3月10日は横濱の三塔日。神奈川県庁、横浜税関、開港記念会館に登れるスペシャルデー

近代建築 / 近代化遺産

3月10日は三(3)塔(10)の日、横浜の三塔に登れる日

三塔とは横浜にある「神奈川県庁(通称 キング)」「横浜税関(通称 クイーン)」「横浜市開港記念会館(通称 ジャック)」の3つの歴史的建造物のこと。

3月10日=三塔の日を記念して普段は登ることができない塔に登れちゃうイベントが開催されました。

横浜税関(クイーンの塔)

まず向かったのは横浜税関、通称「クイーンの塔」と呼ばれる女性的な塔。1934(昭和9)年竣工で設計したのは吉武東里で国会議事堂をデザインした設計者。
クイーンの塔

展望フロアから風景は税関職員だけがみれるスペシャルなビュースポット。横浜ベイブリッジや赤れんが倉庫もよく見えて、みなとみらいを一望するには抜群のロケーション。ずるいぞ税関職員。
横浜税関からの景色

横浜税関では、ちょっとだけ応接室とかも見学できた。全体的に新しい感じだった。
横浜税関 応接室

神奈川県本庁舎「キングの塔」

神奈川県本庁舎「キングの塔」は1934(昭和9)年竣工で設計は小尾嘉郎。
キングの塔の真ん前は横浜三塔が一度に見れるポイントがあって足下にはプレートが埋め込まれてた。三塔同時に見えるスペシャルなポイントは全部で4カ所あるようだ。

「キングの塔」で見れたのは屋上まで。塔のてっぺんには登れなかった。屋上からはさっき居たクイーンの塔がよく見える。
20130310-26.jpg

塔に登れなかった理由はこれ。
階段がボロボロに老朽化していて一般公開するにはちょっと危険。いつかメンテナンスして公開して欲しい。
20130310-25.jpg

「キングの塔」の屋上から三塔を一望したパノラマ写真
20130310-00.jpg

塔もステキなだけど建物内もすごいよかった。
旧貴賓室の時計。盤面の赤い石はルビー?しっかりと動いてた。
20130310-16.jpg

旧議場と知事室。ここが現役で使っているところ。
宝相華(ほうそうげ)という空想上の植物をモチーフにした装飾がシャンデリアや扉の銅板など至るところで見られる。重厚で立派なアクセントになっている。

知事が手をあげて挨拶しれくれます。(等身大パネル)

県庁本庁舎の一般公開では屋上の他にも知事室、旧貴賓室、旧議場を見学できるますので興味のあるひとは是非行ってみて。

横浜市開講記念会館(ジャックの塔)

三塔巡りの最後は横浜市開講記念会館(ジャックの塔)。

1917(大正6)年竣工、設計者は福田重義。
ジャックの塔は国指定重要文化財でちょっと格上の存在。辰野金吾が設計した東京駅を思わせる赤煉瓦に花崗岩のボーダーがカッコいい。

中では立派なステンドグラスの数々をみることができます。

普段は登れない2階の螺旋階段からジャック・タワーに登っていく。
ぐるぐると目が回りそうなほどのぼる。
20130310-14.jpg

登ったとこからみたキングの塔。ジャックの塔の方がやっぱり高い。
20130310-20.jpg

ここは「ジャックの塔」の時計の裏。螺旋階段をぐるぐると登ると見れます。

どこかというと…

今回はなかなか貴重な見学ができました。
興味があるひとは、毎年3月10日にイベントを開催しているようだからチェック!横浜はステキな洋館もたくさんあって街並みがスバラシイ。色々と趣向を凝らしたイベントで観光に力を入れているので機会はありそうだから日々、検索してみましょう。

 

// ピンタレスト