iMovieのファイルをファイナルカットプロで読み込む方法。FCPXへ動画ファイルを丸っとコピーできた

Final Cut Pro X

iMovie のムービーをファイナルカット プロで使う方法

iMovie から Final Cut Pro X へステップアップを目指して体験版でスキルアップ中。似てるようで違っているファイナルカットプロの使い方をブログにメモしておく。

まず、ファイナルカットプロで動画編集するために今まで撮影して iMovie に取り込んだムービーの数々を Final Cut Pro に取り込むことから始めたいけどいきなり難題。 iMovie に取り込んだムービーファイルをFinal Cut Pro から読み込む方法を探していたけど見つからない。いろいろと調べた結果 iMovie から操作が必要だった。

iMovie から Final Cut  に送信するとファイナルカットプロに iMovie ライブラリが作成されてあっけなくムービーを使えるようになった。ちょっと分かりにくかったので iMovie のファイルをファイナルカットプロで読み込む方法をメモ。

Final Cut Pro に送信 とは?

iMovie のデータ(動画)をファイナルカット プロのライブラリに送る操作を Final Cut  Pro に送信 といって iMovie で行う。ファイナルカットプロを購入して、もう iMovie は使わなくなってもアンインストールはちょっと待って!必要なデータを送信してからアンインストールしよう。

Final Cut Pro をインストールすると iMovie の[ ファイル ]に Final Cut Pro に送信が追加されている。このメニューからライブラリ、ムービー、イベントを Final Cut Pro に送信するとファイナルカットプロにライブラリが追加されて使えるようになる。

iMovie から Final Cut Pro に送信する方法

ちゃんと選んでいないと iMovie の Final Cut Pro に送信がグレーアウトして操作できない。ファイナルカットプロに送信したいデータによって iMovie の選択が変わるので使い分けよう。

丸ごと送りたい

iMovie ライブラリを選択すると、ファイル <  “iMovie ライブラリ”を Final Cut Pro に送信 を選択できるようになります。

ライブラリから iMovieライブラリを選択

   Final Cut Pro に送信する。

ムービーとクリップを送りたい

iMovie で制作したムービーとクリップをファイナルカットプロで使いたいときは、プロジェクトメディアからプロジェクトを選んでファイル < イベントを Final Cut Pro に送信をします。

テロップやトランジションを含めたムービーとクリップがファイナルカットプロに送信されます。

クリップを送りたい(俺のオススメ)

iMovie ライブラリの中で送りたいイベントを選択してファイル < イベントを Final Cut Pro に送信をします。ファイナルカットプロでは今まで撮影した動画ファイルが必要な(ムービーはいらない)のでこの方法でバンバンとクリップを FCPX に送信した。

選択した C-17A のイベントの中にあるクリップが全てファイナルカットプロの iMovie ライブラリの中に送信される。

Final Cut Pro へ送信で気にしたいこと

Final Cut Pro へ送信ではデータがコピーされる。
つまり、iMovie のデータは残ったままになるので容量が倍になる。もう iMovie では不要だったり、ハードディスクの容量をが少ないときは FCP にちゃんと送信されたことを確認したら iMovie ライブラリは削除しておこう。FCP から iMovie に送信することはできないので消してもいいか確認して。

「パッケージの内容を表示」で簡単コピー

Final Cut Pro へ送信よりも簡単な方法として iMovie ライブラリのパッケージをこじ開けてコピーする方法もある。

ムービーフォルダを開いて、iMovie ライブラリを右クリックで「パッケージの内容を表示」選ぶ。

ライブラリのフォルダが表示されるので、コピーしたいライブラリ内の Original Media フォルダを開くと Movファイルが詰まっているのファイナルカットプロで読み込めばいい。

Final Cut Pro に送信だと一括で送信されるけどこの方法なら必要なファイルをクリップだけを選んでコピーして取り込める。今のとこ特に問題はないけど正式なワークフローじゃないから何か問題があるのかも!?