Windows10 でアップルのキーボード(Apple Wireless Keyboard)を使えるようにする手順書

アップル

Windows 10 で Apple Wireless Keyboard を使いたい

在宅勤務でWindows 10 パソコンを持ち帰り。
持ち帰ったパソコンのキーボード配列が普段、使っているキーボードと配列が微妙に違っているのでなんか打ちにくい。机の高さも合わないし、なんかいい方法は…。

私にいい考えがある!

家で使い慣れてる アップルキーボードをWindows 10で使えるようにすればいいじゃないか、
今は使っていない1世代前の Apple Wireless Keyboard 電池式モデルがあるのでそれを使おう。

Bluetooth USB アダプタを購入

会社の PC には Bluetoothが付いてないのでBluetooth子機をアマゾンで購入。
たくさんの製品から選んだのは TP-link の Nano USB Adapter
値段も安くて評価もいい。

パソコンに挿し込むだけで認識OK。ドライバのインストールは不要だった。

TP-Link Bluetooth USBアダプタ ブルートゥース子機 PC用/ナノサイズ / Ver4.0 / 3年保証 UB400
TP-LINK

邪魔にならないコンパクトなナノサイズ。
ドライらいらずでアップルのキーボードもすぐに認識してくれた。

Windows10にApple Wireless Keyboardを認識させる

以下の手順で Bluetooth のペアリングする。
ペアリングしてデバイスが接続すると Win10 パソコンでアップル キーボードが認識されて文字が入力できるようになる。(「英数」「かな」など認識しないキーもある。

① Apple Wireless Keyboardをペアリング
電源ボタンを長押しするとLEDが点滅する。

② Winパソコンに「デバイスを追加する」が表示
周囲にあるBluetooth機器と一緒に ○○○のキーボード がでてくる。

③ PIN コードの入力
表示された PIN コードを Apple Wireless Keyboard で入力する。

④ デバイスが接続される
これでキーボードからの入力ができるようになった。

 

ドライバをインストールして「英数」「かな」キーを認識させる

アップルのページから Boot Camp サポートソフトウェア 5.1.5722をダウンロード する。

このダウンロードには、Mac で Windows 7、Windows 8、および Windows 8.1 の 64 ビットバージョンをサポートするために必要な Windows サポートソフトウェア (Windows ドライバ) が含まれています。

Windows 10の記載がないけど問題ない。Windows 10 64 ビットでインストールして動作している。

インストールは簡単。ZIPファイルを解凍して、
BootCamp > Drivers > Apple フォルダを開く

 

Apple フォルダ内の AppleKeyboardInstaller64.exe を実行する。
デバイス ドライバのインストールが完了すると英数かなが認識されるようになる。

 

キーマッピングを変更してMacっぽく使う

これで OK! 早速、キーボードを使ってみると…。

を押すとスタートメニューが飛び出てきてめちゃめちゃ使い難い。
Mac で使っているようにCでコピーができるようにしたい。

そこでキーの割り当てを以下のように変更して使い慣れた Mac風のマッピングにしよう。

Mac キーWindows キー
command  ⌘左Ctrl
英数半角/全角

変更できるアプリは、KeySwap for XP
キーの入れ替え・無効を行う、常駐しないWindows7・Vista・XP・2000専用プログラム(Windows 10 でも問題なく動作) 常駐しないので一回、設定するだけのお手軽なアプリ。設定後はパソコンのリセットが必要。

設定例

 

ファンクションキーの設定

今の状態は、ファンクションキーを機能させるためには、fnを一緒に押さないといけない。
Windowsだと、F2を多用するので同時押しは使いにくい。

そこで先ほどダウンロードした Boot Camp サポートソフトウェア 5.1.5722 の ZIPファイルを開く。
BootCamp > Drivers > Apple > BootCamp.msi を取り出してインストール。

インストールが終わったら再起動するとタスクトレイにBoot Camp コントロールパネルが出てくる。

キーボードタブからキーをファンクションキーとして使用をチェック。
これでfnキーを押さなくてもファンクションキーになる。

BootcampをインストールするとCドライブの名前が BOOTCAMP になってしまうので元に戻しておこう。

 

おまけ

WIndowsで結構、頻繁に使うのがCTL+ALT+DELETEなんだけど KeySwap for XP だとできない。Windows には Auto Hot Keyいうホットキーへの機能の割り当てなどができる強力なスクリプトエンジンがある。

Auto Hot Keyを使ってお馴染みのキーコンボ 「Control-Alt-Delete」をesc に割り当てるコマンドがこれ。

!^ESC::send,!^{delete}

詳しくは、Auto Hot Keyを調べてみて。