リニューアル前、最後の高島屋東館ガイドツアー|生きた建築ミュージアム2017

近代建築 / 近代化遺産

高島屋東館ガイドツアー

毎年、秋に開催されている生きた建築ミュージアム フェスティバル大阪(イケフェス大阪)。大大阪の魅力的な建築が一斉に無料公開される建築イベントで今年はずっと見たかった髙島屋東別館に当選した。

髙島屋東別館は現在休館中。
元々は松坂屋大阪店として建築され「東洋一の百貨店建築」とも称された歴史的建造物なんだけど今後は宿泊施設と商業テナントなどの複合施設としてリニューアルされる予定になっている。歴史的建造物のありのままの姿を見れる最後のチャンス!

集合場所は高島屋東館の1階ロビー。
イケフェス・フラッグがあると場所がわかりやすい。

館内に入ると早速コレ。煌びやかな造形美。

エレベータの装飾には、アカンサスの葉飾りをデフォルメした柱頭飾り。
階数表示の文字盤も洒落てる。

時間になると20名のラッキーな参加者で建築ツアーがスタート。
工事中なのでヘルメット着用。どんなところまで見せてくれるのか楽しみだ。

案内人は高島屋東別館の建築をよく知る第一人者、京都華頂大学の川島智生教授。
まずは外観を鑑賞。ポイントは1階と最上階。アカンサスの葉っぱとアーチの装飾をテラコッタで立体的。

堺筋に面した67mもある歩廊(アーケード)

足元はカラフル。

館内に戻って重厚なエレベーターで地下階に移動。
エレベーターの意匠は各階ごとにちょっと違っている。行き先表示の上がり・下りがいいレトロ感。


エレベータや柱に使われている大理石は、山口県産。
大理石が使われたアーチにふさわしい立派な装飾が施されている。

色とりどりのモザイクタイルが敷き詰められた旧食堂。

天井の丸い箇所は、シャンデリアの名残だそう。

さらに地下に行くと広いスペース。

なんとなく地下鉄駅っぽい?と思ったらマジでそうだった。
元々は地下鉄堺筋線の駅が建設されるはずだった跡。先に地下鉄の出入り口を建設したら計画中止になってしまいこの姿に。

地下のエレベータはまるでハイタワー3世…。
傷みの激しい箇所もたくさんあってリニューアルも大変そうだ。

夏はプール、冬はアイススケート場があった屋上松坂遊園への入口
大理石の重厚な手摺りとアンマッチ!?

懐かしい感じのする階段ウインドウのパネル。「屋上松坂遊園」の文字がなんとなくわかる。

昭和35年に建設されたエスカレーターは工事中だから見れた見学ポイントのひとつ。
当時最新の2人が並べるエスカレータはここが百貨店初のようだ。

髙島屋東別館の屋上

竣工時はどこよりも高かった百貨店も今ではたくさんのビルに見下ろされてる。
新しい感じがしたけど関西初の屋上プール跡やアーチ窓の建屋が当時を感じさせる。

外から見えあげて空いていた穴がこちら。屋上からは覗き込めそう。怖いけど。

建屋の中は外観のアクセントになっている7階にある3連アーチの真裏。

松坂倶楽部という竹や石畳の和空間があったけど撮影禁止。今は空調設備になっていた。

以上で高島屋東館ガイドツアーは終了。
地下から屋上まで余すところなく見学できて写真も撮り放題!大満足な生きた建築ツアーだった。
高島屋東館は、大リニューアル中で複合施設として生まれ変わるそうだ。
できるだけ姿を残したいと言っていたけど内部を見た感じ傷みも激しいし作りも古いため今の姿から大きく変わってしまいそう。リニューアルしたら新しい姿を見にきたい。

 

新装版 大大阪モダン建築 輝きの原点。大阪モダンストリートを歩く。
青幻舎

「大大阪」の代表的な近代建築79件の見所をカラー写真とテキストで解説
代表的建築物をはじめ、モダンな香りをまとうカフェやレストラン、古き良き時代の空間など今なお息づく「大阪の建築」を歩く見所満載のガイドブック!
明治・大正・昭和初期、モダン大阪に花開いた文化を今に息づく名建築から辿る。


神戸・大阪・京都レトロ建築さんぽ
エクスナレッジ

写真集のような美しいビジュアルとそれぞれの時代を鮮明にイメージできる文章。
街歩きがもっと楽しくなる!今までにない、たてものガイド。

明治、大正、昭和の戦前の名建築から3都市の性格の違いを読み解く。

生きた建築 大阪2
140B

「中央公会堂」から「あべのハルカス」まで、大阪に生きる建築から読み解く都市大阪100年の歴史。
明治時代に建てられた近代化を象徴する重厚な建築群、大正〜昭和初期にかけての近代建築、そして戦後の高度成長期や大阪万博の空気感をまとった建築から、大阪ステーションシティやあべのハルカスなどの現代建築まで今なお生き続ける建築の物語を解説。