワの指揮にあわてドンピシャで飛んだアレである。

TR=トレーニング・レディネス(訓練待機)。展示する訓練中のパイロット。後席に乗ったりナレーターを努める。

あ行


アクロバットの略。演技前にはエアバンドで「リクエスト、フィールドアクロ」と許可を申請します。

横一列の隊形

背面飛行

左側から背面飛行(インバーテッド)で進入して、大きくロールして再度通過します。パイロットの逆さ5を撮影するチャンスです。担当機:5

たまにブルーインパルスを「インパルス」と言ってるのを見かけるけど…。

航空機との無線通信。ブルーインパルスだとスモークのタイミングや課目のコールなどが聞けます。イヤホンを付けているひとはコレを聴いています。 類:航空無線

斜め一列に並んだ隊形

ブルーインパルスのパイロットはサービス満点。撮影しているギャラリーに気がつくと手を振ってくれます。

6番機

左から5番機、右から6番機が進入してロールしながら中央で交差。連写すると決定的な瞬間も!? 担当機:1/2/3/4/6

右からデルタ隊形で進入、中心の2/3/4番機だけが背面飛行するアクロバティックな技 担当機:1/2/3/4/6

展示課目:オポジット・トライアングル

か行


スモークの航跡で空にカタチを描く課目。サクラやキューピッドなど曲線スモークとスタークロス・サンライズなど直線スモークの課目があります。

ブルーインパルスの飛行を反対する春日井市を1mmもかすらない小牧限定の課目。

アクロバットの技や航過飛行の形のひとつひとつに付いている技の名前。もしくは演技するの数。

展示課目:背面飛行する5番機に6番機があわせる技

展示課目:5番機と6番機が日本一大きなハートマークを描く課目。航空祭では4番機がハートを射抜くバーティカルキューピッド。イベントでは水平のレベルキューピッド、斜めのスラントキューピットとなる。

ブルーインパルスの演技は芸ではなく「技」  類:アクロバット

パイロットがコクピットに乗り込むときのウォークダウン

ブルーインパルスは次に演技する技の名前をコールするので航空無線を聞いていると撮影のタイミングが判ります。 類:エアバンド

T-4の後ろの席。任務はギャラリーへのお手振り。飛行中にポーズをとっていることがあるので注目。

ブルーインパルスのスモークの跡

背面飛行する5番機の周りを6番機がバレルロール。ぐるぐるするスモークがとにかくすごい技。 担当機:5/6

演目のポジションを準備するための号令。「ファンブレイク、ゴーポジション」で次の課目がわかります。 ポジションが決まったら「レッツゴー!」

さ行


ブルーインパルスのパイロットが展示飛行の前後でおこなうファンサービス。合図は整備員がツアーパンフを配り始めたらそろそろ。サイン会場はブルーインパルスの旗が目印です。イベントの時はブルーコントロールとナレーターの二人のパイロットが延々と対応している。

5番機パイロットのヘルメットの数字。5番機は背面飛行の課目が多いために天地が逆にデザインされている。

展示課目:空描かれた6つの円がサクラの花になるイベント鉄板の課目。ひとつの円の大きさは500m

展示課目:デルタ隊形で進入した5機がスモークを曳きながら散開! 朝日の光を表現したイベント鉄板の課目。キレイに撮る撮影難度は高め 担当機:1/2/3/4/5

航空気象において、全天の5/8以上を覆う雲層のうち、そのもっとも低い雲層の雲底の高さ(雲底高度)

ドルフィンキーパー(整備士)の移動を支援する航空機。C-1(入間)・C-130H(小牧)が支援します。

ブルーインパルスのエアバンドが聴ける周波数。事前訓練のときに探すのがポイント。

担当機:1/2/3/4/6

本番のリハーサル。空自は「事前訓練」という。類:予行

ブルーインパルスが使う周波数を捕まえた意。周波数を見ける通常の方法はありそうなプリセットでスキャン、見つからないときはUHF周波数スキャン、どうしても見つからないときはツイッターで検索!

垂直方向のアクロバットが多い第1区分・第2区分

レベルサンライズ・レベルキューピッドなど水平に飛行する演目。シーリングの低い3区分・4区分やイベントで実施されます。

ブルーインパルスのパイロットのスカーフはそれぞれのポジションにマークがついています。注目!

トラフィックやトラブルなどにより編隊長の判断で展示課目の順番を飛ばすこと。

空に花を咲かせた後に大きな星が大空に現れます。担当機:1/2/3/4/6

トラフィックやトラブルなどにより編隊長の判断で演技を中断すること。

機体の後ろから出てくる白い煙。大空にハートや星、サクラを描ける魔法の煙である。飛行機がちいさくてもスモークが見えるとブルーインパルスが飛んでるところが判ります。

5番機がスモークをオンする掛け声。

斜めの意味。イベント演目の技でスラントキューピッドは多少ハートが見やすくなる。

会場左手からゆーーくりとロールしながら航過する技。地味な見た目故、実スゴイ技術です!とアナウンスが入る 担当機:6

4番機、編隊の中心や最後尾を務める編隊飛行の要。常に前後左右に他機がいる過酷なポジションである。バーティカルキューピッドを矢で射抜く大役も努めている。

展示課目:スワンローパス

ブルーインパルスの機体の正式名称が戦技研究仕様機。ノーマルのT-4をカスタマイズしている。(カラーリング・風防強化・低高度警報システム・ラダー角度・バックミラー3枚など)

T-4の前の席。操縦するパイロットが乗っています。

1機だけの演技は5番機、または6番機が行っています。

た行


地上滑走。

正面から2機が進入し至近距離で交差する演目。交差する瞬間がシャッターチャンス!フォローショットはどちらを撮るか決めておきましょう。担当機:5/6

縦方向(=バーティカル)のアクロバット。バーティカルキューバン8やバーティカルクライムロールなどが多い第1区分・第2区分。

降着装置(着陸ギヤ)を出している状態。空気抵抗が増えるので機体速度が落ちた演技になり高度な操縦技術が必要になる。

飛行班・整備小隊・総括班

1番機から4番機がダイヤモンド隊形で離陸。その後、ギアを出したダーティー状態でターンします。いきなりのシャッターチャンスです。担当機:1/2/3/4

5番機と6番機のソロデュエット、2機でナイフエッジを行います。隊形キープが長くいい写真が撮れます。レア度は高め。担当機:5/6

トレイル隊形→ダイヤモンド隊形→アローヘッド隊形へと隊形変換を行う上昇下降飛行

担当機:1/2/3/4/6

担当機:1/2/3/4/6

右手からトレイル隊形でスモークもくもくで進入、「レツゴー!!」の合図でデルタ隊形に隊形変換します。隊形変換の瞬間とデルタ隊形で戻ってきたときがシャッターチャンスです。担当機:1/2/3/4/6

本年度のツアーで付けるパッチ。毎年デザインが変わるのでコレクションするのも楽しいです。

航空祭やイベントで配られるブルーインパルスのパンフレット。パイロット・整備士の自己紹介が載っているのでファンは早めにゲットしたい。ツアーパンフにサインを貰っています。

T-4中等練習機。ブルーインパルスのベースとなっている航空機。ティーヨンとは言わない。

5番機の任務。5番機は離陸後に会場周辺のシーリングを調査して編隊長に報告。気象状態から編隊長が区分を決定する。演技の途中で天候偵察を実施することもある。

定められた時間に定められた場所に到達する空自のモットー。イベントではドンピシャのタイミングでブルーインパルスが現れます。

編隊の形のひとつ。デルタ=三角形の隊形を組みます。

デルタ隊形のまま360度ぐるんと旋回する技。イベントで展示される編隊連携機動飛行の技。デルタ360°

会場右側から進入、上昇して大きく円を描いていくスモークがエモーショナルな技。 担当機:1/2/3/4/5/6

会場正面からデルタ編隊で進入して大きくバレルロールする課目 担当機:1/2/3/4/5/6

展示飛行に航空機などが進入してくること。マスコミ・グライダー・ドクターヘリ・セスナ・ドローン・バルーンなどの航空機。展示飛行している半径8nm以内の空域に進入した場合は即時、中断・中止となります。

展示飛行の空域で飛行している航空機の情報。ブルーインパルスは半径8nm以内にトラフィックがあるときは展示飛行を行わない。

各機が一直線になった隊形

ブルーインパルスの整備士。左腕に緑色のイルカとカラースモークを出しているブルーインパルスのワッペンをしています。

ブルーインパルスのパイロット。左腕に日の丸をイメージした赤いイルカのワッペンをしています。

な行


機体を90度バンクさせて会場前を航過していく演技。超シャッターチャンス!担当機:5

ナウといってるけどエアバンドでは「ヌッ!」に聞こえちゃう。

は行


180度の横転

垂直・縦系のこと、バーティカルな技はバーティカルキューバン8・バーティカルキューピッド・バーティカルクライムロールです。

5番機が垂直に8の字を描く1区分ならではのソロ演技。担当機:5

圧倒的な急上昇の技。ロールしながら一気に9000ftまで上昇する 担当機:5

担当機:5/6

ライダー・キーパーの腕・胸に貼ってある図柄マーク。パイロットは赤、整備士は緑のワッペンをそれぞれ付けています。ブルーインパルスのパイロットは日の丸をモチーフにしたデザインのワッペンをしています。

第11飛行隊の隊長。1番機に搭乗、もしくは地上(ブルーコントロール)で全体を指揮

飛行班の班員、パイロット

飛行班の班長。1番機に搭乗、もうしくは地上(ブルーコントロール)で全体を指揮

展示課目:逆三角形の形をしたローパス課目

前半のシャッターチャンス。左側から超密集したダイヤモンド隊形で進入してくる。4機が重ならない傑作の1枚を撮りたい課目。 担当機:1/2/3/4

展示課目:不死鳥を模したフェニックス・ローパス

フェニックス隊形でロールする課目。デルタロールに代わって1区分の課目になりました。担当機:1/2/3/4/5/6

1番機。先頭を飛行する編隊の基準となるポジション。スモーク・ブレイクのタイミングを各機に指示を出します。

着陸のこと。演技が終わると「タワー、リクエスト・フルストップ」と着陸許可をリクエストする。

航空管制で周波数を切替えるとき手動で設定するときのコール。

上級者がブルーインパルスを呼ぶときに多用する呼称

5番機のコールサイン。基地間を移動するときは5,6番機のエレメントで移動。予備機が随伴のことあるもある。

1番機のコールサイン。基地間を移動するときは1~4番機のマス編隊で1番機が航空管制官と交信する。

イベント会場に設営される地上統制班。1番機の飛行隊長または飛行班長が空域の監視やイベントの状況など全体の進行とブルーインパルスの調整を行う

展示飛行をする編隊のリーダー。1番機のパイロット、もしくは5番機のパイロットが編隊長になる。

編隊飛行のままでターンなどの機動飛行を組み込んだ飛行です。チェンジオーバーターン、デルタ360°ターン、キューピッド、ナイフエッジ、サクラなどの課目でイベントでも披露されます。

展示待機。TOTにあわせたりトラフィックの進入などにより展示飛行を待っている状態。もちろん飛んだままである。

6機のブルーインパルスが会場正面で一斉にくるっと回転する技。凄腕パイロットでもなかなかピッタリにならない!? 担当機:1/2/3/4/5/6

残燃料。イベントで飛行中のブルーインパルスが順番にツーポイントツーなど数字をいうのは残燃料の確認。リモート基地までの残り燃料を考えた飛行を行っています。

展示課目:4番機を中心にした星形の隊形でのローパス課目

ま行


空と海のマイルは、1マイル=1ノーチカルマイル=1海里=1.852kmである。ちなみに陸のマイルは1マイル=1.609km

ブルーインパルスの拠点基地。宮城県松島基地が第11飛行隊のベース基地。いつも松島基地から各地へ遠征します。

ラストフライトを終えたブルーインパルスのパイロットに水をかける儀式。真冬でも実施されます。

途中で展示飛行を中止するときのコール。過去には飛行空域に他の航空機が進入したり、バートストライクなどの要因で演技途中で終了したことがあります。

すべての展示飛行がおわったときのコール。観客は感動に包まれています。

ブルーインパルスのパイロットの交信。日本語で話しています。 類:航空無線

や行


本番のリハーサル。航空ファンは「予行」という。

ブルーインパルスのバックアップ機。尾翼に数字が無い状態でいるけど、本番に使うときは整備士がバッチリ貼り付ける。

ら行


横(ライン)並び(アブレスト)になったままロールする。3機での演技はレア 担当機:1/2/3

2番機のポジション

展示課目:リーダーズ・ベネフィット

5番機のポジション。第1単独機はT-4の性能を最大限に発揮するソロ課目で高度な操縦技術が要求されるポジション。

ご要望。「フィールドアクロ」「トラフィック」「ウェザー」「フルストップ」など主に編隊長(1番機)がリクエストする。

イベントでの飛行はリモート。

宙返り

3番機のポジション、隊形の「対称性」を確保する役割を持ち、若手が担当する。

会場後方からダイヤモンド隊形で進入した4機から4番機が離脱して再集合、水平に8が描かれる技。担当機:1/2/3/4

課目を開始するときの掛け声「レターエイト、レッツゴ」

ボントンロールで宙返るのタイミングなどブルーインパルス全機のタイミングを合わせるための1番機のコール

雲が低かったり、市街地では水平の課目を演技する。代表的な演目がレベルサンライズ、レベルキューピッド

水平(=レベル)の傘型隊形で進入して5方向に散開する。イベントの展示飛行で披露される鉄板技 担当機:1/2/3/4/6 3区分

航過飛行の種類。エアバンドを聴いていると次のローパス課目が変わります。

5番機の離陸シーケンス、ベタベタの低空飛行でテイクオフしていく。担当機:5

ドン曇りの空で実施されるブルーインパルスの展示飛行。数々のローパス隊形をみることができます。千歳基地航空祭で割と開催。

展示飛行の終盤を実感するBGM。エシュロン隊形で進入してローリングしながら編隊解散、着陸態勢となる。ブルーインパルスの伝統的な技のひとつ。担当機:1/2/3/4

横転

6番機の離陸シーケンス、ダーティ状態でスモークオンでバレルロースする技。いつも見逃してしまう。担当機:6

展示課目:ローリング・コンバット・ピッチ

わ行


ワイド(=幅広)の隊形で飛行する望遠泣かせの状態。

デルタ隊形で会場後方から進入。会場正面でギュィィーンと上昇してループ。後ろから来ます。撮り逃さないように後ろに注目。担当:1/2/3/4/6

スモークをオンするときの掛け声。1番機の指示で他の番機もタイミングを合わせてスモークを出します。

 

初めての航空祭、ばっちり楽しむために知っておきたい航空祭パンフレット用語を解説
全国の航空自衛隊の基地で開催される人気のイベントが航空祭。 行ってみたいけど行ったことのない航空祭ルーキー達が初めて航空祭を観に行ってもワンランク上の楽しみ方ができるように航空祭のパンフレットに書いてある用語を解説!用語の意味を理解することがばっちり楽しむこのと第一歩です。