満月のお月様がそこそこうまく撮れる方法、素早いシャッタースピードで

カメラとフォト

満月は素早いシャッタースピードで撮ってみよう

夜空を見上げてみるとお月様がキレイ。

デジカメで撮ってみるとイマイチうまく撮れない…。
そんなキミにそれなりにキレイな月を撮影する方法。
設定変えてパシャって撮るだけでお月様がそこそこうまく撮りたいひとへ撮影ポイントをレクチャーしよう。

Pモードで撮影

オートで撮ると下の写真みたいな感じになっちゃう。真っ白けで見ている月と全然違う。
撮影設定は 1/320 F5.6 ISO5000、これがカメラが考え出した設定

マニュアルモードで設定

設定を1/500 F8 ISO400にしてパシャ。

どう?そこそこキレイだよね?
満月をそこそこうまく撮れる設定 1/500 F8 ISO400で撮った結果になる。
マニュアルモードでこの設定にして撮るだけでお月様がそこそこキレイに撮れる。三脚は不要の手持ちで撮影。レクチャーは以上だ。

お月様の撮り方のコツ

これだけだとあんまりなのでもうちょっと付け加えると。

撮り方もコツはF8とISOは固定してシャッタースピードを変えて何枚か撮っていい感じの明るさを選ぶ。
満月だと1/500とかでいいけど三日月だとシャッター速度を遅く(1/500→1/10)しないと真っ暗になってしまう。シャッター速度が遅くなると手ぶれるからISOをいい感じであげていって。(ISO400→ ISO1600とか)

撮影したのはデジタル一眼だけどコンパクトデジカメでもおなじ。
お月様撮影のポイントは『シャッター速度を速くするといい感じで撮れる』ってことだ。

あと重要なポイントとしては、撮った写真はトリミングしてる。
フルサイズの300mm撮影するとホントはこのくらいの大きさの写真。ちっちゃいだろ?

これをぐぐぐっとトリミングする。
トリミングするからデカいサイズ(L)で撮った方がいい。

Lightroomで補正してみる

撮ったあとにLightroomで派手めに補正してみた。
ホワイトバランスをいじると簡単に色彩イメージが変わって面白くなる。シャープネスをかけるとよりリアルな衛星風になるぞ。

デジカメで撮ってそのままがいい感じならそれでもいいけど撮った後にちょいちょい補正するのがいまどきのデジタル写真だ。気に入った補正で写真を楽しんでほしい。

タトゥイーンっぽくもLighroomならお手軽にできる。

満月の日は是非、お月様を撮ってみてくれ。
Lightroomは撮った後の写真の管理から補正までひとつでこなす頼もしい写真編集ソフト。キーワードやメタデータで管理できるのが便利すぎる。おすすめだぞ。

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) with 1TB|12か月版|Windows/Mac対応|オンラインコード版

MacとWinでPhotoshopとLightroomが使えるプラン。
写真管理がとても楽になるので写真を撮りまく飛行機スポッターにオススメ!補正も
Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) with 1TB オンラインコード版

/div>