懐かしの新潟グルメ。手軽に食べれるカレー、ラーメン、そしてイタリアン!?を紹介

新潟・長岡

懐かしの新潟グルメ

新潟、長岡に遊びにいったときの朝ごはんやランチがコンビニとかマクドナルドじゃもったいない!時間がなくてもお手軽に食べれるおすすめの越後ファストフードを3つ紹介しよう。

新潟の万代バスセンターのカレー

ひとつめのオススメは、何度かブログ記事にしている新潟の万代バスセンターのカレー。
メディアでも度々、紹介されてすっかり有名になった新潟万代バスセンターにあるカレーショップ、じゃなくて立ち食い蕎麦屋「万代そば」のカレーライス。夕方4時過ぎには売切になることが多い人気っぷり。

写真だと人気がなさそうだけど、その理由はカレーライスが売切だったからだ。
06-20140602.jpg

お客さんの回転が重要な立ち食いそば。
ユーザービリティ溢れる自販機のカラーリングが見事にわかりやすい。
赤いきつね(うどん)と緑のたぬき(蕎麦)、黄色のカレーに合わせてる。

  • 緑 蕎麦
  • 赤 うどん
  • 黄 メシ類
  • 白 一品もの
05-20140602.jpg

翌日、朝イチで食べにいく。
朝早くから並んでいる盛況ぶりだけど立ち食いだから回転は速い。バスの待ち合いベンチで食ベてさっと帰っていく常連、観光客、鍋を持った近所の人など多様な客層。

写真はミニ(370円)。新潟グルメをハシゴするにはお手頃サイズで女子にも丁度いい量。

黄色のカレーは一見、甘口に見えるけどぴりっと辛い本格派のカレー。
たまねぎの甘さとルーの辛さが絶妙なバランスである。
07-20140602.jpg

万代バスセンターの名物カレーはレトルトパックも店頭で販売している。味の再現性は抜群!
バスセンターのカレーを食べてみて気に入ったらお土産に購入だ。540円とちょっとお高めだけど1.5人前の大盛りサイズなので満足して頂けると思う。

新潟県内の高速パーキングやお土産ショップにも売っているからあとで欲しくなったら探してみてくれ。バスカレーを食べるときの米はもちろんコシヒカリで頼むぞ!
食べるときには福神漬を忘れないようにね。カレーの辛さをマイルドにしてくれる。
20-20140601.jpg

新潟のソウルフード イタリアン

ふたつめは新潟県民には馴染み深い『イタリアン』
やきそばにミートソースをぶっかけたような新潟のソウルフード。それがイタリアンなんでドン引きされそうだけど新潟県民なら大人から子供まで誰もが知ってる。

イタリアンには『長岡のフレンド』、『新潟のみかづき』と派閥がある。オレは断然、フレンド派!長岡にいったときには食べてみてくれよな。新幹線なら長岡駅ビルの1階、車なら長岡インターのそばにのドライブスルーで購入できる。

09-20140602.jpg

 

青島食堂の生姜醤油ラーメン

3つめのおすすめは青島食堂。青島食堂は長岡の有名店で生姜醤油ラーメン。
写真はチャーシュー麺で、具はチャーシュー、のり、ナルト、ねぎ、メンマという鉄板の具にほうれん草がのっているのが特徴。生姜の風味にグイグイと箸がすすむ。オススメはスープと絡むチャーシューがたんまりのってるチャーシュー麺にほうれん草を増量

とにかくうまいから長岡に行った時は是非とも立ち寄ってみて!
青島食堂は並んでることが多いくて時間がかかることも。急いでると近くの原信宮内店でフレンドのイタリアンを食ってくれよ。
08-20140602.jpg

東京の秋葉原に店舗があって連日行列の人気店!

表参道・新潟館ネスパス

“にいがた”の新鮮情報を発信するアンテナショップ「新潟館ネスパス」が表参道にあります。
新潟の食を味わいたい人、新潟の味を懐かみたい越後出身のひとは、ぜひ立ち寄ってみて。