シグマ超望遠レンズを7D2に装着 どアップズームとガクガクの手ブレ補正

カメラとフォト

シグマ超望遠レンズの使用感

普段使っているキヤノン100-400mmと比べると150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Comtenporaryは一回り大きい。重量も400g増しなのでそれなりにズッシリ。
ズームの回転方向がキヤノン純正と同じなのがすごいしっくりくる。

重要なポイントだった焦点距離は7D mark2だと APCサイズなので焦点距離 x 1.6倍。
テレ端 600mm x 1.6倍 = 960mmの超望遠!
見せてもらおうか、超望遠の実力を。

はみ出るゥゥゥゥゥ、960mmは伊達じゃない!

これなら遠くを飛んでいるヒコーキや小さい戦闘機も大きく撮れそうだ、期待大!

気になった手ぶれ補正

ちょっと気になったのが手ブレ補正。
ファインダーを覗くとゆらゆら?カクカク?してうまくフレーミングできない。
キヤノンテクノロジーの4段補正(MODE 1)に慣れているせいかとても違和感。

もしかして手ブレ補正が効いてない?と思ったほどだった。

どうやらゆらゆらしてるのは意図的でファインダー像をフレーミングができる程度の補正にしといてシャッターを押す撮影の瞬間にバッチリ補正をする仕様らしい。
メーカー直撃インタビュー:伊達淳一の技術のフカボリ!
写真を見ると確かに手ブレ補正が効いてるけど…だが馴染めん。

シグマのホームページに気になるニュース記事

馴染めない手ぶれ補正に悶々としてると気になる記事を発見。

キヤノンEFマウント用交換レンズファームウェアアップデートのお知らせ
キヤノンマウント Ver 2.00→ Ver 2.01
手ブレ補正のアルゴリズムの改善により、容易に構図の確認ができる
安定したファインダー像を実現しました。

なんだと!?まさしく馴染めていないファインダー像が改善されそうなアップデート。
早速、レンズのファームウェアをアップデートするしかねぇ!

レンズのファームウェアアップデートをする方法

  • シグマのカスタマーサポートまで送って無償アップデート
  • レンズアクセサリー「SIGMA USB DOCK」を使ってアップデート

アップデートをわざわざカスタマーサポートに送るってのもイマイチ。

違う方法のSIGMA USB DOCKってなんだ?
USB DOCKとは、自分でピント調整や動作カスタマイズができるレンズアクセサリー。パソコンとレンズをUSBで接続して色々と設定ができるらしい。

設定は、SIGMA Optimization Proで行う。シグマのホームページからダウンロード
Mojova(10.14)でも問題なく動作した。Mac用もあってスバラシイ!
シンプルでわかりやすいインターフェースで取説を見なくても操作できた。
dock.jpg

SIGMA USB DOCKができること

レンズのファームウェアアップデート/ピント調整/AF速度/フォーカスリミッター/OS調整など。できること満載!

えっ!?Sportsラインのみってなに?
ComtenporaryだとAF速度/フォーカスリミッター/OS調整
肝心なこの3つは調整できないのかよ。しょんぼりだったけど。

なにっ!一番下に注目ゥゥゥ!!
150-600mm F5-6.3 DG OS HSM C015も設定可能って書いてるじゃん!シグマGJ !!
SIGMA USB DOCKは、定価6,000円で実勢価格は4,000円ほど。

細かい設定もできるようになるしポイントで買っちゃう!
到着したら早速アップデートするぞ。

SIGMA USB DOCK キヤノン用 878542
シグマ(Sigma)

レンズのアップデートやピント調整に加えてフォーカスや手振れ補正のカスタマイズを自分好みにカスタマイズできる逸材。
レンズの能力を120%発揮させたいあなたは是非!

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary C015 Canon EFマウント Full-Size/Large-Format 745547
シグマ(Sigma)

コストパフォーマンスの高いレンズ
600mmの圧倒的な超望遠で覗けば遠くのヒコーキが目の前に!?

Kenko レンズフィルター MC プロテクター プロフェッショナル 95mm レンズ保護用 010662
ケンコー(Kenko)

高価なレンズを保護してくれるレンズプロテクター。
防滴などの機能がついた高級な保護フィルタもあるから色々と検討してみて!