『空挺館』の一般開放。明治天皇の御馬見所を見学してきた | ヲポレポ

『空挺館』の一般開放。明治天皇の御馬見所を見学してきた

『空挺館』の一般開放。明治天皇の御馬見所を見学してきた陸上自衛隊 JGSDF

陸上自衛隊 習志野駐屯地『空挺館(旧御馬見所)』の一般開放

陸上自衛隊の習志野駐屯地にある『空挺館(旧御馬見所)』の一般開放。年に数回、一般開放されて空挺館の内部を自由に見学することができます。

空挺館とは明治天皇の御馬見所として建築されたコロニアルスタイルの洋館で明治天皇が騎兵部隊の馬術訓練をご覧になるための施設でした。現在は第1空挺団の資料などを展示してある展示館として使われています。

陸上自衛隊の習志野駐屯地

習志野駐屯地は、陸上自衛隊 第1空挺団等が駐屯。入口ではガタイのいい男達がビシッとしていてなかなか入りにくい雰囲気を醸し出しています。

空挺館の見学を伝えるとビシッと敬礼されて受付に通してもらえます。

習志野駐屯地 第一空挺団の入口

入口の先で受付をして空挺館見学入門証をもらいます。

空挺館(旧御馬見所)の由来

空挺館(旧御馬見所)は、明治44年に明治天皇の御馬見所として、東京目黒(現在の馬事公苑)の騎兵学校内に建てられてました。明治天皇が終業式に行幸され学生の馬術を展覧された由緒ある建物です。

大正5年、騎兵学校が習志野に移転した際に、同時に移築され迎賓館として使用されていました。

昭和37年に「空挺館」と命名し、空挺精神の伝統継承の場として旧陸海軍および自衛隊の空挺資料並びに騎兵資料等の資料館として現在に至っています。

空挺館を見学

『空挺館』の竣工は1911(明治44)年で歴史のあるコロニアルスタイルの洋館。
コロニアルスタイルとは窓が多く、明るく開放的になっているスタイルで明治時代に多くみられる建築様式です。空挺館の外観

入口のペディメントはシンプルな造り。

 

入口を入るとすぐに帝王階段と言われる階段。
動線を短く、階段の傾斜が緩やかになっているのは高齢の明治天皇の体力にあわせてた設計にしたそ


天皇陛下が上がった階段だと思うと感慨深いです。

階段の装飾は細やな細工。親柱も立派です。

階段を上がった先には明治天皇が馬術の訓練をご覧になったであろうバルコニーは採光の窓が多くてとても明るい。窓の下に天皇および皇室を表す菊花紋章(十六葉八重表菊)が彫られています。

空挺館の展示資料

空挺館の2階には空挺の歴史についてのさまざまな展示資料があります。騎兵関連、パレンバン空挺作戦、義烈空挺隊、兵器関連資料などが展示されています。

第1空挺団のパッチも並んでいました。

マネキン空挺団もいてちょっとびっくり!空挺団はこのような格好ではるか上空から降下してきます。

第1空挺団の降下始めは圧巻でした。そのときのレポートは、ブログ記事『習志野島を奪還せよ!! 第1空挺団、降下訓練始め』で報告しています。

精鋭無比の文字

降下塔に掲示してある「精鋭無比」の文字のオリジナルが展示されています。

書家 青華の孫が第1空挺団本部中隊偵察小隊が所属していたことで無理を言って書いてもらったそうです。

第1空挺団のモットーである「精鋭無比」とは、日本唯一の落下傘部隊で精鋭部隊として侵略・天変地変なの国家の危機に際し最も困難かつ重要な場面に、全国を股にかけて空中起動し、落下傘により空から舞い降り、身を挺してあらゆる任務を果たすという心構えをしています。

 

降下訓練塔

駐屯地内に見える高い塔が降下訓練塔(地上83m)

第1空挺団が飛行機やヘリから降下するため基本降下過程を修了するために訓練する降下訓練塔です。

空挺団の使命

空挺団の使命は、航空部隊と協同し、空中機動および空中からの降下投下あるいは強行着陸により目標地域に向かって進行して、他の地上部隊等と協同し又は独力をもって、敵部隊を撃破あるいは必要な地域を確保するにある。

空挺精神

空挺隊員は、強靭な意思、追随を許さない創意及び挺身赴難の気概を堅持し、剛担にして沈着、機に応じ自主積極的に行動し、たとえ最後の一員になっても任務達成にまい進しなければならない。

空挺団の使命と精神。

駐屯地内の自動販売機

 

空挺館を見学するには?

年に数回、定期的に一般に開放公開しているので陸上自衛隊 第1空挺団のホームページをチェックしておきましょう。

車でいく際には、駐屯地内に駐車場はありません。 100円パーキングも近くないために停めるとこは近くのゴニョゴニョ───。探してみてください。

 

第1空挺団の公式情報

 

第1空挺団の「降下訓練始め」見学ブログ記事

タイトルとURLをコピーしました