アントノフAn-124、早朝に東京国際空港から新東京国際空港へ轟音テイクオフ!

羽田空港 RJTT

羽田空港に大型輸送機アントノフAn-124 !?

ヴォルガ・ドニエプル航空の輸送機アントノフAn-124-100(RA-82047)が羽田空港に飛来!
情報によると「人工衛星機器の空輸」のようだ。

アントノフAn-124とはウクライナのO・K・アントーノウ記念航空科学技術複合体(ANTK アントーノウ)が開発した大型飛行機で愛称はルスラーン。量産された機体としては世界最大の輸送機だ。
NATOコードネームはコンドルで4発のエンジンをぶら下げた姿がコンドルにみえなくもない!?

軍用ジェット輸送機は水平尾翼が上の方についているT字が多いがアントノフAn-124は普通の旅客機と同じ構造になっている。

8/27 早朝(5:00am頃)に東京国際空港のRWY34Lに着陸したアントノフAn-124は、人工衛星機器を積み込んで本日(8/28)の早朝、羽田空港のRWY05からいい音させながらテクニカルランディングを行うために成田空港にむけて離陸しました。

01-08280458.jpg
(ニュース映像イメージ)

5:00am アントノフいた。
羽田空港、夜明け前。機体の周りに人が集まっていてトーイングカーがスタンバイ。
撮影してる人は、、、。あれ?ぜんぜんいない。もしかして飛ばないの?

5:08 トーイング開始。
トーイングカーが巨大なアントノフAn-124をずりずりとトーイング。

5:25 タキシング
ウクライナのモトール・シーチ社が大型輸送機のために開発したたターボファンエンジン(D-18T)4発の豪快なサウンド!寝ていたくまモンも飛び起きるやかましさ。

アントノフが見えなくなっちゃったから場所を移動するぜ!いそげー。

5:40am
間に合ったー。Cleared for takeoffからやたら飛ばないと思ったらアントノフAn-124には飛ぶ前に儀式があるらしい。
儀式とはエンジンの暖気。管制のコールから5分ほどお待たせしていた。

黒煙を吐きながら力強いテイクオフ。
後輪の数がハンパない。

D滑走路(RWY05)から成田空港に向けて離陸。成田空港でテクニカルランディングを行う。
東京国際(羽田)空港の滑走路(2500m)では、目的地までの燃料を搭載して飛べないので一度、成田国際空港で給油してから目的地まで飛ぶのだ。

今日はツイッターでお気に入りとリツイートしてくれてありがとう。

キヤノン 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
キヤノン

ヒコーキ撮り標準レンズ。
AFや解像度が抜群の無敵レンズ!ちょっと高いけどずーっと使えて満足すること間違いなし。
運動会でもパパがワンランク上の写真が撮れること間違いなし!?

アイコム 広帯域ハンディレシーバー IC-R30
アイコム(ICOM)

待望のデジタル・アナログレシーバー。
爆速スキャンと2波同時受信・同時録音が便利すぎる。エアバンドで大活躍。
聞き取れなかった航空無線も聞き直せるのがめっちゃ便利!
航空無線の上達にも👍

タイトルとURLをコピーしました