横田基地の航空機図鑑 ー エア・トランスポート・インターナショナル Air Tranceport International

横田基地 RJTY

エア・トランスポート・インターナショナルの概要

エア・トランスポート・インターナショナル(アメリカ合衆国オハイオ州)は、AMCの軍事チャーターとして横田基地に定期的に飛来してするエアラインです。

主な航路は、
往路:エルメンドルフ(PAED) 横田基地(RJTY) ディエゴガルシア(FJDG)
復路:ディエゴガルシア(FJDG) 横田基地(RJTY) エルメンドルフ(PAED)

嘉手納やヒッカムのときもあります。
以前は、パヤ・レバー空軍基地(WSAP)でしたがディエゴガルシア(FJDG)に代わリました。

使用機材は、以前(2019年頃)まではB752でしたが、最近はB763、B762で運航しています。

 

飛来情報

横田基地への飛来情報はFlightAwareで確認できます。
2週間に一度の頻度で飛来するので横田スポッターはスルーしがちですが国内で見れるのは横田、嘉手納だけなのでレアなエアラインです。

機体の種類

横田基地に飛来するエア・トランスポート・インターナショナルの機体を紹介します。

ボーイング767-300
定番になったエーティーアイ・ヘビー。
ATI B763

ボーイング767-200
白い塗装でしたか新しいロゴになった機体。N255CMがレギュラーで飛来します。
ATI B762

ボーイング757-200
以前は、よく飛来していたB752ですが2021年は一度も見かけません。
ATI B752

カラーデザイン

エア・トランスポート・インターナショナルのカラーはもちろん藍色と赤色。

ウエスタン・ブルー#003D7ERGB(0,54,147)
グローバル・ブラック#E61A25RGB(230, 26, 37)

 

公式サイト・SNS

 https://www.airtransport.cc/
 @ati_acrosstheglobe

航空コード

IATA(2レター)8C
ICAO(3レター)ATN
コールサインAIR TRANCEPORT(エアトランスポート)

使用機材(Fleet)

多くの機材がありますが横田基地に飛来する機体は、大体同じになっています。

B752 x 5
B762 x 7
B763 x 32

機体番号機体情報撮影
B752N751CX
B752N752CX📸
B752N753CX📸
B752N754CX📸
B762N255CM新ロゴ📸
B763N359CM📸
B763N395CM📸
B763N376AN📸

横田基地の航空機図鑑

アイコム 広帯域ハンディレシーバー IC-R6
アイコム(ICOM)

爆速スキャンでエアバンドに最適!
コンパクトでバッテリーも長持ちのアイコム IC-R6。
エアバンドを聞き始めたときから愛用のレシーバー

第一電波工業 ダイヤモンド SRH103 120/300MHz帯エアバンド受信専用アンテナ SMA-P SRH103
ダイヤモンドアンテナ

IC-R6にぴったりなミニアンテナ。長いアンテナが恥ずかしい女子にもオススメ。
空港デッキや基地外周で十分な受信感度!

タイトルとURLをコピーしました