エクセルのド定番操作「フォント色」をショートカットキーで色替えするには?

エクセル Excel

今回、紹介するおしゃれエクセルは、

フォントと塗りつぶしの色をショートカットで色替え。

操作することが多いのになぜか標準でショートカットがないエクセルの色変えのショートカットキーをマクロで作ってみます。

フォント色と塗りつぶしの色をショートカットで色替え

エクセルでよくする操作が「フォント色」と「塗りつぶしの色」です。
カッコよく装飾したり目立たせるためにエクセルを使っている誰もが毎日、何度も何度も何度も操作していると言っても過言ではありません。

どのように色変えをしているかというときっとマウスで操作。
キーボードからマウスに持ち替えて色を変えたら、またキーボードで打ち始める…。ぐぬぬぬ

色を変えるだけなのにもっと手早くできないのか?

速度重視のショーカット派は、色替えを簡単にするショートカットキーを探したはずです。
出てきた答えは、ALT → H → H → カーソルで選ぶという絶望的なキーコンビネーションが必要なことを知ってマウス操作に甘んじています。

キーボードで何とかしたい!

エクセルで色を変えるときのオペレーション

まずはいつも、エクセルで色を変えるときのオペレーションのステップはどうでしょうか?

  1. キーボードからマウスに持ち替える
  2. フォント( or 塗りつぶし)の色をクリック
  3. テーマの色を選ぶ
  4. キーボードに戻る

秒もかからないオペレーションですが4つもステップも必要です。
もしキーボードから手を放すことなく1ステップで色替えできれば楽なのに…。

そんなあなたに「フォント色」と「塗りつぶしの色」を瞬時に変更できるマクロを紹介します。

いきなり結果発表!こんなことができるだけ

ショートカットキーで文字とセルの色を変えるだけでも地味に便利になります!
押すたびに選択しているセルの文字色と背景色をぐるぐると変更します。複数セルの選択もOKです。

実際の動作を YouTube で1分弱の動画にしました。

エクセルのド定番操作「フォント色」と「塗りつぶしの色」をショートカットで即、色替え

色替えマクロの仕様

文字やセルの色替えをするだけなら「マクロの記録」を使うことで簡単に自動化処理を作ることができます。色を変更する作業を記録するだけで1ステップで色替えできるマクロの出来上がりです。実行すれば色替えができるようになります。が!まったく実用的ではありません。

なぜなら、記録したマクロを動かす操作よりマウスで色替えしたほうが簡単で早いからです。

そこでマウスよりも早くて便利なショートカットになる色替え動作を考えてみました。

①文字色を赤  ②背景色を赤   ③文字色を黒(元に戻る)  ①文字色を赤…

っとマクロを実行するたびにぐるぐると色替えを繰り返すショートカットにしてみます。

マクロの起動は、待望のショートカットキーにするのが断然、便利!標準のショートカットーキーのような使い勝手を目指します。

直感的に使いこなせるショートカットキーの割当て

どのキーでもいいんじゃん?と思いがちですがキーの割り当ては重要なポイントです。どんなに良い機能でも「どうだったっけ?」と操作に悩むならマウスで色替えした方が早くなってしまいます。

操作に悩まないで直感的に使いこなせる方法として、赤ならR(=Red)青ならB(=Blue)とカラーの頭文字をショートカットに割当てるとしっくりきます。偶然なことに多くのカラーを重複することなく割り当てるられる有効な手段です。

ショートカットで色替するマクロの例(赤色)

赤色用のマクロコードを紹介します。

Sub 赤色()
    On Error Resume Next

    If Selection.Font.ColorIndex <> 3 And Selection.Interior.ColorIndex = xlNone Then
    Selection.Font.ColorIndex = 3
    Selection.Interior.ColorIndex = xlNone

    ElseIf Selection.Font.ColorIndex = 3 Then
    Selection.Font.ColorIndex = 1
    Selection.Interior.ColorIndex = 3
    
    ElseIf Selection.Interior.ColorIndex = 3 Then
    Selection.Interior.ColorIndex = xlNone
    Selection.Font.ColorIndex = 0

    ElseIf Selection.Font.ColorIndex <> 3 Or Selection.Interior.ColorIndex <> 3 Then
    Selection.Interior.ColorIndex = xlNone
    Selection.Font.ColorIndex = 0

    End If

End Sub

カスタマイズのポイント

マクロのコードにある「3」という数字がポイントです。
この数字は色指定のコードで赤(=3)を示しています。黒(=0)です。
数字を変えることで自由に好きな色に替えることができます。

たとえば、ブルーの色替えを追加するには、丸ごとコピペしてマクロの名前を、Sub 赤色()→Sub 青色()にします。あとは、3を5に替えば青色のマクロのできあがりです。よく使用するカラーのコードを追加して自由にカスタマイズしてみてください。

こちらのサイトで色コードをまとめてくれています。

ショートカットの定義

自分の場合、キーコンビネーションは SHIFT + Ctrl + としています。Ctrl+〇 や ALT+〇 はすでにエクセルで使われているので使うことができません。そこで個人で追加したマクロのショートカットは Ctrl+Shift+〇 としてコンビネーションを統一しておくと新しいマクロが増えたときもすぐに馴染めます。〇は自由に決めることができます。

覚えやすい定義の例
色の頭文字にすると覚えやすいです。また、数字にしても使いやすいです。
SHIFT + Ctrl + R レッド
SHIFT + Ctrl + G グリーン
SHIFT + Ctrl + B ブルー
SHIFT + Ctrl + C シアン
SHIFT + Ctrl + Y イエロー
SHIFT + Ctrl + K クロ

ショートカットキーを割付るコード
フォントと背景色を切り替えるショートカットキーをマクロに登録します。
エクセルブックを開いたときに自動的に登録されるようにWorkbook_Openに記述すると便利です。

Private Sub Workbook_Open()
Application.OnKey "+^{R}", "赤色"
Application.OnKey "+^{G}", "緑色"
Application.OnKey "+^{B}", "青色"
…
End Sub

あなたに使いやすくなるポイント

分かりやすく、使いやすくと言ってきましたがこれは私の使いやすさ。
あなたには使いにくいかもしれません。そんな時はショートカットの割当てをあなた好みにカスタマイズしましょう。数字にしたり Shift + ALT にしたりとあなただけのおしゃれエクセルに仕上げてください。

え!?マクロ無理!というあなたへ

技術はお金で買う!そんなあなたにはそのまま使うことができるエクセルブックをご用意しています。ツイッター DMでご連絡ください。コーヒー1杯、Amazonギフト券  でご馳走してください。

 

エクセルのちょっとした日常業務ををマクロで快適にする「おしゃれエクセル」のラインナップ
ビジネスパーソン必修のアプリ「エクセル」会社で見積もりや勤怠など日々の仕事に使ってるだけじゃもったいない。エクセルを使えば、こんなおしゃれなことができるよ!を紹介します。

 

Amazonギフト券 Eメールタイプ - Amazonベーシック
Amazonギフト券

ちょっとしたお礼やお祝いに便利なアマゾンギフト券。個人情報を守って贈ることもできるので安心。Eメールタイプだと15円から手軽に贈れます。

Microsoft Excel 2019 オンラインコード版Win10/mac対応
マイクロソフト

MacとWinで両方使える2ライセンス。買取タイプでずっと使えます。
WinのファイルをMacのエクセルでも使えてとても便利。
Win10とMacでブックを共用できてデータ管理が楽々。マクロがめちゃ便利!

おしゃれエクセル

エクセルのマクロを使って全角半角に変換したり、フォント色のショートカットを作ってみたりちょっと便利になることをしてます。興味のあるひとは、マクロを使ったおしゃれエクセルのラインナップ をご覧にください。

タイトルとURLをコピーしました