イケフェス2016、大大阪の生きた建築が大公開|日本銀行大阪支店編

イケフェス2016で大大阪の生きた建築が大公開|日本銀行大阪支店編

生きた建築ミュージアム2016 日本銀行大阪支店の特別公開

日本最大級の建築公開イベントの生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪2016。
大大阪の街で使われている建築を見学できるイベントに参加してきました。

見学は事前申込みで当選したのは日本銀行大阪支店、大阪倶楽部生駒ビルヂングの3つ。

生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪

日本銀行大阪支店とは?

御堂筋に面して建つ重厚な近代建築。
緑青色が屋根と石造りの2階建て本格的洋風建築。

設計したのは  辰野金吾
中央停車場(東京駅)や日本銀行本店など平成の今も生きた建築を残している。工部大学校の第1期生で近代建築の礎を築いた建築家。

集合時間まで日本銀行大阪支店の周りをウロウロと写真撮影。
御堂筋の面した威風堂々たるフォトジェニックな正面玄関。
日本銀行大阪支店の正面玄関

車寄せの上部をアップにしてみると…。日銀のシンボルマーク。
日本銀行大阪支店 日銀のシンボルマーク

日銀のシンボルマークは10000円札のここの部分にも書いてある。
漢字の「日」がモチーフになっている。
漢字の「日」がモチーフ

重厚で秩序と威厳が表現されてる外観。外壁は花崗岩でできています。
日本銀行大阪支店の外壁は花崗岩

時間になって集合。ハガキで本人確認をしたあとに館内へ。
旧館の3階が公開エリアで自由見学方式。
みんなが記念室にクギ付けになってるうちに展示コーナーを見にく。

日銀だから許される10000円札の顔ハメパネル
大人がこぞって諭吉になりきっていた。もちろんハメてきた。
10000円札の顔ハメパネル

40億円みっけ! 全然ピンとこないけどパレット1枚分。
40億円のパレット

普段の見学ではみれないバルコニーをイケフェスのために特別に開放してくれてる。ありがとう日銀。
日本銀行大阪支店のバルコニー

大阪市役所がど正面に丸見えの絶景ポイント。
日本銀行大阪支店のバルコニーからみた大阪市役所

豪華な記念室のバルコニー。
日本銀行大阪支店 記念室のバルコニー

雰囲気がガラリと変わる記念室。天井から床まで豪華絢爛。
日本銀行大阪支店 豪華絢爛な記念室

NHK朝ドラ『朝が来た』で波瑠さん(06_haru_17)が撮影に来たみたい。
日本銀行大阪支店 NHKドラマの表紙撮影の波瑠さん

表紙の写真がまさしく日銀大阪支店の記念室。波瑠さんの衣装と合ってるね!
波瑠さん、一度お見かけしたことあるけどめっちゃ小さくてキレイでした。
日本銀行大阪支店 あさが来たの波瑠さん

記念室の天井を見上げるとシャンデリアに明かり取りの窓。
ここがドームの真下になる。
日本銀行大阪支店 記念室天井のシャンデリア

見逃せないポイントが東西南北に飾られたレリーフ。日銀マークもしっかり象ってある。
日本銀行大阪支店 飾られたレリーフの日銀マーク

重厚感が漂う。うかつにその辺を触っちゃいけなそうな雰囲気。
日本銀行大阪支店 重厚感が漂う記念室

ひとつひとつの装飾が細やかで繊細。
日本銀行大阪支店 細やかで繊細な装飾

明治時代の椅子

あまりの豪華っぷりに気後れしてる見学者に「座ってもいいですよ。」
マジ?すわっちゃうよ!

ほとんどが復元だけどこの椅子はオリジナルなんだって。すげー!明治の椅子に座っちゃった。
日本銀行大阪支店 明治時代の椅子

日本銀行大阪支店の見どころ

見どころはまだまだ続きます。
圧巻の階段室は支柱がいっさいなくて空間が広く感じます。
日本銀行大阪支店の階段室

アーチ型の鉄骨が絶妙なバランスで階段を支えているのだ。
日本銀行大阪支店 アーチ型の鉄骨

手摺支柱の装飾もいい感じ。
日本銀行大阪支店 手摺支柱の装飾

階段室は貴重な品も展示してあった。
昔使っていた立札で北門に墨入れしていないのは、北門からは現金の搬入をしていたので門を目立たないよう配慮していたからみたい。
日本銀行大阪支店 貴重な品を展示

イケフェス 日銀大阪支店のまとめ

時間もたっぷりあって日銀大阪支店を十分に堪能できました。
写真も撮りまくれたし、自由に見て回れたのがよかったです。

日銀スタッフも建築に絞って説明してくれたのでイケフェスっぽい充実した見学会だった。日銀スタッフに感謝です。

イケフェスの時じゃなくても日銀大阪支店は予約すれば見学できます。

今回はイケフェス特別で建物メインの見学会でしたが、普段の見学は、もっといろんなことを教えてもらえるオススメのおとなの社会見学です。

日本銀行大阪支店編のたてものデータ

竣工1903(明治36)年
設計辰野金吾
建物重要文化財
所在地大阪府大阪市北区
見学情報事前予約

 

新装版 大大阪モダン建築 輝きの原点。大阪モダンストリートを歩く。
青幻舎

街を彩る「大阪の建築」が満載!
イケフェスではおなじみの高岡 伸一さんの1冊で大阪の近代建築を余すことなく巡れる。

生きた建築ミュージアム(イケフェス)の関連ブログ記事

// //