真夜中の真っ暗な廊下。人感センサーLEDライトでほどよく照らす

ライフハック

夜の廊下には人感センサー LEDライトが便利

トイレに起きた夜中の廊下は当然真っ暗。
なんとなく感覚でわかるけど真っ暗すぎると見えな過ぎて不安。
スイッチで電気をつければいいんだけど寝起きには眩しくて目が醒めちゃう。

必要な機能は「足元をほんのり照らしてくれる」だけでいいです。

センサー付きLEDライト

センサー付きLEDライトは、どんな機能の違いがあるか探してみました。LEDの明るさやセンサーの違いがあるので用途によって選びましょう。

LEDライトの灯

  • 昼白色 白色で明るい光。
  • 電球色 暖かいオレンジ色の光

センサーの種類

  • 人感センサー 人が近ずくと反応するセンサー
  • 明暗センサー 周囲が暗くなると反応するセンサー

点灯状態

  • 常時 常時点灯するタイプ。
  • 時間 センサーが感知すると点灯、時間後に消灯

電源タイプ

  • コンセント コンセントに挿し込んで給電するタイプ。
  • 充電池   電池を入れるタイプ

LEDライトを選んだ3つのポイント

  1. 明るすぎない電球色
    夜中に起きたときにほしい灯なので目が覚めないくらいのやさしい明るさがいいです。昼白色は夜中には明る過ぎます。明るすぎない電球色を選びました。
  2. スイッチ無しの人感センサー
    寝ぼけながらトイレに歩いていくだけで点灯してくれるのが理想です。明暗センサーは明るさに反応して自動的に点灯するセンサーなので夜になったら点灯、朝になったら消灯する感じです。人のいない廊下で点きっぱなしはもったいないし、カーテンを閉め切ると昼間でも電気が点いていそうなので人感センサーにします。
  3. コンセントに挿しっぱなしタイプ
    廊下のコンセントに挿し込んだままにするのでコンセント給電タイプにしました。

高機能LEDライト(自動点灯)

シンプルな機能しかないLEDライトを選びましたがいろんな種類のライトがありました。
暗くなると自動点灯(電球色)して、人が近づいて人感センサーが感知すると明るさがアップ(昼白色)する高機能なLEDライト。暗くなると常時点灯と近づくと昼白色になることがニーズに合いませんでした。

高機能LEDライト(停電時に自動点灯)

もうひとつは停電対応機能を搭載したLEDライト。普段はコンセントから給電していてセンサーで点灯・消灯。停電が発生すると充電池で点灯するハイスペックモデル。停電時に自動的に点灯してくれるのは魅力的だったけど、通常の人感センサーで点灯強だったのでやめました。

サンワダイレクト LEDライト 人感センサー 停電時自動点灯ライト 非常灯
サンワダイレクト

いつもは人感センサーで点灯。停電すると自動的に点灯してくれる災害対応型。

購入したのは日本製のLEDライト

購入したのは、ELPA LEDセンサー付ライト。製造メーカーはELPA 朝日電器株式会社。大阪の町工場製品は絶大な信頼があるので購入しました。

使ってみるとアンバーな色が眩し過ぎずにちょうどいい!夜中のトイレにいい感じのLED照明を探していたので最適でした。普段でも廊下の電気をつけなくてもよくなりました。

センサーが認識する左右の角度は仕様上では90° とありましたが、実際はもうちょっとワイドな範囲で認識してくれてよかったです。

夜帰宅したときにも玄関で反応してくれたので想像以上に使えるLEDライトで満足です。

一緒に購入して便利だったタップ

LEDセンサー付ライトと一緒に買ったのがオーム電機 マイクロタップ
このタップを使ってセンサーを感知したい方向にライトの向きを変えることができる。扉を開けた瞬間に人感センサーが感知してくれるようになってより便利。おすすめ!

 

 

 

// ピンタレスト