Mac版エクセル|ショートカットのキー割付をWindows風にして快適にする

エクセル Excel

Mac版エクセルのショートカットをWindows風にする

Windows版とMac版のエクセルで違うとこにショートカットがある。
頻繁に使うショートカットが違っているのでWindowsの感覚で自然にキー操作すると毎回、間違えてちょっとストレス。

間違えちゃうキーは 検索と置換

Macの置き換えは⌃(コントロール)H なんだけど、Windowsと同じように置換のつもりで押しちゃう ⌘H が Finderを隠すに割当されてるのであ゛ーーーってなるのだ。

macOSはシステム標準でキーボードショートカットを変更できる便利な機能がある。
Mac版エクセルでよく間違えちゃうショートカットをWindows風に使いやすくする。

MacOSでショートカットを変更する手順

  1. システム環境設定からキーボードを開く
    システム環境設定 > キーボード
  2. ショートカットを変更するアプリケーションを選択
    ショートカット>アプリケーション
  3. +をクリックしてアプリケーションで選択をする。
    全アプリケーション → Microsoft Excel
  4. 検索のキーボードショートカットを定義する。
    メニュータイトル:検索...
    キーボードショートカット:F
  5. 置換のキーボードショートカットを定義する。
    メニュータイトル:置換...
    キーボードショートカット:H
  6. ショートカット定義に追加される。

うまく定義できないときは?

ちゃんと定義したのにショートカットキーが動かない。なぜだ🤔
そんなときはメニュータイトルを見直してくれ。

Mac版エクセルのメニューをよく見ると検索 じゃなくて 検索...

点もちゃんと入れないとだめなのだ。メニュータイトルは正確に同じにする必要がある。

便利なショートカット

Windowsでファイル名を変更するときのショートカットは F2。macOSだとエンターキー。
右手はマウスを持っているのでmacだとマウスを離してエンターキーを押さないといけない。マウスクリックだとダブルクリックで開いちゃったりするからキー操作でファイル名を変更したい。

Windowsと同じようにショートカットを定義すれば解決。名前を変更 F2

そのほかにも自己流のショートカットが設定し放題なので使いやすくカスタマイズしてみて。

エクセル 2019(最新 永続版)オンライン版 Win10/mac対応
マイクロソフト

MacとWinで両方使える2ライセンス。
WinのファイルをMacのエクセルでも使えてとても便利。
マクロも動いてとても快適!