首都圏最大級のイベント入間基地航空祭、青空を飛びまくるT-4・C-1の展示飛行

首都圏最大級のイベント入間基地航空祭、青空を飛びまくるT-4・C-1の展示飛行

首都圏最大級のイベント「入間基地航空祭」

首都圏最大級のイベント、入間基地航空祭にいってきた!

一昨年は22万人、昨年は空飛ぶ広報室の宣伝効果もあって32万人の人手。

今年も雨予報から一転、晴天になったことで恐ろしい人間航空祭の予感

入間基地の最寄駅 稲荷山公園駅

8:00am 現着今!稲荷山公園駅に到着。

航空祭当日は入間基地側の臨時改札が朝8時くらいにオープン。臨時改札の先で金属探知と持ち物検査。クリアするとその先で基地ゲートが開くまで待機。

まだトイレは空いてるから早めに行っておくのがマル。どんどんひとが貯まっていくけどなかなかゲートが開かないからこの人だかり。
人だかりになった稲荷山公園駅は人間航空祭のようにです。

入間基地のゲートオープン

8:40am 基地ゲートオープン。

まずは踏切方面ゲートがオープンして福男がダッシュで走っていくのが見える。その後、すぐに臨時改札方面のゲートも開いて大人数の割には整然と進んでいく。

入間基地内にある外来者用の宿泊施設の入間INNも航空自衛隊の60周年記念塗装。
航空自衛隊の60周年記念塗装された入間基地の中にある外来者宿泊施設入間INN

まずはメシ。一番近かった350円のうどんにしたが…。
ゆでが足りないし、ヌルしお味はイマイチ…。大盛り過ぎて困った…。残したい…。

エプロンは毎年のことだけどシートやイスにすでに最前列は満員で地蔵だらけ。

地上展示の機体がまともに撮れないのはなんとかしてほしいぞ。

オープニングフライトと飛行展示

赤白チェッカーのおしゃれなカラーリングの飛行点検隊YS-11FC(12-1160)とU-125(39-3042)がオープニングフライバイ。
入間基地航空祭のオープニングフライトをする飛行点検隊YS-11FC(12-1160)とU-125(39-3042)

U-125がカメラアップデートで滑走路の端から端をローパス、レリゴー!

カメラアップデートではゆっくりと飛んでるけど本気を出すと時速850km。北海道から沖縄(4300km)を5時間で往復できるのだ。
滑走路の端から端をローパスする飛行点検隊のU-125(39-3042)

YS-11FCは飛行歴50年のベテラン。
もう自衛隊でしか見れない機体だけど飛行点検隊ではまだまだ活躍中!
飛行歴50年のベテランYS-11FC、現在は自衛隊で運用していない機種

飛行点検隊とは?

自衛隊で唯一の飛行点検隊で、陸自・海自・空自すべての航空保安施設を飛び回って安全をチェックしている部隊。

航空機が安全に空を飛べるのは飛行点検隊のおかげなのだ。

飛行点検隊をバッチリ説明してくれたナレーターは埼玉県出身の谷口ちあき二等空曹、とても聴きやすかった。

谷口2曹は、普段は飛行点検隊の航空機に搭乗して、無線航法装置などからの電波が正常か受信機でチェックするパネルオペレーターという任務をこなしている空飛ぶ国防女子!

シルバーインパルスの展示飛行

入間基地所属のT-4が展示飛行。

通称、シルバーインパルスのいぶし銀の展示飛行が始まった。

シルバーインパルスは平均年齢50歳のベテランパイロットで編成された入間基地航空祭の名物。ブルーインパルスとは違った熟練さが魅力の展示飛行を見せてくれる。

3機のT-4中等練習機がフォーメーションテイクオフ。
3機のT-4(06-5650/46-5724/56-5735)が揃った編隊離陸、入間基地のT-4はシルバーインパルスと呼ばれている技術の高いパイロットの展示飛行が見れる

続いて2機のT-4中等練習機がテイクオフ。

せーの!
離陸していく2機のT-4(16-5656, 36-5708)、シルバーインパルスの編隊離陸

TACデパーチャー!

シャッターチャンスである。タンクの有無にも注目だ。
離陸後にTACデパーチャーをしたシルバーインパルスの2機のT-4

アローヘッド隊形

平均年齢50歳のベテランパイロットで編成されたシルバーインパルスはビシっと見事な編隊飛行。
4機のT-4でアローヘッド隊形を航過飛行する入間基地のシルバーインパルス

ハンマーヘッド隊形。

あっというまに隊形を変換して次はハンマーヘッド隊形で航過していきます。

4機のT-4でハンマーヘッド隊形を航過飛行する入間基地のシルバーインパルス

ブルーインパルスさながらの機動飛行もステキ。
翼をゆらゆらロックウイング。ギヤダウンしながらの高等技術!
ギアダウンしながら翼をゆらゆらさせたロックウイングで航過するT-4中等練習機

CH-47JAチヌークショー

毎年恒例だったチヌークショーのMCペンタこと今井一尉は那覇基地に移動。

本年度からのナレーションは後任のペヤングオザキことオザキ三尉にバトンタッチ。

「祝空自」と「60周年」のデコレーション貨物(2t×2個)を鉄腕アトム1/12.5の力で軽々と吊り上げる。貨物だけじゃなく救助者・隊員などなんでも運んじゃう剛腕。
CH-47チヌークが「祝空自」と「60周年」のデコレーション貨物を軽々ともちあげる展示飛行

八の字旋回して挨拶。

ここで沖縄県のMCペンタさんからのお便り紹介でチヌークコールの引き継ぎ。

ペヤングオザキのかけ声で、お子様も親御さんも!彼氏も彼女も!航空ファンも献血マニアも!みんなで!

チヌゥゥークチヌゥゥーク

ペヤングオザキの今後のナレーションが楽しみである。
ペヤングオザキのナレーションでCH-47チヌークのショータイム

救難展示

救難展示で百里救難隊の U-125A 救難捜索機と UH-60J 救難ヘリがテイクオフ。

まじは飛行速度が速いU-125A 救難捜索機が遭難者を探します。
救難展示で離陸する百里救難隊のUH-60J(08-4571)とU-125A(12-3018)

UH-60J 救難ヘリコプターが到着!

U-125Aの位置情報から遭難者の救助を開始します。

メディックがラペリングで降下。

軽く飛び降りてるように見えるけど実は結構高い。ビル4、5階の高さからロープ1本で飛びおりてあっという間に着地。腕力だけで降りてる豪腕細マッチョ達なのだ。
救難展示でUH-60J救難ヘリコプターからラペリングで航過する空自のメディック

救難ヘリと救難捜索機はいつでも連係。

UH-60Jが救難活動しているときはU-125Aは周囲を旋回して百里救難隊との無線中継、周辺の天候チェックなどフォローしている。サバイバルキットの投下もU-125Aの仕事だ。
UH-60Jの周囲を旋回してメディックを常にフォローしているU-125A救難捜索機

要救助者、救出!
メディックが救出した要救助者をUH-60Jに収容する

C-1とU-4の展示飛行

入間基地所属の第2輸送航空隊 C-1とU-4が展示飛行。

BGMはGreen Day - Basket Case でノリノリ!

入間基地の名物、C-1の大編隊は気がついたらもうすぐそこに飛んでる。5機のC-1が傘型隊形で進入してくる圧巻の絵。
入間基地所属のC-1が5機の傘型隊形で航空祭の展示飛行を行う

C-1とU-4の異機種編隊

デカいC-1輸送機と小さいU-4が並んでフライバイする異機種編隊能力の違う航空機同士、C-1とU-4の異機種編隊飛行

C-1のファンブレイク

本日の機動飛行の担当は、C-1輸送機がファンブレイク。

翼を60度もバンクさせて横切ると会場が沸き上がる。
翼を60度もバンクさせて会場を横切るC-1輸送機(78-1022)

エシュロン隊形

3機のC-1でエシュロン隊形で航過する迫力のあるフライバイ!

ギアダウンで着陸灯を点灯させてご挨拶。
航空祭の会場にエシュロン隊形でアプローチしてくる3機のC-1輸送機

陸自の空挺降下

陸自空挺降下は強風のため中止。

精鋭無比第1空挺団の男達にとっては、そよ風だけど空挺傘696MIは風任せ的なところもあるから、もしも観客席に降下すると危険だからね。
第一空挺団をのせたC-1輸送機、強風のために空挺航過は中止

ハイスピード・ローパス

またまたやってきたC-1輸送機。
うっぷんを晴らすようにハイスピード・ローパスをぶちかます。
ハイスピード・ローパスをぶちかますC-1(78-1022)

地上展示してるC-130Hの尾翼で隠れるくらい低っくい!
地上展示機の尾翼で隠れるほど低空をローパスするC-1輸送機

からのズーーームアップ!
展示飛行で低空飛行から急上昇したC-1輸送機

人間航空祭

お昼になると入間基地のエプロンが…。

人間航空祭の装い本番!

歩き回れるスペースが無くなって地上展示はもう見れない。
入間基地の航空祭は別名「人間航空祭」ひとだらけでスペースがない

午後のブルーインパルス編に続く。

 

 

Kenko PRO1D プロテクター (W) 77mm レンズ保護用
ケンコー(Kenko)

高級レンズをハードにプロテクト!
以前、Kenkoプロテクターのおかげでレンズ破損を間逃れてからレンズ保護は必須にしてる。