フライトレーダーからダウンロードしたCSVをエクセルで使いやすくコンバートする

エクセル Excel

フライトレーダのSilver、Gold、Businnesプランだとサービスで機体番号や便名からフライトデーターを取得することができる。航空機がいつ、どこを飛行していたか日ごとに記録されたCSV形式のファイルを好きなだけダウンロードできる。

ダウンロードしてみるとCSVファイルは日本時間が分からなかったり、数字データばかりでちょっと読みにくい。そこでエクセルをつかって使いやすくコンバートしてみる。

CSVファイルの詳細

ダウンロードしたファイルをエクセルでひらくとこんな感じ。

Timestamp:UNIX時間
UTC:UTC時刻
Callsign:コールサイン
Position:緯度・経度
Altitude:高度
Speed:速度
Direction:方位

コンバートで改善した箇所

Timestamp

TimestampはUNIX時間。そのままの値だとエクセルの関数や書式設定で時刻を表示することができないので計算して日本時間(JST)にする。

UNIX時間をEXCELのシリアル値に変換にする式
(値+ 32400) / 86400 + 25569

Position

Positionは緯度と経度の10進値になっている。
Chromeに値をそのまま貼り付けるとグーグルマップにリンクしてくれるけど毎回、はりつけるものメンドクサイ。Googleマップお決まりのURLに緯度経度をくっつけてクリックしたらグーグルマップにリンクさせる。

Google Mapの緯度経度リンク
google.co.jp/maps/search/緯度,経度

Direction

0~360の値で方位を表している。
0=360(北)、90(東)、180(南)、270(西)

東西南北を16方向で表記したほうがわかりやすい。

CSVファイルをコンバートした結果

日本時間と進路が見やすくなった。
ポジションをクリックするとGoogleマップにリンクするもの便利だ。

CSVファイルをコンバートした結果

マクロはこんな感じ。Mac版エクセルでも問題なく動作する。

航空ファンは空港や航空機の情報や航空無線の周波数など色々なデータをたくさん必要。
どんどん溜まっていくデータの管理にはエクセルが最適!
いいのができたらまた紹介していくぞ。

エクセル 2019(最新 永続版)オンライン版 Win10/mac対応
マイクロソフト

MacとWinで両方使える2ライセンス。
WinのファイルをMacのエクセルでも使えてとても便利。
マクロも動いてとても快適!