フェーズフリーで防災備蓄 | 日用品と防災用品を同じにしちゃう新しい防災スタイル

ライフハック

みんなが防災備蓄をはじめてる!?

地震、津波 、台風、洪水、竜巻、火山噴火などの自然災害、それに伴った停電、断水。さらにはウイルスなど様々な災害が危惧されています。度重なる災害にいつでも対応できるように普段から備えるという防災意識が高くなってきました。

そんな災害への蓄えが防災備蓄です。

防災意識が高まってきたことで災害時に必要になるだろう懐中電灯やガスボンベ、水や食料をあらかじめストックしておく最もベーシックで大切なことが浸透してきました。今のストックは十分ですか?

貼るフェーズ(スリーエム 耐水耐候性ポストイット)
アマゾンの3Mフェアで30%オフ中! 4/16まで

備える防災は難しい…

防災備蓄はたくさんの情報やセオリーから想定したものを備蓄しているので安心と思いがちですが最も難しいのが備える防災です。それはあくまでも災害をイメージした備蓄なので実際に災害が起きたときに十分な備蓄なのか分からないからです。

2019年の台風15号の被害では停電が15日間も続きました。
電気で動かすポンプも動かせないため停電とあわせて断水も続きました。
水があっても電気がなければお湯は湧きません。カセットコンロがあっても水がなければ湯煎できません。このように地震、水害、停電など様々な災害を想定するほどストックの数も種類も悩んでしまうので備える防災は難しいのです。

フェーズフリーってなに?

備える防災を補完する新しい発想としてフェーズフリーという考え方があります。
フェーズフリーとはいつもの暮らしである「日常時」と、もしもの災害が起きた「非常時」という2つのフェーズをわけないでどんなフェーズでも同じ価値を提供してくれるアイテムを選ぶ新しい防災の発想です。

備える防災には限界があります。想定できない災害だからこそ「いつも」の暮らしが「もしも」のときに役に立つフェーズフリー の価値があるアイテムで備える防災を補っていきましょう。

日常+防災のアイテム

書くフェーズ(三菱鉛筆 加圧ボールペン パワータンク)

ボールペン選び。書き心地がよくてデザインも悪くない。お値段もやすければにこだわりはない。

「日常」で凍てつく寒さの屋外でメモしたり、雨に濡れてサインを書いたり、壁に貼り付いた紙に伝言を書くこともあるでしょう。インクが出ないときはぐるぐると丸を書けば微かにインクがでてくる…。どんなボールペンでもそれなりに書ける。

では「非常時」はどうでしょうか?

凍てつく寒さの屋外で、壁に貼り付けてある、雨に濡れた紙にメモを書く…。このようにトリプルコンボで過酷な環境が重なってしまったら普通のボールペンでは1文字も書ける気がしません。

そこで加圧ボールペン パワータンク。どんな過酷な環境下でも変わらない書き心地ちを約束する最強のボールペン。加圧式は空気の力でインクを押し出して最後の一滴まで文字が書けます。非常時にメモを残すいうアクションが必要になったとき確実に思いを書き留めることがでるのが加圧ボールペン パワータンクです。

三菱鉛筆  油性ボールペン パワータンク SN-200PT-05 黒24
三菱鉛筆

雨でも雪でも、逆さでも書ける最強のボールペン

 

貼るフェーズ(スリーエム 耐水耐候性ポストイット)

なんとなく買っているポストイット。
家では主に冷蔵庫のタッパーに貼るくらいなのでメモが残せてればいいやと百均の付箋紙を選びがちです。
すぐにぺらっと落ちゃうから貼るというよりタッパーに載せてる感じなポストイット。「日常」ですぐに落ちちゃう感じだと「非常時」では全く役に立たないことは明白です。

フェーズフリーなポストイットを選ぶなら屋外でも使える強力な耐水耐候性が求められます。
日常時では台所や洗面台なの水回りで活躍! 非常時には風に吹かれても水に濡れても剥がれ落ちることなく滲むことなくあなたのメモを伝えます。

2020/4/16まで30%オフの3M フェア中!

Amazon.co.jp: スリーエム ポストイット 付箋 エクストリームノート 耐水耐候性 屋外使用可能 76×76mm 45枚 3パッド 3色 EXTRM33-3ASJ1: 文房具・オフィス用品
Amazon.co.jp: スリーエム ポストイット 付箋 エクストリームノート 耐水耐候性 屋外使用可能 76×76mm 45枚 3パッド 3色 EXTRM33-3ASJ1: 文房具・オフィス用品

運ぶフェーズ(エコバック)

私たちはいつも何かを運んでいます。
スマホをポケットに入れたり、マイボトルをカバンに入れて持ち運ぶことも運ぶというフェーズです。運ぶをフェーズフリーにするアイテムとしてエコバックがあります。レジ袋の低減もあって普段からエコバックを持ち運んでいるひとも多いと思いますがどんなエコバックを使っていますか?

日常では小さくたためて持ち運びやすいミニサイズでダサくないデザイン
非常時ではペットボトルを何本も運べる丈夫で耐荷重のある材質が求められます。

そんな運ぶフェーズをフリーにするにがNANOBAG
わずか20gの軽さとコンパクトさで日常の持ち運びを意識させません。使ったあとも畳む必要はありません。グシャグシャにまるめるだけでコンパクトになる手軽さも普段使いに最適です。
それでいて耐荷重は30kg! 非常時には水を入れたペットボトルを何本も運べる堅牢さもあります。

守るフェーズ(レインコート)

雨から守ってくれるレインコートはレジャーにかかせません。
大き目なポンチョタイプならカバンごと濡れないし両手も使えます。

日常では頭からスッポリ被って雨から守ってくれるレインコート
非常時は、雨風から体温の低下を守ります。さらに頭から被るポンチョなら着替えやトイレにも使えて女性のプライバシーを守ってくれます。

視線から守るために透けてないタイプを選びましょう。

Terra Hiker レインポンチョ ユニセックス
Terra Hiker

レインコートの他にも地面に敷くマット、日差しを遮るサンシェードとしても使えます。縫い目はすべてコーキングて防水性バッチリ!目立つオレンジが防災にはおすすめ!

光るフェーズ(蓄光LED電球)

普段、当たり前についてくれる電気。まさかの停電に備えて懐中電灯はもちろん防災備蓄してる。
パッ…突然の停電であたりは真っ暗。スマホをもってない丸腰状態。

「懐中電灯、どこにしまったっけ?」 もしくは 「あそこに置いてあ…。イテッ!」

防災備蓄を真っ暗闇の中、ぶつかりながら探しに行くことになります。
蓄光LED電球なら電気が消えてもしばらくはほんのりと明るさが残ります。日常では夜中のトイレに、非常時には懐中電灯を探しに行くときの道しるべになります。

ヤザワコーポレーション(YAZAWA) 一般電球形 蓄光LED電球 40W形

ただ蓄光LED電球いつも蓄光されるので寝室には不向きかもしれません。
寝室にはドアノブ用がいいかも知れません。

サンユニット 防災対策 高輝度 蓄光リング
サン・ユニット・カンパニー

ドアノブに掛けるタイプだと邪魔にならずに暗闇で目印になってくれる。


ちょっとした目印があると暗闇でも場所がわかります。階段の手前に貼れば日常でも非常時でも安全です。
LTI 蓄光テープ 高輝度 丸型シール(15個入り)
エルティーアイ(LTI)

懐中電灯や防災グッズに貼り付けておけば急な停電のときの目印になります。

蓄めるフェーズ(モバイルバッテリー)

日常でも非常時でもスマホを発信源とした情報がメディアを賑わせることも多くなってきました。最近は本体のバッテリーも長持ちするし駅やカフェなどいたるところで充電できるようになってきました。それでもモバイルバッテリーは持っておきたい。

溜めるフェーズでは、日常はカバンにいれても気にならないコンパクトさ、非常時は1回満タン充電できるくらいがちょうどいいです。

防災を考えると大容量がよく思えますが大容量=大きく重いです。いつも持ち歩く覚悟があればよいですが「非常時」に持っていなければ活躍できません。家まで辿り着くだけのコンパクトな容量を選ぶことも立派なフェーズフリーな考え方です。
さらに家には大容量のモバイルバッテリーがあればパーフェクトです。

TNTOR 超薄モバイルバッテリー 4mm ケーブル内蔵
TNTOR

容量は2500mAhだけどわずか4mmの薄さ!財布に気楽に入れるサイズで持ち運びに便利。 フェーズフリー に最適なモバイルバッテリーです。PSE認証済で安心。