アイコム IC-R6、航空無線の周波数メモリをカスタマイズして分かりやすく

ADS-Bと航空無線

IC-R6のバンクをカスタマイズ

航空無線を聞くときはバンクスキャン。
A~Zのバンクに空港ごとに登録してある周波数をクルクルとスキャンさせるのがセオリー。

AはBは成田空港、Cは羽田空港といった感じで周波数が初めから登録してあるのでそこの空港バンクをスキャンするだけで受信できる。
デフォルトだと必要なさそうな空港もあるし必要な空港がなかったりする。鉄道・高速道路・バスなどオレたちにいらんバンクもいくつも登録されている。

エアーバンドスペシャル」だと初めからすべてのバンクが全国の空港、基地で登録されている航空無線のスペシャル仕様になっている。

IC-R6のメモリ登録

オリジナルのメモリやエアバンドスペシャルでも不要なバンクと周波数が結構ある。メモリーバンクを整理してキミが使いやすいバンクにカスタマイズしよう。

ここで面倒なのがIC-R6のウィークポイントのひとつ「メモリ登録」
IC-R6はテンキーがないのでダイヤルをぐりぐりと回してメモリを登録しなきゃなのでめちゃ時間がかかる。いくつも周波数があるとかなり手間!

そこで、ちょっとお高めのソフトウェア(iCOM CS-R6)とクローニングケーブル(OPC-478UC)を購入。

クローンソフトCS-R6を使ってみると超絶に楽!そして早い!

あっという間にメモリ登録できるようになった。
クローンソフトCS-R6は、エクセル風のソフトで周波数、名称などを編集できるしファイル保存も簡単。高いけどチマチマと長い時間をかけて登録してた時間がすごい短縮できるので写真を見たり撮影ポイントを探したりできるぞ。

あなた流のバンクにカスタマイズしよう

メモリ管理が簡単になったら使いやすいようにバンクを登録だ。
空港レター(RJTTとかRJAA)にあわせたり、地方空港を登録しまくったりと自由にしてできる。
オレ流のバンク管理は、リモートに行く前にばっさり書き変え。

固定バンク

よく撮影に行く空港・基地とブルーインパルス、共通で航空緊急用や国際緊急周波数などの周波数を固定バンクにしてる。
具体的には、東京コントロール(C)、成田空港(A)、羽田空港(T)、横田基地(Y)、ブルーインパルス用(B)、共通(D)。

Rバンク(リモート)

航空祭などにいくときの登録先がRバンク。
どこに登録してたっけ?ってならんようにリモート(Remote)のRバンクに行先の飛行場の周波数を書込んでいく。現地に行ったらRバンクをぐるぐるスキャンさせて聞くだけ。

Bバンク(ブルーインパルス)

ブルーインパルスの周波数を個別のバンクにしてると航空祭で周波数を探すときに楽。
Rバンクで登録した基地の周波数をスキャンしても見つからない時にはBバンク(ブルーインパルス)とバンクリンクで追加してサーチする。
イベントの航過展示のときは周波数が見つけにくいから過去データがあるとやや見つかりやすい気がする。バンクリンクでも見つからなかったらプログラムリンクでサーチ。それでも見つからなかったら…。ツイッターで探せ!

バッサリ書き代えるための準備

一番初めにメモリをばっさり消す前にバックアップを忘れるないで。
もともと入ってるデータを使って飛行場ごとにCSVファイルを作っておくと書き代えるときに便利。RJAH.csv、RJTA.csvとかね。
足りない周波数は、航空無線ハンドブックについてるデータブックで最新データをチェックだ。

 

Planet exa アイコム OPC-478UC互換 PC接続ケーブル アイコム IC-R6対応 プラネット PL-478UC
Planet exa

IC-R6とパソコンを接続するアイコム OPC-478UC互換ケーブル
純正品よりちょっとお安い。(別途 クローニングソフトウェアCS-R6 が必要)

OPC-478UC アイコム(ICOM) クローニングケーブル (USBタイプ)
アイコム(ICOM)

アイコム純正のクローニングケーブル
別途 クローニングソフトウェアCS-R6 が必要

クローニングソフトウェアiCOM CS-R6
アイコム(ICOM)

IC-R6のメモリ・カスタマイズに必要なソフト
Windows専用