ロボット掃除機 「ルーロ ミニ」が隅々までめちゃキレイにお掃除

ライフハック

ロボット掃除機 「ルーロ ミニ」

パナソニックのロボット掃除機 「ルーロ ミニ」(MC-RSC10)を購入。

「ルーロ ミニ」は、上位モデル(MC-RS810/MC-RS310)のサイドブラシ、メインブラシ、タイヤ、モーターなど基本性能をそのまま小型化したコンパクトモデルで2cmの段差も乗り越える走行性能、花粉や微細なハウスダストまで集塵する吸引力は、上位モデルと同じスペック。

始めての購入したロボット掃除機「ルーロ ミニ」の調査報告書を提出。
基本スペックを見ただけでは分からなかったことを色々と報告する。

スタイル

ちっこいくてカワイイ。
厚さは9.2cmと上位機種と変わらないけど大きさは約25cmとかなり小さい。30cmのスペースがあれば置けるコンパクトなボディ。

ボディカラーは、部屋にそのまま置いてもいい清潔感のあるホワイト。

インターフェース

シンプルですぐに使える分かりやすさ・ボタンは電源、ホーム、モード、予約の4つで1ボタン1機能で操作に迷わない。
ステータス表示もゴミすて、電池残量、予約、モードとわかりやすい。

ダストボックスも引き上げるだけで簡単に取り出せるアクセスの良さ。PUSHボタンを押してゴミ捨て完了。
纏わりついたゴミやホコリはお手入れブラシでささっとキレイにできる。お手入れブラシはダストボックスに付属してるので無くさない。

お掃除っぷり

掃除を開始すると充電台から離れて行って、右サイドにある赤外線センサーで壁を認識しながら反時計回りで、ぐるっと壁沿いに走行をはじめる。

三角形のルーロが得意なのが部屋の隅。
埃のたまりやすい部屋の隅は、おしりをプリプリさせてしっかりと吸引してくれる。

床の状態は、背中にあるクリーンランプで確認できる。
キレイな床だと青点灯なんだけど、クリーンセンサーがゴミを検知すると赤色になってルーロが怒り出す。


クリーンセンサー搭載でごみの量が多いとゆっくりパワフルに自動コントロールされてしっかりゴミ・埃を吸引する。床がキレイになると、怒りが静まり青色に。まるで王蟲!

サイドブラシは右側だけだけどラウンド走行とランダム走行を組み合わせて隈なく掃除してくれる。広いスペースを認識するとスパイラル走行でグルングルン掃除してくれる。

ルーロが通った後の床はホントにキレイ!フローリングの隙間に挟まってた塵が一切ない。ハウスダストやダニなど微細なゴミまで吸引!見えんけど!😆

ロボット掃除機は、バランスが大切。
どんなに吸引力がスゴくてもゴミを見つけられなきゃダメだし、ゴミを見つけても集塵できなきゃ意味がない…。

ハウスダストやダニなど目に見えない微細なゴミまで見つけ出し、ブラシで掻き込み、パワフルに集塵してこそロボット掃除機。

さすがパナソニック、すべてが秀逸!

走行性能

2cmの段差を乗り越えてカーペットやキッチンマット程度なら物ともしない強靭な走破性。上位モデルと同じモーターなのでパワフル。扇風機の土台や風呂場の段差を頑張って乗り上げちゃうカワイイやつだ!

ただし細いテーブルの脚など障害物には結構、カチカチと当たっちゃう。
「ルーロミニ」に搭載されてるセンサーは前面の超音波センサーと右側面の赤外線センサーのみ。上位モデルにあるレーザーセンサーは未搭載のため障害物にやや弱い。

ロボット掃除機で重要な機能がちゃんと充電台に戻ってくること。
お掃除終了と判断したりローバッテリーになると自動的に充電台に戻ってくる。
取説には、ルーロミニが充電台に戻れるように充電台の周囲50cmの範囲には障害物を置くのはNGと書いてあるけど幅スレスレの過酷な環境でも自動で車庫入れする賢いルーロちゃん。

自動モード(A)と音ひかえめモード(L)の騒音

どっちのモードも絶え間なくウィーーーーとお掃除するのでそこそこやかましい。
音ひかえめモードは、ゆっくりと動くのでそのぶん音ひかえめ。(約20%騒音低減)

ひかえめといっても、掃除音には変わりないので同じ部屋だとやかましい。
夜間の掃除など少しでも音小さめで掃除したいときのモード。

音ひかえめモードは、ゆっくり動くので掃除時間が自動モードより長くなるのが仕方のないところ。利点として動作がゆっくりだとセンサーの反応に余裕ができるらしく障害物にガツガツ当らなくなる。

お手入れ簡単ダストボックス

ハウスダストやダニなど目に見えない微細なゴミまで吸い込むパワフル吸引なのでダストボックスはゴミまみれ。
ブラシで払ったくらいでは落ちきれない細かなゴミで汚れてくる。
問題ない、ルーロミニのダストボックスは丸洗いOK!
水でジャブジャブ洗えるので衛生的だ。

他モデルに比べるとダストボックスは小さいけどただのダストボックスじゃない。
エアープレスダストボックスといって吸引時のツイン気流でゴミを圧縮して通常の3倍のダストを溜めることができるので十分。

お掃除してくれる時間と範囲

スペックでは、連続で使用できる時間80分・20畳。
3LDK程度なら放し飼いにして一度に掃除できる。

ルーロ ミニは小さいから広いエリアが苦手。
迷ったり同じ所を範囲をぐるぐるするから放し飼いにするより部屋やエリアを決めて掃除させた方が断然、効率よく早く掃除してくれる。
1部屋に閉じ込めて掃除させて静かになったら(止まったら)、次の部屋に閉じ込めて…。の方法で掃除させてる。

ちょっと気になったコト

ルーロ ミニには、とても満足💯
クイックルワイパーして掃除機かけるより断然、楽チンでキレイになった!
でも、使ってみてイイコトばかりじゃない。気になったコトも報告しておく。

  • 🤔 運転中にA ⇄ Lモードが変えられない
    自動モードで掃除を始めたけど、やっぱり音控えめモードにしたい。ってときに一旦停止させてからじゃないとモード切替ができないのがちょっと不便。
  • 😫 自動モードだと、ガツガツ当たることがある。
    レーザーセンサが無いせいか、Aモードだとテーブルの脚など細い障害物にガツガツ勢いよく当たるときがある。Lモードだとスピードが遅いのでやんわり当たる。
  • 😅 お掃除には時間がかかる。
    ルーロミニの宿命としてボディが小さいから掃除に時間がかかっちゃう。いくつもの部屋を縦断させての大掃除は得意じゃない。
    だけど、コンパクトボディで狭い隙間もするっと通り抜けてキレイにしてくれるのがすごくいい👌
  • 😅 左優先で大回りになる
    壁を検知するセンサが左側にしか無いため左回りで走行する。
    そっちじゃ無いんだよーー!ってことも多々。放っておけばぐるって回ってくるけど近道してほしいことも。

ロボット掃除機の掃除は信用できなくて必要ないと思っていたけど…

もう手放せない!!

RULO miniは上位モデルと見比べても基本性能は同じ。
「スマホで掃除」や「エリア指定」「ゴミマップ」などの機能はないけどシンプルでとても使いやすい。床で生活したり、床でゴロゴロする子供がいる家庭、始めてのロボット掃除機を考えてるひとは「RULO mini」がオススメ。

 

 

ロボット掃除機 RULO(ルーロ)  MC-RSC10-W
パナソニック(Panasonic)

小さいてカワイイロボット掃除機。小さいのに十分なお掃除力!
隅々までピカピカに掃除してくれて頼もしい