災害に備えた防災グッズをアマゾンで備蓄しよう〈停電対策編〉

ライフハック

停電に備えた防災グッズ

3大インフラ「電気・水道・ガス」
この中で災害で被害を受けると一番困るのが停電

地震・台風などの大規模災害で発電所がトリップ、強風で電線が切断、落雷によるショートなどダメージを受ける範囲が広いために発生頻度が高い。

ゲリラ豪雨などによって局所的にたびたび停電している感じ。
「電気・水道・ガス」の中で一番早く復旧するとされているのが電気。
それだけどすぐに復旧したり1週間だっても全然、復旧しなかったりすると困る。

そんな停電対策で忘れがちな有能グッズを紹介。(スタンダードな防災グッズは準備しておいてくれよな!)

どこを拭くにも万能なボディーペーパー

断水、停電でお風呂に入れなくなっても体を拭くだけでサッパリできる。
寒い時期でもいいように冷感成分のないタイプがおすすめ。
普段使っている予備として1セットは常備しておくだけで安心。デカくて丈夫なのが万能!
ウェットティッシュやハンカチの代わりにもならなくもない。

自宅に常備する大容量モバイルバッテリー

災害時に頼れるのがSNS情報。
電池切れでスマホが役に立たずにならないようにモバイルバッテリーは必須。
デカイやつを家庭に常備しておきたい。

いざというときには持ち運べて5、6回満タンできる大容量タイプを選ぼう。

部屋を灯すにはLEDランタン

真っ暗な停電のときホッとするのが灯り。
部屋全体を照らすに最適なのがランタン。防災グッズとして用意しておきたい。

LEDランタンを選ぶときは明る過ぎると疲れるということを覚えておこう。
部屋を照らすLEDランタンは持続時間で選ぼう。

【Amazon.co.jp限定】 GENTOS(ジェントス) LED ランタン
GENTOS(ジェントス)

明るさ1000ルーメン/実用点灯11-240時間/3色切替/防滴
エクスプローラー EX-109D

単3を単1できる充電池用スペーサー

電池が必要な機器で困るのが電池の大きさの違い。
コレは単一でこっちは単三とかだと電池を揃えておくもの面倒。

そこでいいアイテムが充電池スペーサー。単三電池に被せると単一電池になる優れもの。
エネループ(単三)をたくさん常備しておけばいつでも単1電池にできる優れもの

パナソニック 単3形→単1形 サイズ変換
パナソニック(Panasonic)

単3のエネループをたくさん購入して単1にはこのスペーサーで対応

冷蔵庫の冷たさをキープ! ロゴス 保冷剤

停電すると真っ先にやばいのが冷蔵庫。

保冷材を常に凍らせておけばいざというときも安心できる。
驚異的な保冷力が定評の「ロゴス 保冷剤」をいくつか冷凍庫に常備しておこう。

ロゴス(LOGOS) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックL  長時間保冷
ロゴス(LOGOS)

驚異的な保冷力が定評の「ロゴス 保冷剤」
冷凍庫に常備

停電時の冷蔵庫代わり ロゴス ハイパー氷点下クーラー

停電になると冷凍庫はどんどん冷気がなくなっていく。
そんなときにクーラーボックスに保冷材を入れて冷蔵庫にしよう。要冷蔵のものを入れて電気が復旧するのを待とう!

 

車は発電所。車載用ACインバーター

車のシガーソケットがAC100Vの電源になるACインバーター。
普段から車に常備しておきたいアイテム。停電してしまった時に車が電源になる。何かと使えるUSBポートもあるタイプを選ぼう。

荷物運びで活躍する台車

停電でポンプ場が動かないと断水するかもしれない。
給水所から重たい水を運ぶ羽目になったときに台車があるとなしでは大違い。
まさかのために折りたたみタイプを持っていたい。

// ピンタレスト