アイコム IC-R30、どのくらいデカイのかアレと比べてみた

ADS-Bと航空無線

アイコム IC-R30のサイズ感

アイコム IC-R30は筐体サイズがデカイと聞いていたけどいざ見るとやっぱりデカイ。
厚みもあるのでどっしりとした感じでかなり!?昔の携帯電話くらい。

分かりやすいように比べてみた。
キヤノン EF100-400mm + EOS 7D MarkⅡと並べてみた。
キミたちにはその大きさがわかってもらえるハズだ。

IC-R6と比べるとこんな感じ。
ざっくりと倍長いからIC-R6のようにポケットに気軽に突っ込むとはみ出す。
厚みは同じくらいだ。

付属のロッドアンテナは持ち運ぶときには折りたためる。
筐体に当って傷がつきそうな気もするけどオレたちはエアバンド用のアンテナに取り替えちゃうから出番はなさそうだな。

antena.jpg


筐体はしっかりした高級感のあるパネルでしっかりした構造。
各部分はピッチリしていてIP57防塵・防水の堅牢仕様は伊達じゃない。これで雨の航空祭でも心配なさそうだ。

ただしアンテナ部分は標準アンテナ以外は防水を保証していない。各人のエアバンド専用アンテナとの接続箇所を見直しておいてくれ。
btm.jpg

 

イヤホンジャック(φ3.5mm)とUSBコネクター(microUSB B)を挿し込むとこんな感じになる。
防塵・防水を過信しないで雨天のときはなるべく挿し込まないで使った方が良さそう。

イヤホンジャックは開けるとカバーが下になるので雨天時は特に気をつけたい。

 

ここでちょっと問題だ。
イヤホンを挿し込んでるのにスピーカーから音が出てるぞ!?
なんで!? イヤホンジャックをぐりぐりしてみるとイヤホンから聞こえるようになった。
あー、接触かー

 

アシダ音響PR-17だとジャックの径が太くてキツキツ。カチッと挿さる感じがしない。Apple EarPodsだとカチッと感があってちゃんと挿さった。
ジャック径によっては挿さりが甘くなるようで注意が必要だ。
Bluetoothで繋げばいいんだけどね。

アイコム IC-R30のポイント

IC-R30本体はデカイけど作りはしっかりしてる。
イヤホンは横挿しになるので L変換アダプタがあるといいかも。

コネクタの径がタイトな作りになっているからイヤホンジャックの径が太いと挿さりが甘くなってスピーカーから音が出ることも…。Apple EarPodsと同じくらいの径を選ぶと安心だ。

ご連絡

アフィリエイトリンクからアイコム製品をお買い求めになられた方へ
Amazonアソシエイトのお礼としてブログ記事のエクセル-R30シリーズ(動作環境:Excel2016)をご所望の方には差し上げます。
購入日をご連絡ください。(@eos40is

アイコム 広帯域ハンディレシーバー IC-R30
アイコム(ICOM)
待望のデジタル・アナログレシーバー。
爆速スキャンと2波同時受信・同時録音が便利すぎる。
エアバンドで大活躍!聞き取れなった横田管制官もセアゲン!

サンディスク 32GB microSDHC Extreme
SanDisk
IP57防塵・防水のIC-R30に信頼のサンディスク
録音しっぱなしだから大きめの32GBを奮発!
バックアップも録音もバッチリだぜ。