空自の航空機が勢ぞろい。迫力のビッグフライト! 岐阜基地航空祭2018(後編)

岐阜基地 RJNG

迫力のビッグフライト! 岐阜基地航空祭2018 (後編)

岐阜基地航空祭2018前編からの続き。

11:20am
ブルーインパルス、ミッションスタート

今日も単機ずつでのテイクオフ
いつもと違うアングルで2番機が迫ってきた!

5番機は、ローアングル・キューバン・テイクオフ。
向こうに1〜4番機が飛んでる。

今日はバッチリ!
青空を突き抜けるバーティカル・クライム・ロール

ハートに矢が刺さったバーティカル・キューピッド

スタークロス。
スモークの航跡がずっとそのまま。

ブルーインパルスの展示飛行が終わると観客が一斉に帰り始める。やっぱりブルーインパルス目当てのひとが多いようだ。

1:45pm
飛行開発実験団 編隊飛行
お昼から待つこと1時間45分。岐阜基地の目玉フライト、異機種大編隊のはじまりだ。

フライトリーダーはC-1FTB 試作1号。

離陸するとすぐさまダイナミック・ターン!

T-4のフォーメーション・テイクオフ

F-4EJファントムのフォーメーション・テイクオフ

そして目の前でタック・デパーチャー!カッコイイ!!!

F-2コンビのタック・デパーチャーは、ずっと手前だった。
どの位置にいても、どれかのTACデパーチャーを見れるようにしてくれてるのかも!?

まそたんコンビも見せ場を作る。

異機種大編隊のフォーメーション待ち時間も暇じゃない。
T-4の鋭いツッコミのシャッターチャンス。

今年の異機種大編隊は次の2パターン

大編隊が終わると全機オーバーヘッドアプローチで着陸していく。

F-15とF-2の異機種編隊のオーバーヘッドアプローチ。シビれる。

F-4EJは、ドラッグシュートを開傘して着陸。
運用期間が後わずかになってきたF-4ファントムは見れるうちにたくさん見て撮っておきたい。

2:50pm
帰投する機体と時間のアナウンスがあってブルーインパルスが松島基地に帰投していった。

ブルーインパルスを支援するC-1がドルフィンキーパーたちをお迎えにきた。

AH-1SとUH-1が帰投。

戦車も。

帰り道は機動飛行、大編隊と楽しませてくれた機体たちを撮影しながら。
いろんな機種があるので大満足。


今年、話題になっている第302飛行隊のオジロワシ
機体の前でパッチコレクションをご披露。
さすが歴戦の強者!素晴らしいコレクションである。

例年に比べるとちょっと物足りなかった気がしたけど空自の航空機を一同に見れて大満足な航空祭だった。

アイコム 広帯域ハンディレシーバー IC-R30
アイコム(ICOM)

爆速スキャンと2波同時受信・同時録音が便利すぎる。エアバンドで大活躍
聞き取れなかった航空無線も聞き直せるのがめっちゃ便利!
航空無線の上達にも👍

Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II
キヤノン

圧倒的なAFと驚異的なISで抜群の描写力。
誰でもカッコイイ写真が撮れちゃう!
ちょっと高級だけど奮発して購入する価値あるレンズ。

Kenko 77mm レンズフィルター PRO1D プロテクター レンズ保護用
ケンコー(Kenko)

高級レンズを埃や砂塵から守ってくれる。ときに落下さちゃってもハードにプロテクト!
以前、Kenkoプロテクターのおかげでレンズ破損を間逃れてからレンズ保護は必須にしてる。