灼熱のJ-PARCで素粒子をブンブン加速するアクセラレーターが公開

おとなの社会見学

大強度陽子加速器施設(J-PARC) 一般公開

毎年、夏期に加速器施設を一般公開している大強度陽子加速器施設(J-PARC)

夏に一般公開するのには理由がある。加速器は電気をめちゃめちゃ使うのでクーラーなどで電気の使用量が多い夏場は設備停止させて点検シーズン。そのときに一般公開で加速器を見せてくれるの。

50GeVシンクロトロン、ハドロン実験設備、物質・生命科学実験施設、そしてニュートリノ実験設備とJ-PARCを素粒子のようにぐるぐると回って見学してきた。
なんと、ニュートリノ実験設備では金髪ロンゲの物理学者、Sho様(多田将さん)が自ら説明してくれた。

20120729-01.jpg

ハドロン実験施設

大小様々な柱にハイドロンビーム装置が包まれている。とても強い放射線を放つために、コンクリート製の柱で放射線を遮蔽する。
20120729-02.jpg
ハイドロンビーム装置を動かすための直流電源装置が各フロアにズラリと並ぶ。想像できないくらい電気を使うんだろう。
20120729-03.jpg

50GeVシンクロトロン

J-PARC最大の加速器。ここで陽子を光速の近くまでグングン加速してニュートリノ、ハドロン実験施設にぶっぱなす。
加速器はまったいらに“水平出し”している。普通に作っちゃうとほんの少しずつ上下に誤差が出るそうだ。なぜなら地球はまあるいから。
20120729-04.jpg
加速器で必要不可欠なのが電磁石。ビーム輸送を行うためにいろんな磁場を活用している。
青色は偏向電磁石。ビームの軌道をリングに沿って曲げるための磁場を形成する電磁石で96台ある。
黄色は四極電磁石。ビームの収束に使用する電磁石で水平垂直方向に1台ずつ必要。11種類216台で構成されている。緑色は六極電磁石。ビームの軌道や焦点位置のズレの補正に使用。全部で72台もあるそうだ。
20120729-05.jpg
ニュートリノ実験施設は案内してくれた多田将さんが設計した施設。
多田将先生、噂には聞いていたがトレードマークの金髪ロンゲに奇抜なファッションで登場。ショウ様が今日覚えていってほしいことはただひとつ。ニュートリノは、ニュート・リノだということ。
新トリノだと思っていたが違っていたようだ。ニュート(中性の)・リノ(小さな粒子)なんだって。太陽からバンバン降り注いでいるけど全く当たらないですり抜けていってしまう性質がある謎の物質で電子ニュートリノ“発見”

ショウ様の説明は噂通りの判りやすさ。ニュートリノって名前を聞いたことある程度でも、テンポよく面白い説明で判った気になってくる。研究者は、専門用語を並べて「判るっていると思いますが」的な説明を延々とするのが多くってウンザリすることがあるけどショウ様は別格、本当の天才ってのを肌で感じた。
20120729-06.jpg

スーパーカミオカンデ

超伝導電磁石を通ってニュートリノビームを撃込むターゲットは、295km離れたスーパーカミオカンデ。撃込むといっても地球も通り抜けちゃうから地面に向けて発射!。今までに301,000,000,000,000,000,000個という桁違いのニュートリノを撃込んでカミオカンデで捉えることができたのはたったの174個!なんでも通り抜けちゃうニュートリノを観測するのはそれほど難しいそうだ。スーパーカミオカンデってのはコレ。PH13-bottom-yoko-1-wmj.JPG

八極電磁石

ビームプロファイルの平坦化をすると説明を聞いたが何のことがさっぱり理解できませんでした。このスペシャルな電磁石はビーム輸送施設に設置する前のスタンバイ待ちで今年限りの公開のようだ。写真撮れてラッキーだった!
20120729-07.jpg

 

きょうの潜入調査

 J-PARC 大強度陽子加速器施設
 J_PARC
 
 KEKチャンネル
 

// ピンタレスト