キヤノンPowerShot G7X MarkⅡをモバイルバッテリーで充電してみた。

カメラとフォト

PowerShot G7X MarkⅡ をモバイルバッテリーで充電

PowerShot G7X MarkⅡの機能のひとつ「USB充電」
液晶パネルを見ながら撮影するコンデジはバッテリーの消耗が早い。スマホの充電に使っているモバイルブースターでデジカメも充電できれば非常に便利になるはず。

まず、どうやって充電するのが調べてみると ───

usb.png

は!?
コンパクトパワーアダプタCA-DC30(希望小売価格:5,000円)とインターフェースケーブルIFC-600PCU(希望小売価格:2,000円)が必要だと!? 全然気軽じゃない。

そこで、手持ちのモバイルバッテリーとUSBケーブルで試してみると。

あっけなく充電可能
gx7mk2.jpg

昔のモバイルバッテリーでも問題なく充電してるけど一応、G7X markⅡのバッテリー関連の仕様を確認してみた。

canon.png

コンパクトパワーアダプター(CA-DC30)の仕様をみると低スペック。
出力電流の仕様が0.55Aってのはしょぼい。しかも充電に5時間!?モバイルバッテリーで充電したいときは外出時、そんなときに5時間も待ってらんない!

持ってるモバイルバッテリーで充電できるんじゃね?と調査してみる。

いまどきのモバイルバッテリーは出力電流1A以上。充電すると危険か?
大丈夫だ。問題ない。Anker PowerCore20100(出力4.8A)で充電できた。
電流が高すぎて充電できないってことはないようだ。
本体やバッテリーが熱くなることもなし。高負荷による寿命への影響は不明だ。
1A以上の電流出力のモバイルバッテリーで充電すると高速充電可能?
約5時間とあるが3時間かからずに完了。Anker PowerCore20100(出力2.4A)を使用
電流が高いと短時間で満タンになるようだ。
ANKERは、PowerIQ技術で給電を最適に調整するのでそのおかげかも。
つまりモバイルバッテリーは使えるってこと?
A:SANYO(KBC-L27D) OUTPUT0.5A → 充電OK!
iBUFFALO(BSMP809) OUTPUT2.1A → 充電OK!
ANKER(PowerCore20100) OUTPUT2.4A → 充電OK!

結果

G7X MarkⅡはモバイルバッテリーで充電できる。

検証は、ANKERモバイルバッテリーに付属のMicro USBケーブルで実施した。
ただしノーブランドのケーブルだと充電できなかった。

俺のケースでは万事うまくいった。
純正は安心だけど7,000円(アダプタ+ケーブル)で5時間とか待ってられない。
コンパクトパワーアダプターはいらない。

PowerShot G7X MarkⅡをUSBで充電したいきみの参考にして欲しい。

取説に書いてあった気になる点

カードがないと充電できないかも!?って仕様も適当だけど、充電しながら撮影は不可!といういざというとき困る。

pc.png

Anker PowerLine Micro USB ケーブル 6本セット
Anker

安心品質のAnker。
充電できなかったり満タンまで遅かったりするときはケーブルが悪いときもある。
高品質ケーブルにしておこう。

Powerextra Canon/キャノン NB-13L 純正互換バッテリー Canon PowerShot G5X G7X G7X Mark II G9X G9X Mark II SX620 HS SX720 HS SX730 HS 対応
Powerextra

純正互換バッテリー

Canon PowerShot G5X G7X G7X Mark II G9X G9X Mark II SX620 HS SX720 HS SX730 HS に対応している。純正は高いから保証期限を過ぎてバッテリーが必要になったら互換ありのバッテリーを検討しよう。