ヒコーキのADS-B信号を受信してパソコンをレーダーサイトに!〈ソフトウェア編〉

ADS-Bと航空無線

ADS-Bを受信するためのソフトウェアを揃える

ハードウェア編で必要なモノを揃えたら次はソフトウェアを手に入れよう。すべてフリーソフトで無料で使える。

ヒコーキのADS-B信号を受信してパソコンをレーダーサイトに!〈ハードウェア編〉
ADS-Bを受信するために使っているハードウェアを紹介。アンテナとUSBチューナーを準備して航空機からのADS-B信号を受信しよう。

色々な種類があるけど使っているソフトを紹介しよう。

PiAware

PiAware は Raspberry Pi を ADS-B and MLAT レシーバーにするソフトウェア
ガイドに従ってインストールを進めるだけでセットアップが完了。

PiAware - FlightAwareの仲間になれるADS-B受信機を自作しよう ✈ FlightAware

ブラウザでアクセスすると、きみが信号した航空機を表示する。
フィルタがかかっていて FR24 には映らない米軍機や政府専用機も表示されるぞ。

ModeSDeco2

ModeSDeco はデコードソフト

航空機から送信される ADS-B データを受信した後に解析するソフトウェア。
コマンドラインで実行するだけで ADS-B シグナルを解析してくれる。

設定パラメータ(参考)をバッチファイルにして使っている
modesdeco2.exe --device-index 0 --gain 49.6 --beast 30005 --avrmlat 47805 --web 8081 --location 35.xxxxx:139.xxxxx

ModeSMixer2

MModeSMixer2 はミキシングソフトで複数の ADS-Bデータ を混合できるソフトウェア。

東エリアと西エリアの受信データをミックスしてひとつにまとめるために必須のソフト。
ModeSMixer のおかげで全方位をカバーしてる。

バッチファイルにして使っている

設定パラメータ(参考)をバッチファイルにして使っている。
modesmixer2.exe --inConnect 192.168.10.2:30005 --inConnect 192.168.10.2:30105 --inConnect 192.168.10.3:30005 --inConnect 192.168.10.3:30105 --outServer beast:30105 --outServer msg:30003 --location 35.xxxx:139.xxxx --web 8082 --localtime JST

Virtual Radar Server

バーチャルレーダーは、ADS-Bデータを表示する高機能なプロットソフト。
細かい設定で自分好みにカスタマイズ可能。
Web設定すれば外出先からも同じ画面をスマホで見ることができる。

複数のアンテナ 、PCからのADS-Bデータをまとめて混合、表示できる。
インターネットのADS-Bサーバのデータを取り込むことができる。

New ADS-B/1090MHz受信専用マグネット簡易アンテナVerⅡ
SHAFT CORPORATION

1090MHz受信専用のアンテナ。
約30cmと小さいけど300km先のヒコーキからも受信する有能アンテナだ。

R820T2 & SDR+TCXO(温度補償型水晶発信器±0.5PPM)
SHAFT CORPORATION

ADS-B情報のワンセグチューナー。
水晶発振器を温度補償型(TCXO)に交換したハイクオリティー。
24時間稼働させっぱならコレ。

A3 ADS-B アンテナ(1090MHz)/flightradar24推奨
jetvision.de

ADS-Bを常時受信するユーザー注目の一品、1090MHz 固定アンテナ
簡易アンテナとは受信範囲が桁違いに広くなる

Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット 3ple Decker対応 (Clear)-Physical Computing Lab
Physical Computing Lab

PiAwareをインストール、ADS-Bの受信機として24h連続稼働!
安定したフィードでFRとFAにデータを送りまくっている。