YouTubeの収益が米国の源泉徴収税で控除されないように「Googleへ税務情報を送信」した手順書

ライフハック

YouTubeの収益が24%減にならないために税務情報を送信

わずかながら YouTube から収益がある。
その収益の24%が米国の源泉徴収税として控除される!?

2021年5月31日までに税務情報を Google に提出しないと収益合計の最大 24%が控除される場合があるようなので税務情報を登録しました。

税務情報を追加した手順をメモとしてブログ記事にしておきます。名前や住所など具体的な記入方法について手順に従って報告します。

税務情報の管理

アドセンスにログインすると上の方に税務情報を提出するように促されます。税務情報を提出しないと収益合計の最大 24%が控除されちゃうようになりそうなので YouTube から収益を得ているひとは税務情報の追加から先に進みます。

米国の税務情報

大体のひとは、個人のユーチューバーで、米国民でなく米国に居住していないので

個人いいえを選択。W-8 納税申告用紙タイプは W-8BEN を選びます。

選んだら W-8BEN フォームの記入を開始します。

W-8BEN 納税フォームを記入していく

個人情報を入力していきます。
マイナンバーを提供するのはちょっと気が引けますが記入しないと先にすすめませんでした。

① 納税者番号

  • 個人名
    ローマ字で記入します。本田翼ちゃんなら TSUBASA HONDA です。
  • 外国のTIN
    マイナンバーを記入します。
    xxxx-xxxx-xxxx と番号とハイホンをそのまま記入します。
    マイナンバーはカードがなくても個人番号通知書に書いてあります。見つかんねーよ!ってひとは「マイナンバー(個人番号)記載の住民票の写しを入手して確認するのが早いです。

②住所

  • お住まいの国や地域 → リストから日本を選択
  • 郵便番号:xxx-xxxx とハイホン付の7桁数字で記入しました。
  • 都道府県:リストから選択
  • 市区郡:千代田区 →  Chiyoda-ku 、多摩市→  Tama-shi と記入します。1文字目は大文字
  • 住所1行目 → 丸の内1丁目2番3号→  1-2-3 Marunouchi とします。Chomeは不要。
  • 住所2行目 → ブリリア 1102号 →  #1102 Brillia
    ローマ字 Buriria ではなく英語で Brillia。部屋番号は #付で先に書きます。

③租税条約

W-8BENの重要なポイントです。

租税条約下で源泉徴収に適用される軽減税率の適用のある国/地域の居住者

はい日本の一択です。

特別な料率や条件
米国で軽減税率の適用を受けるために該当するものを選びます。

  • サービス(AdSenseなど)
  • 映画、テレビのロイヤリティ(特定の YouTube 映画、番組、Play パートナー)
  • その他の著作権のロイヤリティ(Play や YouTube パートナープログラムなど)

どれを選ぶのか条件を読むと今後の得る予定のある所得の種類の承認を申請できます。とあるので…

全選択!

四角で囲ったところを漏れなく選んでください。チェックマークも漏れなくチェックしてください。
これで今後、アドセンスが源泉徴収税の対象になったときも大丈夫です。

④書類のプレビュー

税務フォームが4つ現れます。もし足りないときは 戻る で確認してください。

一応、全て開いてダウンロードしておきます。

⑤納税証明

虚偽の深刻なく正しいことを誓約します。
戸籍上の姓名はローマ字で記入します。本田翼ちゃんなら TSUBASA HONDA です。
本人なので はい、を選んで次にいきます。

⑥米国内で行っている活動とサービス、および宣誓供述書

米国内で Google を対象した活動はしてないので いいえ を選択。
間違いないことを保証するチェックもオン。

悩んだのがお支払いプロファイル。どっちを選べばいいのか?

  • お支払いを受け取ったことがない新規または既存のお支払いプロファイルの税務情報を提出します。
    YouTube から収益を受け取ったことがない人はこちらを選択。
  • 過去にお支払いを受け取ったことがある既存のお支払いプロファイルの税務情報を提出します。
    収益を受け取ったことがある人はこちらを選択。

収益を受けたっとたことがあるので「過去にお支払いを受け取ったことがある〜」を選択です。

米国の財務情報の管理

ステータスが承認済み、申請済みになれば完了です。

もし、審査中になっているときは、記入した項目に小さな誤りがあるかもしれません。ヘルプによると…。

  • 税務ツールに記載した「氏名」が、お支払いプロファイルの名前と一致していない。
  • 税務ツールに記載した「みなし事業体」名が、お支払いプロファイルの名前と一致していない。
  • 税務ツールに記載した「定住所」または「送付先住所」が米国内であるか、租税条約の優遇措置を申し立てている国と一致していない。
  • 税務ツールで「様方、気付」または「私書箱」の住所が記載されている。
  • 税務ツールでフォームのフィールド「capacity」に入力されている。

単純な打ち間違えがないか確認しましょう。もし間違えていたら、新しいフォームを送信から再度、申請すれば良さそうです。

財務情報が承認されました

Googleメールにも件名:Google Payments: 財務情報が承認されました とメールがきます。
以上で、Google に提出した税務情報の承認が完了です。 あなたが日本の人と証明したことで源泉徴収で軽減税率が適用されるようになりました。これで米国から課税されません。

ブロガー(アドセンスの収益)には関係ない?

アドセンスの収益には関係ない。

YouTube ヘルプのよくある質問に
Q:これは、YouTube 以外の AdSense の収益にも適用されますか?
A:有効な税務情報を提出した場合は、第 3 章に基づく米国の源泉徴収税は YouTube の収益にのみ適用されます。

とばっちり明記されているのでアドセンスの収益だけのひとは税務情報を送る必要はない感じ。
ただ気になったのが③租税条約のサービスにアドセンスがあったこと。将来的には必要になるのかも。

まとめ

税務情報を提出しないとどうなる?
YouTubeの収益の最大 24% が、Google により控除される場合がある。となってるけどまだ不明。
税務情報を提出するとどうなる?
米国からの源泉徴収が0%になる。今まで通り収益100%が振り込まれます。
税務情報を提出に必要なものは?
マイナンバー。
分からなくて困ったひとはマイナンバー(個人番号)記載の住民票を入手して確認しましょう。
つまり、W-8BENってなに?
アメリカの源泉徴収における受益者の海外在住の証明書。
アメリカ企業からロイヤルティー(収益)を受けるときに日本在住を証明することで米国から課税されなくなります。(日米租税条約)
日本在住で日本で納税することの証明書です。証明しないと米国と日本で二重課税されちゃいます。
公式情報をもっと詳しく知りたい!
YouTubeのヘルプを参照しましょう。
Google への米国の税務情報の提出 - YouTube ヘルプ

 

タイトルとURLをコピーしました