小名浜の悲劇!悪天候でブライトリング・ジェットチームは見れなかった

小名浜の悲劇、ブライトリング・ジェットチームがノーフライト

朝はこんなに天気がよくブライトリングのフラッグも青空にたなびいていたのだが、、。
20130512-01.jpg
10:00am
霧がでてきて天候が悪化。ブライトリング・ジェットチームがディスプレイできる様子ではなくなった。多くのギャラリーも海っぺりで天気の回復まつ。

10:30am
エアショーチーム「Team deepblues」のメインパイロット、福島県福島市在住の室屋義秀氏がフライト。雲が厚すぎて飛来音がちょっと聴こえただけでまったく見えない。天候不良によりそのままフライトは中止になってしまった。

0:00am
海っぺりの冷たい風に心底冷えてくるし、腹も減ってくるでポツポツとギャラリーが帰っていく。

1:40pm
室屋義秀氏が再度、フライト
今度は、福島空港を飛び立ったブライトリング塗装のEXTRA300Sがスモークを噴き派手に登場。
20130512-04.jpg
海面近くを滑空したり。
20130512-02.jpg
急上昇してみたり
20130512-03.jpg
キレのある軽快な飛行で寒い中、ひたすら待ち続けたギャラリーを沸かせる。
20130512-05.jpg
最後は翼を振って挨拶。アクアマリンふくしまの向こうに飛び去っていった。
20130512-06.jpg
ウェザーチェックをかねてのフライトの結論、ジェットチームのフライトは不可能と判断。
ブライトリング・ジェットチームは天気の回復を最後まで待ってくれたけど残念ながらディスプレイを見ることはできなかった。