🇪🇸スペイン エアバス A310-300(T22-1)|フェリペ6世国王夫妻

世界の政府専用機

スペイン エアバス A310-300(T22-1)

スペインのフェリペ6世国王夫妻が来日中。
予定では、スペイン国王は今日で離日。

朝イチで羽田空港に行くとスペイン空軍のA310-300(T22-1)が駐機中。
昨日までダッソー ファルコン900(T18-3)も居たんだけどどっかに飛んでった。
スペイン国王夫妻は、静岡で予定があるみたいなのでA310-300(T22-1)が飛ぶのは15時くらいかな?

7時前に到着。
いたいた。機体には、「REINO DE ESPAÑA(スペイン王国)」の文字
シンプルだけどカッコイイ。

スペイン王国を囲んでいたAIRDOやソラシドが仕事で空へ向かってった。
おかげでボッチ。クリアに撮れるチャーンス!
コンバクトなA310なので羽田恒例の串刺写真じゃないぞ。

昼前になっても動きなし。スペイン王国は飛びそうなの?どうなの?
ツイッターにまるで情報が上がってこないので見に行くぞ。
するとスペイン空軍のA310にタラップがついてキャプテンが機体のチェック中。あれ?そろそろ飛ぶの?

黒塗りの車が横付け。スーツケースを運んだりあれこれ忙しそうだ。
でもフェリペ6世国王夫妻はいなそう?

あー、ファルコン900は、静岡空港にいったのか!
A310も飛んでいってスペイン国王夫妻は静岡空港から帰国するのね。

お昼過ぎはトラフィクが多い時間帯。
スペイン空軍は、ちょっと待たされてR/W16Rから国王夫妻を迎えに静岡空港にむけてテイクオフ。

日本の政府専用機とコラボる貴重なショット。シグナス、いいタイミング。
離陸のときのトーキョータワーは丁寧な管制で羽田空港に慣れていないスペイン空軍も感謝してた。グッデー!

🇪🇸スペイン空軍

使用機材:エアバス A310-300
機体番号:T22-1
来日VIP:フェリペ6世国王夫妻
スポット:V1
利用滑走路:RWY16R (静岡空港へ)
コールサイン:─

撮影:2017/4/7 12:50

// ピンタレスト