国立競技場ファイナル、ブルーインパルスが4つのフォーメーションで「夢・感動」を再び

国立競技場ファイナル、ブルーインパルスが4つのフォーメーションで「夢・感動」を再びブルーインパルス

SAYONARA 国立競技場 FINAL FOR THE FUTURE

2014年5月31日に開催される国立競技場のファイナルイベント「SAYONARA 国立競技場 FINAL FOR THE FUTURE」に航空自衛隊のアクロバットチーム、ブルーインパルスが展示飛行を披露する。

1964年の東京オリンピック開会式にて、国立競技場の上空に5輪マークを描いたブルーインパルスが50年後の今、国立競技場の最後に華麗なフライトで花を添える。「夢・感動」を伝えるブルーインパルスの展示飛行を都心で見れるレアなチャンスは見逃せません。

ブルーインパルスの航過飛行

飛行時間は、夕方5時30分から10分間程度。夕暮れのブルーインパルスはなかなか珍しい。
予定される飛行高度は600m。当初は400mで申請をしたけど国交省のダメだしで変更になった見たい。

展示飛行は国立競技場の上空を航過飛行すると予想されます。
航過飛行とは隊形を保って飛ぶフォーメーションフライトのことで国立競技場のファイナルイベントでは4つの隊形で展示飛行をする予定のようです。

ブルーインパルスの隊形

国立競技場の上空を飛ぶブルーインパルスを見る前に隊形を覚えておくとさらに楽しい。

ファイナルイベントでブルーインパルスが飛行する4つの隊形を順番に紹介します。
ブルーインパルスが展示飛行するのは2回。5月30日の予行と31日の本番。しっかり覚えて空を見上げよう!

上から見た並びなので下から見ると左右が反対です。

デルタ隊形

基本的な隊形で6機のT-4が三角形になる隊形。
『一見、簡単そうに見えますが左右、前後のバランスを正確に保たなければならず高度な技術が必要となる隊形です。』
ブルーインパルスのデルタ隊形

スワン隊形

『1番機、4番機が白鳥の長い首を、2番機、5番機が左の羽根を、3番機、6番機が右の羽根を象っているのがお判りにいただけますでしょうか。』
先日、東北六魂祭でも展示した隊形。ブルーインパルスのスワン隊形

グランドクロス隊形

十字架の隊形。縦一列の1、4、5、6番機、横一列の2、3、4番機がそれぞれ絶妙な位置を保つことでキレイな十字架の隊形になります。なかでも一番の中心となる4番機は高度な操縦テクニックと重心を保つバランス感覚が必要です。
ブルーインパルスのグランドクロス隊形

リーダーズベネフィット隊形

『横一列の隊形を維持するためにはパイロットは真横を向いて航空機をコントロールしければならないためより高度なテクニックが必要とされます。』ブルーインパルスのリーダーズベネフィット隊形

ブルーインパルスの編隊飛行の見所

フォーメーションフライトの要となる機体は、4番機
常に1番機のうしろ。左右には2、3番機、もしくは5、6番機がびったり……。
4番機を基準とするのでブレちゃいけない重要なポジション。編隊飛行のときにはそんな4番機に注目だ!

予行の飛行ルートが判明しました。詳細はブログ記事で
ブルーインパルス「SAYONARA 国立競技場 FOR THE FUTURE」前日予行

予行フライトの動画

ブルーインパルスが実際にフォーメーションフライトをしている姿をみたいひとは国立競技場ファイナルの予行フライトの動画を見てくれ。