オールブラックスの壮麗なハカ!屈強な背中には可愛いフォント

デザインとフォント

オールブラックスの背番号の数字が可愛い

日本で開催中のラビグーワールドカップ2019日本大会
連日、メディアに取り上げられて日本中が熱盛ってる💪
オレも例外ではなく…。開幕戦でブルーインパルスが東京スタジアムで祝賀飛行をしてからすっかりニワカなラグビーファンに🏉。各国チームが熱盛ってる中、比類なき強さを見せているのが

ニュージーランド代表「ALL BLACKS」

以前から名前は知っていてニュージーランド航空のB787(ZK-NZE)「オールブラックス特別塗装機」でもお馴染み。今日は、そんなオールブラックスの調査報告を提出する。
オールブラックスと言えば、試合前の儀式ハカが有名。
もともとは士気を高め相手チームを威嚇するためのウォー・クライだったけど
今では、対戦相手へ敬意と尊敬も込められているようだ。威嚇にしか見えないけど!

オールブラックスが試合前に披露するハカは「カ・マテ」と「カパ・オ・パンゴ」の2パターンがある。

Ka mate

カ・マテは伝統的なハカ。どこか聞き覚えのある…?
そう、昭和の企業戦士なら聞いたことのあるグロンサンDXのCM「ガンバって、ガンバって、仕ー事ッ!」のアレである。

 

Kapa o Pango

一方のカパ・オ・パンゴは新しくオールブラックスのために作られたハカ。
ここ一番で鼓舞される特別なハカで先日の南アフリカ戦でも披露された。
オールブラックスとってライバルとの重要な一戦だったのだ。

ハカを先導するリードはマオリ族の血筋を引く選手が行うのが伝統的。
リードを務めているのは、先住民族マオリの血を引いているスクラムハーフのTJ・ペレナラ選手
ハカはただのパフォーマンスじゃなくてマオリ族の伝統や歴史の象徴であり文化。冠婚葬祭でも舞われる壮麗な踊りなのだ。

ウォー・クライは、オールブラックスだけじゃない。
トンガ代表のシピタウ、サモア代表のシヴァタウ、フィジー代表のシビと太平洋諸国ではそれぞれの試合前の儀式がある。
日本代表と戦うサモア代表のシヴァタウに注目だ。


力強いオールブラックスの後ろ姿はなんともカワイイ背番号!?
オールブラックなユニフォームに白で控えめなフォント。
このコントラストで漢たちの屈強さがさらに際立ってみえる。

3と5が特徴的なフォントでいろいろ探してたけど同じフォントが見つからない。
いっそのこと作ったほうが早そう!?
数字フォントだけ黒字に白でオールブラックス感のカッコカワイイの出来た💮

スタンドオフやフルバックの2桁の背番号は、カーニングで文字間を詰め詰めにすればラグビー🏉感がマシマシになってそれっぽくなる。

公式サイトで使われている文字(NZ Rugby Chisel)もヘビーで疾走感があっていい感じのフォント。このフォントでブルーインパルスとタイプすると… 力強くいつもと違った雰囲気に!?

オールブラックスのCM動画も色々とあって見ると楽しい🤩

三井不動産
三井ショッピングパーク ららぽーと柏の葉ALL BLACKSがニュージーランドからラグビーボール🏉を柏に向けてバンバン蹴りこむ。来年そっち行くぞ!のメッセージがこもったコンバージョン・キック。
柏の葉 × ALL BLACKS 「Message Ball」

 

AIG損保
分厚い胸板に書いてあるAIGのレターはAIG保険。AIG保険はニュージーランドラグビー協会のスポンサーをしている。
オールブラックスが日本の交通ルールを体を張って教えてくれる動画。
いよいよ開幕!! - ALL BLACKSが日本の道路で超絶アクション!?
How NOT to Drive in Japan


その他にもAIG損保のYouTubeにたくさん出演しているので見てみて。

 

 

2019ワールドカップニュージーランドオールブラックスホームフットボールジャージ、競技スポーツトレーニングラグビー、男性と女性の両方

 

2019 ラグビーW杯 ニュージーランド オールブラックス ジャージ

  • 出版社/メーカー: QEE29-ZS
  • メディア: ホーム&キッチン

 

オールブラックス 2020年 カレンダー CL-570 壁掛け B2 ALL BLACKS ラグビー

オールブラックス 2020年 カレンダー 壁掛け ALL BLACKS ラグビー

  • 出版社/メーカー: トライエックス
  • メディア: オフィス用品