URの都市住宅技術研究所が特別公開 団地の研究所を見学してきた

URの都市住宅技術研究所が特別公開 団地の研究所を見学してきた

UR都市機構 団地の研究所の特別公開

東京都八王子にあるUR都市機構都市住宅技術研究所の特別公開。
住宅に関するさまざまなことを研究している研究所を調査してきた。

目印の都市住宅技術研究所は超高層住宅実験タワー(108m)が目立つので迷いません。(※2017年解体)

公開されてた6つの施設を見学します。

風洞実験棟

風洞とは都市のモデルに風を当てて高層ビルを建設すると風の環境がどのように変化するのか実験する設備。

今日のモデル都市は東武線上福岡駅の開発地域。
風は吹いてくる方向は一定で円形の東武線上福岡駅を回転させる仕組みにすることで16方向からの風の状態を計測できる。
URの都市住宅技術研究所の都市モデル実験

実際に風を巻き起こしているのがこの送風機。
自然風を模擬るために静翼をつけたり風の曲がり角をスムーズにしたりハニカムメッシュで気流を整えた本物志向となっている。

最近ではビル風を押さえ込むための実験だけでなく風の通り道を作ってヒートアイランドを抑制しようといった試みもしているそうだ。

風洞実験棟ではUR都市機構のスタッフさんがとっても詳しく説明してくれてたのでよーく理解できた。
URの都市住宅技術研究所の風洞実験棟

住宅歴史館

是非とも見たかった集合住宅歴史館。
解体や取壊しで年々、姿を消している昭和30年代の公団住宅や同潤会アパートの住戸が保存・移築して展示公開している。

URの都市住宅技術研究所の集合住宅歴史館

写真は同潤会 代官山アパートの独身住戸。
通風窓や灯り取りなどは昭和初期とは思えないほどモダンなデザイン。
同潤会 代官山アパートの独身住戸

前川国男が設計した晴海団地高層アパートの案内図
晴海団地高層アパートの案内図

晴海団地高層アパートに設置された公団住宅初のエレベーターも保存されてる。
スキップフロア型エレベーターで停止階が1・3・6・9だけの不思議なボタン。
晴海団地高層アパートのエレベータ

昭和家電も展示されている。l冷蔵庫と洗濯機?

昭和家電の展示

趣のあるカラーテレビと扇風機
昭和のカラーテレビと扇風機

昭和の団地の風景

移築されていると晴海団地高層アパートの円形おしゃれ階段。
晴海団地高層アパートは独特の設計で2階から1階にいくには一度、3階に登らないとだった。そこで専用のおしゃれ階段が作られた。
晴海団地高層アパートの円形おしゃれ階段

その他にも多摩平団地のテラスハウスや蓮根団地もあって団地ごとの変化を見比べると楽しい。
パネルや模型を使った詳細な説明書きもあるので見ごたえがありました。

東鳩ヶ谷団地案内図

URの都市住宅技術研究所の鳩ヶ谷団地案内図

超高層住宅実験タワー

一般公開で残念だったのがシンボルタワーでもある超高層住宅実験タワー。
ちょっと登れるのかも?と思っていただけに排水実験が地味すぎて…。ギャラリーも盛り上がりにかけていた。
URの都市住宅技術研究所の超高層住宅実験タワー

見学まとめ

アンケートに答えると超高層住宅実験タワー手ぬぐいをもらった。うれしい!
あとはちょっとした写真集の豪華な冊子が2冊。

  • 全国団地景観サミット2009 団地作品集
  • 団地が育てた風景

無料でくれるの?というくらいの立派な冊子ご本で団地好きなら手にしておきたい。
UR都市機構の都市住宅技術研究所の判りやすいガイドもあった。

都市住宅技術研究所を見学するには?

都市住宅技術研究所ではどうやら毎年この時期に特別公開をしているようです。それどころか申し込めば見学できました。

住宅という地味な見学会は人気ないだろうと軽く見てましたがなかなか人気がありました。
来場者層は若者(大学生)率がダントツに高くて約6割。子ども率は超低くて団地マニアはいない、おとなの社会見学でした。

UR都市機構 都市住宅技術研究所
東京都八王子市石川町2683-3
特別公開(毎年実施)

以上で調査報告を終わります。

 

日本懐かし団地大全
辰巳出版

すでにない憧れの名団地や今も輝く名団地、失われつつある「昭和」の風景。懐かし団地の大全集。
団地の給水塔大図鑑
シカク出版

団地のシンボル給水塔。給水塔の世界はこんなにも華やか「団地にある給水塔」だけを400基超収録した史上初のデータベース。色も形も個性豊かに、団地の暮らしを支える塔たちの美しい姿をご覧ください!

// //