神戸の街は建物博物館。街を歩けば至るところに歴史ある近代建築の数々

近代建築 / 近代化遺産

神戸の街を飾る近代建築

神戸の街を飾る近代建築を巡ってみた。
神戸の街には、何度か来ているけどあたらめてカメラを持って散策。売却された噂のある建物が保存されずに取り壊されちゃう前に写真に撮っておきたい。

旧神戸証券取引所 (1934年/渡辺節設計)

弧を描くラインが印象的な建物。神戸証券取引所が廃止されたあとは映画館「神戸朝日会館」として使われていた。阪神・淡路大震災により損壊したため旧取引所の外観を残しながら新・神戸朝日ビルディングとして改装・新築。
旧神戸証券取引所

そばにあるコリント式オーダーのご立派な列頭がモニュメントして飾られている。三菱銀行三宮支店の建物で使われていた列頭。
三菱銀行三宮支店

旧ナショナルシティバンクオブNY神戸支店 (1924年/W.M.ヴォーリズ設計)

イオニア式円柱がドーンとした石積み外壁でアメリカン・ルネッサンス様式な建物。現在は、大丸神戸店の店舗の一部として利用。角地にあって旧居留地の景観として抜群なんだけど路駐ばかりなんで建物写真としては残念なことになる。
旧ナショナルシティバンクオブNY神戸支店
旧ナショナルシティバンクオブNY神戸支店

旧液体空気日本支店 (1926年)

現在は神戸大丸。ファサード(建物の正面)保存されてる旧居留地40番は、近代建築が並んで壮観な景色大正モダンな雰囲気。
神戸大丸

なんだけど路上に車ばかりで台無しにしている。もったいない。
神戸大丸

旧神戸海上火災保険ビル(1935年/長谷部竹腰建築事務所)

現あいおいニッセイ同和損保ビル。他の近代建築と異なるシンプルデザインが目を惹く。
道幅が狭くて全体が見渡せないのが残念。路上駐車もいつも通り、、。
あいおいニッセイ同和損保ビル
あいおいニッセイ同和損保ビル

旧アメリカ領事館(1881年/設計不詳)

神戸で最も古い異人館。人気のあるスポットで国の重要文化財に指定されている。阪神・淡路大震災で全壊したが元の建材で修復された。現在は レストランTOOTH TOOTH として営業中。
レストランTOOTH TOOTH 
レストランTOOTH TOOTH 

旧横浜正金銀行神戸支店(1935年/ 桜井小太郎設計)

銀行建築らしいドリス式ジャイアントオーダーの古典様式でシンメトリーな建物。
現在は神戸市立博物館で登録有形文化財に指定されてる。
神戸市立博物館

旧チャータード銀行神戸支店(1938年/J.H.モーガン設計)

海岸通り側は銀行建築らしい3本のイオニア式オーダー、西側はすっきりとしたファサードになってる。角の入口には当時のままの回転扉が今も大切に使われている。場所的に路駐がないのでいい感じ。
旧チャータード銀行神戸支店

神港ビルヂング(1939年/木下建築事務所)

チャータードビルの隣にある現役のオフィスビル。無駄のないクラシカルな装飾。
屋上には装飾されたガラス張りの塔があるんだけどここからはみえない。
神港ビルヂング

旧大阪商船神戸支店(1922年/渡辺節設計)

メダリオンやテラコッタの装飾が目を惹く商船三井ビルディング。
今は塞がれておいるけどカーブを活かしてデザインしている意匠がステキなエントランス。
旧大阪商船神戸支店

デカイ石を積み上げてるルスティカ仕上げの1階部分と2階以上の対比が面白い。
当時のままの外観をぐるっと見て回れる貴重な建物。
旧大阪商船神戸支店

旧三井物産神戸支店(1918年/河合浩蔵設計)

現在は海岸ビル。商船三井ビルディングのすぐ隣にある。
外観は幾何学な意匠で直線的なデザイン。
海岸ビル

3階と4階の間にある軒蛇腹も見逃せないポイント。
震災で崩れ落ちてしまった部分をあつめてビルに貼り付けているので違和感を感じてしまうけど趣きは感じることができるかな。
海岸ビル

神戸ポートタワー(番外)

てっぺんに鯉のぼり。
神戸ポートタワー

 

旧日本郵船神戸支店(1918年/曾禰中條建築事務所)

海運会社らしく細く凝った装飾が散りばめられた社屋。設計したのは日本人建築家の第1期生である曽禰達蔵が独立した曾禰中條建築事務所。明治から昭和にかけて日本の近代建築を数多く作り上げていった設計事務所の建築。
旧日本郵船神戸支店
旧日本郵船神戸支店

旧横浜火災海上保険神戸支店(1925年/河合浩蔵設計)

ドイツ風的な建築家の河合浩蔵、最期の建築。
毎日新聞神戸ビルの工事でほとんどを無くしてほんの一部分が保存されている。
旧横浜火災海上保険神戸支店

一部すぎて無残な姿。

カフェリビング仏蘭西屋

ランチはカフェリビング仏蘭西屋でいただいた。
店名はフランスだけど洋風なメニューに味噌汁付きのランチメニュー。ちょうどいいボリュームで味もイイ感じ。通りすがりのお店だったけど当たりだった。モーニングが有名なお店見たいだけどランチもおすすめ!
カフェリビング仏蘭西屋

旧第一銀行神戸支店(1908年/辰野金吾設計)

神戸市営地下鉄みなと元町駅。
東京駅を設計した辰野金吾らしい赤煉瓦に白い御影石のデザイン。戦災で焼失してしまったものを復元しているのでの2階の窓がアーチ形になっていたりとオリジナルとはちょっと異なる。
駐車場だった裏側にビルを建てるようで今後が心配だ、、。
旧第一銀行神戸支店

旧三菱銀行神戸支店(1900年/曾禰達蔵設計)

本日の目的「ファミリアホール」
三菱銀行神戸支店としてルネサンス様式の石造り3階建ての銀行建築らしい近代建築。曽禰達蔵が設計した建築で現存する最古の作品。
旧三菱銀行神戸支店

正面はシンメトリーな建築。
旧三菱銀行神戸支店

2階と3階のコリント式のオーダー。
窓もイオニア式オーダー風の装飾などいろんな意匠が凝らされている。
ファミリアホール

ファミリアホールは、コンサートや展示場として利用されていたけど耐震設備の増強などの維持費が負担となることで売却されてた。ホールで華やか舞踏会が開かれることはもう二度とない。
ファミリアホール

大震災にも耐えた明治時代からの歴史ある近代建築がまたひとつ消える。スヌーピーの行き場はあるのかな。
スヌーピー

神戸市の景観形成重要建築物だったがタワーマンションになるよう。
ファミリアは、いろいろと有効に活用してくれそうな売却先を探していたようだが神戸市は何か手助けできなかったのだろうか。高層タワーにハリボテな薄っぺらい景観だらけになりつつあるね。

工事が決まるとあっという間に見れなくなる。今のうちに写真に残しておいておこう。
ファミリアホール

有名な建築家が建てたデカイ近代建築だけがじゃない。
街は建物博物館、あちこちのちいさなお店も歴史のある近代建築なのだ。

旧日濠会館(1911年/河合浩蔵設計)

登録有形文化財になっている海岸ビルヂング。
窓の大きさにくらべてデカいペディメントがよく目立つ。煉瓦造3階建で外観には御影石と白色タイルの化粧貼りをしている。
旧日濠会館

内に入ると真っ直ぐに延びた階段。吹き抜け天井に色鮮やかなステンドグラス。
旧日濠会館 館内

神戸の近代建築めぐり

神戸の街は、近代建築がたくさんあって建築好きには楽しめる街。
建物をステキに撮影したいけど路上駐車が多いし、人もたくさんいるからクリアで撮れる写真は期待しないでいこう。

大丸心斎橋店のときもそうだったけど取り壊しが決まってからバタバタと写真を撮りに行くんじゃなくて行けるときにいっといたほうが良さそう。
素敵な建築が多いから見逃さないようにネット、書籍で下調べしていくのがおすすめ。

 

新装版 大大阪モダン建築 輝きの原点。大阪モダンストリートを歩く。
青幻舎

「大大阪」の代表的な近代建築79件の見所をカラー写真とテキストで解説
代表的建築物をはじめ、モダンな香りをまとうカフェやレストラン、古き良き時代の空間など今なお息づく「大阪の建築」を歩く見所満載のガイドブック!
明治・大正・昭和初期、モダン大阪に花開いた文化を今に息づく名建築から辿る。

神戸・大阪・京都レトロ建築さんぽ
エクスナレッジ

写真集のような美しいビジュアルとそれぞれの時代を鮮明にイメージできる文章。
街歩きがもっと楽しくなる!今までにない、たてものガイド。

明治、大正、昭和の戦前の名建築から3都市の性格の違いを読み解く。

生きた建築 大阪2
140B

「中央公会堂」から「あべのハルカス」まで、大阪に生きる建築から読み解く都市大阪100年の歴史。
明治時代に建てられた近代化を象徴する重厚な建築群、大正〜昭和初期にかけての近代建築、そして戦後の高度成長期や大阪万博の空気感をまとった建築から、大阪ステーションシティやあべのハルカスなどの現代建築まで今なお生き続ける建築の物語を解説。