銀座に残る昭和モダン建築。旧銀座アパートメント(現:奥野ビル)を写真撮影

近代建築 / 近代化遺産

旧銀座アパートメント(現:奥野ビル)

銀座・日本橋の街はたてもの博物館。
和光や日本橋高島屋、三越などのビックネームはもちろんだが明治屋や川崎銀行本店も抜群の存在感で脇を固める。

そんなカリスマ建築がある大通りから一歩裏通りに入ってみるとノスタルジックなモダン建築が存在している。1932(昭和7)年竣工の銀座アパートメント(現:奥野ビル)だ。

どこか同潤会アパートの面影があると思ったら青山同潤会アパートを設計した川元良一の建築。川元良一は九段会館の設計者でもある実力者。

 

現在の奥野ビルはギャラリーが入居。おしゃれな昭和レトロな建物によく似合っている。

 

さっそく銀座アパートメントに入ってみよう。
画廊やアンティークなテナント、デザイナーのオフィス集まるアートスポットになっていて次から次へと人の出入りがあるので建物目当ても気軽るにはいれた。

 

まず目を引いたのがエレベーター。

 

非常に珍しいエレベータでなんと扉を手で閉める手動式。
だから行き先ボタンのとこに開閉ボタンがないのだ。まずは建物を楽しみたいから階段で上がる。

 

モダン感あふれる階数表示。
ステキな建築は必ずと言っていいほどエレベータがおしゃれ。階によって階数表示のプレートデザインが微妙に違っているから見逃せない。

 

階段室も昭和モダン感がたっぷり。
主張しすぎない親柱のデザインが逸材。同潤会の階段室もこんなだった。

 

もともとはアパートだったので造りはシンプル。

 

いまは、アートスペースなので個性的な部屋が多い。
モダンなビルにポップな明るい感じがアーティスティック。

空き室を覗き込むと窓の向こうには時間が止まったままの部屋。
ここはスダ美容室として使われていて最後の住人の部屋だったみたい。
銀座奥野ビル306号室プロジェクト

 

奥野ビルの特徴のひとつは階段だと思う。

 

階段の横にある窓をのぞいてみた。

 

え?窓の向こうはアパート!?
銀座アパートメントはアパートが2棟くっついてる構造になっていて窓の外に隣のアパートが見えちゃうなんとも不思議な空間。

 

7階に行く階段は立入禁止。

 

初めての手動エレベータ。エレベータ自体は新型なんだけど扉が蛇腹のカーテン。
これを手で閉めて行き先ボタンを押すと普通に動き出した。動き出すと黄色の蛇腹の向こうには、むき出しのコンクリート…。ややビビる。

 

手動式エレベーターに乗るときは取説を読んでから!

 

こんなにも昭和モダン感を味わえるビルが銀座にあったとは驚きだ。
近代建築好きにはおすすめしたい。さすがに老朽化はしているが大切に使われている奥野ビル。またゆっくりと見に行きたい。

建物内は暗いから明るめのレンズがいいよ。あとくれぐれもマナーよく。