4月1日からはじまる総額表示の義務化、これからどうなる?どうする!?

ライフハック

2021年 4月1日から総額表示の義務化がスタート!

総額表示って一体なんなの?
義務化されると自分たちはどうなる?お店はどうする?を俺調べ

消費者にはあまり関係なさそうですが、事業者にとっては、値札の貼り替えやホームページ、チラシ、DMなど全媒体の値段の書き換えが必要となり結構な負担になりそうな「総額表示の義務化」のどうなる?どうする!?をご報告します。

総額表示の義務化のはじまり

国税庁のお達しで2021年 4月1日からお店のメニューや値札、ホームページなどの商品価格を消費税を含んだ金額(=総額)表示の義務化がはじまります。

義務化とかなんだか偉そうな感じがするけど書いてある価格が支払う価格になるだけ

今は、税抜きや+消費税など書かれていて消費者が支払う総額が表示されていないことが多いですが、総額表示の義務化によってレジで支払ったり、ネットショップのカートに入れる前に支払う総額が分かるようになります。

なぜ、総額表示にするのか?

総額表示を義務化するのは「消費者の利便性を図るため」というのが理由のようです。

支払う金額が変わらないのにどっちでもよくね?と思うけど…。

総額表示のメリットを考えてみると

  • チラシを見比べて最安値の比較が簡単になる?
  • レジの支払いで消費税が残高不足してご迷惑をかけることが少なくなる?
  • 割り勘の計算が楽になる?

どのメリットもハテナ。それなのになぜ、わざわざ義務化?

なんだか、総額表示することで消費者が消費税を取られるという意識を希薄にさせる意図が見え隠れ。レジで支払うときに価格に消費税がプラスされて消費税高っ!と感じたり、レシートで消費税の金額を見てなんだが苛つきます。そんな感覚をなくそうとしてるんじゃね!? と、うがった見方をしちゃう。

で、今の価格表示はどうなっているのか?

今の金額表示は、お店によって本体価格+税、+消費税、税抜、税込など表現の仕方もそれぞれ。
例えば、本体価格1,000円の商品だと。

  • ¥1,000 +消費税
  • ¥1,000(税抜)
  • ¥1,000(税込¥1,100)
  • 1,000円(+税)
  • 1,100円
  • 1,100円(税込)
  • 1,100円(内税100円)

どの書き方でもお客さんが支払う金額はぜーんぶ同じ1,100円。
税うんぬんと書いてあるのでどの表示でもOKです、2021年3月31日までは。

その他には、レストランのメニューでよく見かける「当店の価格はすべて税抜き表示です。」とテプラで貼っているケース。これも税抜きが分かるようになっているのでOKです、2021年3月31日までは。


このようにいろいろな価格表示が混在している理由は、総額表示義務の特例措置があるから。
消費税があがるたびに事業者が値札を貼り返る手間とコストを鑑みて値段を見間違えしないよう(誤認防止措置)をしてあれば 特例として価格表示は自由になっています。2021年3月31日までは。

スーパー業界の価格表示!?

やっぱり、支払う金額が変わらないのにどっちでもよくね?と思うけど

偽りなしの価格表示だけど、消費者(オレ)は、数字が安いい方が安く見ちゃうというベタな視覚効果に惑わされてしまいます。

カカクヤスク 85円キャンペーン
カカクヤスク 81円(税抜)キャンペーン

どちらのほうが値ごろ感があるように見えますか?
価格は同じと理解してますが、 81円(税抜)キャンペーン の方が心理的にお得そうに見えちゃう。

このお得に見える効果を使っているのが、イオンや西友、サミットなどのスーパー業界。
どのスーパーも税抜き価格にしている理由のひとつであり消費者が、買ってみたらそんなに得じゃなかった理由です。

やはり消費者としては、払う金額がはっきりわかる総額表示でスーパーのチラシで最安値を査定がウエルカム。

無理!無理!ぜんぶ貼り替えるなんで絶対無理!品数いくつあると思ってんだよー!と大反対。
といっても総額表示の義務化が決まったのは7年も前から決まっていたのだ(知らんかったけど)。準備期間としては十分すぎる。

総額表示は、こんな感じでデザイン

総額表示の義務化といっても難しいことはなくてお客さんが支払う金額をちゃんと書くだけ。
支払う総額の ¥1,100 としっかり書いてあります。

だけど、やっぱりわかりやすいのはシンプルに価格だけ。
スペースも取らないしデザインがシュッとします。これが次世代のプライス札

¥1,100 と表示すればいいどんな価格表示でもOKです。本体価格の¥1,000を先に書いても問題ありません。が!下段の書き方はグレーです。(税込¥1,000)を小さく表示すると不当景品類及び不当表示防止法(消費者庁)に抵触する恐れがあります。

総額表示じゃなくてもいいケース

繊維業界団体は戦略的。「本体価格+税」の値札でもなんとか…と拝み倒した結果、総額表示をしていなくても許容される方法が認められました。その方法とは、

一目で税込価格がわかるようにすること

なんだかフワッとしていますが消費者に「税込価格」が伝わることが必須。

税込価格をわかりやすくした商品
微妙な表現ですが、お客さんに税込み価格が伝われば、全商品タグの貼り替えやラベルの上貼りなどのしなくてもよくなりました。

・税抜 → 税込の価格が対比できる価格表の掲示や配布
・POPで税込み価格を表示
・棚のプライス札を税込み価格

今まではやすさを安さを強調するために 全品1,000円 (税抜) 」のように騙し的な価格表示もありましたが義務化されると一目で税込価格がわからない価格表示は淘汰されていくことでしょう。

非接客販売での商品
ネット通販やテレビ通販番組で送る商品の値札は、本体価格10,000円+税の値札のままでいいです。11,000円で購入した商品に10,000円+税の値札でも問題ありません。

ただし宣伝するときに「お値段、なんと1,1000エーン!」と税込み価格で表示することが鉄則です。お客さんが購入を決定する媒体が総額表示されていればいいんです。

これいくら?
飲食店で働いているあなたがお客さんから「これはおいくら?」と聞かれたときは1,000円(本体価格)で応えてもOKです。ただしメニューは総額の 1,100円で書いてある必要があります。

目で見える価格は総額で表示、電話など口頭で応えるは本体価格でいいそうです。

10,000円均一はどうなる!?

消費者の心をくすぐるワード「均一セール」
この均一セールは微妙な判定で財務省は、セールのネーミングだから総額表示の対象外と考えているようです。あくまでもお客さんに誤解を与えてしまう価格表記はしていないことが前提です。財務省はOKで、消費者庁が不当表示防止法でダメ出しをするかも知れません。

どこかに消費税は別と表示しておくのがよさそう。50%オフなどのセールPOPも同様です。

総額表示をしていないお店の罰則・罰金・違反はあるのか?

結論としては、ない。

総額表示をしていなくても今のところ、なんのお咎めもないようです。国税庁によると

総額表示が義務付けられるのは、あらかじめ取引価格を表示している場合であり、価格表示がされていない場合にまで価格表示を強制するものではありません。

と微妙な文言。
あらかじめ取引価格を表示している場合の解釈によっては総額表示をしなくてもよさそう。

じゃ、別に今のままでいっか!と思いがちですが、できるだけやっておくのがよさそうです。
総額表示は、まだあまり話題になっていなくて消費者に浸透していませんが4月になって

表示価格=総額の意識が高くなってくると、お店のメニューを見て注文したのに会計のときに+税とわかると
今までは「消費税たけーんだよ!」と政府に憤りを感じていたけど、4月からは「この店、ボッタクリじゃん!」と思われなくもありません。

「あー、この店ちゃんとしてねーな。」とよくないレッテルを貼られる前に、総額表示の値札を貼りたい。

罰則がないからって錯覚させるように小さく税抜と書くようなセコいことはもう終わり。
スバリ総額表示で、お客さんにわかりやすく頼んだぞ!

消費者としての総額表示

買う側としては、今まで通りで意識しなくて良さそうな総額表示だけど購入するときは一応、価格を気にしたい。総額表示だと思ってたら実は税抜き表示ということもありそう。

義務なので従わなくても罰則や罰金がないのが実状。
詐欺的なケースもありえるのでポチッと購入前には、総額のチェックをしておきたい。

調査報告まとめ

  • お店は、商品の総額を表示する義務がある。
  • お客さんは、いくら払うかパッと見でわかるだけ。
  • どの媒体も総額表示(店頭、ホームページ、チラシ、DM)
  • 税抜価格が書いてあっても可(税込み価格も書いてあること)
  • 義務だけど、罰則・罰金・違反などの制裁はなし
  • 俺調べ、間違ってたらすまん。

 

タイトルとURLをコピーしました