フォトショップが1年間無料で使える!Adobe Stock ボーナスプログラム

デザインとフォント

Adobe Stockのボーナスプログラム

Adobe Stockは、世界中のコントリビューターが2億枚もストックしている巨大な市場。

10枚ほど登録枚数してたんだけどまったくダウンロードされない。写真を撮って、補正・編集して、アップロードして、タグ付けしてなかなか時間がかかるのにダウンロードされても1枚50円…。

他のコントリビューターの作品を見るとレベチすぎるので、アドビストックからダウンロードされることはないだろうと諦めモードで放置していたんだけど…。

やる気スイッチがON!

それは「Adobe Stockのボーナスプログラム」の存在を知ったから。

俄然、やる気になって新しい写真のアップロードを始めてみた。オンラインセミナーで写真選びやキーワード付けのノウハウを教えてもらったので、キーワードを見直してみると、たまにダウンロードされるようになってきた。

収益としては大体 1枚 50円なのでモチベーションもイマイチだったけどボーナスプログラムがあるなら話は別!登録枚数を増やしてボーナスプログラムの獲得を頑張ってみる。

Adobe Stockのボーナスプログラムとは?

ボーナスプログラムとは、ダウンロード数に応じて1年間無料アクセス権が獲得できるプログラム。貢献しているコントリビューターへアドビからのプレゼント。ボーナスプログラムを獲得する要件をクリアすると、フォトショップやイラストレーターが1年間、タダで使えちゃうボーナス!

要件1:1年間で5,000回以上のダウンロード

あー、無理!こんなん無理すぎ。

Creative Cloud コンプリートプラン
PhotoshopIllustratorといった定番アプリはじめ、フォントなどサービス、クラウドならでは機能統合さえた贅沢なプラン

要件2:150 ~ 4,999回のダウンロード

え?150回?一気にハードルが下がった。
それでも月平均12枚以上がダウンロードされないと獲得できない計算だけど現実味のあるダウンロード数です。

Creative Cloud フォトプラン(PS + Lr + LrC)(20GB)または、
Illustrator / Premiere Pro / Affter Effet / Indesign

ボーナスプログラムはどのくらいお得なのか?

アセットが販売されたときの最低価格は150円/1枚。
ロイヤルティーが33%なのでアドビに100円とコントリビューターに50円です。

ボーナスプログラム獲得の 150枚を販売すると 22,500円(150円 x 150枚)
そのうち、コントリビューターへの支払うロイヤルティーは 7,500円(50円 x 150枚)
となると、アドビ的にはたったの 15,000円しか利益がない。

それなのに1年間無料アクセス権をくれちゃうなんて!
単体 2,728円/月(年32,736円)
フォト 1,078円/月(年12,936円)

たまに使いたくなるIllustratorの単体プランを1年間使うと 32,736円。ストックフォト販売で3万円の利益をあげるのは、(オレの場合)かなり大変。ボーナスプログラムだったらダウンロード報酬で7,500円もらえた上に1年間無料アクセス権をもらえちゃうなんて

がんばらない理由が見つからない。

今頃、ボーナスプログラムの存在に気がついたので出遅れてるけどがんばるぞ。

Adobe Stockのボーナスプログラムの詳しい要件

2021年度のボーナスプログラムは、

対象期間
2021年1月1日~12月31日にダウンロードされたアセット

対象コントリビューター
2点の適格なアセットを提出して承認されているアクティブなアカウント。
ストックがダウンロードされただけではダメ。年度内にすくなくても2点をアップロードして審査に承認させておく。放置してなくてアカウントを使っていることの証明。

あと、アドビの社員はダメみたい。

プログラムへの登録
登録や申し込みは不要。
知らない間にエントリーされていたけど、知ってる知らないでは意気込みが全然かわってくる。

ボーナスプログラムの獲得は、2022年1月に決定されて、2022年2月にコードが発行される。

現在、年払いで支払い済みでも問題なし。
コードを登録すると契約後から自動的にアクティブになってくれる。

 

 

フォトショップやイラストレーターを使って素材販売をしている人は、アドビストックで販売しないと、もったいない。150枚ダウンロードされれば1年間の無料アクセス権を獲得。ダウンロードの収益以上のお得感。もし毎年、ダウンロードされれば…。すごいね!

 

タイトルとURLをコピーしました