あれ…? ガッカリな桜写真をLightroomであの日のサクラカラーに盛っちゃうハウツー | ヲポレポ

あれ…? ガッカリな桜写真をLightroomであの日のサクラカラーに盛っちゃうハウツー

LightroomとPhotoshop

Lightroom Classic CC であの日のサクラカラーにするハウツー

白くなっちゃった桜写真をアメージングなサクラカラーにしてくれるのが

Adobe Lightroom

有料アプリで月額 980円のサブスク、Creative Cloud フォトプランでずっと使っています。同梱のアプリがフォトショップで写真編集・管理をよくするひとにはお得なプラン。

キレイな桜を撮りまくって傑作と思ってた写真をパソコンでみるとなんだかイメージと違う…。もっと鮮やかなサクラだったのに写真で見るとなんか白くてしょぼい。
そんなサクラ写真を、Lightroom で盛りまくってあの日、見たサクラカラーにしちゃうハウツーです。

六本木ヒルズ毛利庭園の桜写真

報道ステーションの天気コーナーでおなじみ六本木ヒルズ毛利庭園のみごとな桜。きみが見た桜カラーはこんなイメージだったはずです。鮮やかな桜の写真

ところが写真を見ると…。あれ?
イメージとちょっと違くない?すっかり白い桜になっちまって…。
補正前の桜の写真

このようなガッカリする桜写真を Lightroom で鮮やかな桜カラーに補正します。

あの日のサクラカラーに補正する

画像補正でよくあるのが、
まずはブラシでクイックマスクを作成!選択範囲を修正!そしたら調整レイヤーで(以下略…)

高度すぎてめんどくせぇ!!1枚の写真に長々と時間かけてらんない。

Lightroom の凄いとこはクリックだけでサクラカラーのお手軽感。1クリックとスライダをクイクイと動かすだけ。

「自動補正オン、彩度をいい感じに。サクラ色の赤をアップ、木々の緑は大人しく」

たったこれだけであの日のサクラカラー。
※ 写真(背景)によっては自動補正をしない方が良いこともあります。

もっと可憐なピンク色だった !?

違うなぁ、もっと可憐なピンク色だったよなぁ…。

そんな写真は、色相・彩度・輝度のスライダをお好みで動かしてみて。
Lightroom には正解はない。きみが「いい感じ!」だと思ったところが正解なのだ。

スライダをささっと動かすだけでドピンク!

今回は派手めにしたけどふんわりとやわらかい表現など自由自在です。いろんなパラメータをグリグリいじってみると偶然、傑作!?ができるかもしれません。自慢のサクラ写真ができあがったら SNS にアップして見せてください。

まとめ

Lightroom を使えば色の加工を簡単できます。加工アプリはたくさんありますが Adobe Lightroom は簡単にも本格的でも加工・補正をすることができます。

多機能だけど、使いこなす必要はなくてスライダで調整するだけでも写真が断然よくなる。Lightroom は写真が増えまくっても問題ありません。Lightroom は写真を管理する機能も便利でたくさん写真を撮るひとは写真整理にも活躍してくれます。

年間で何万枚も撮ってると写真を編集管理してくれるアプリがあると断然楽。次回は、航空機の写真でこそ真価を発揮するLightroomの管理機能を紹介します。

 

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) with 1TB12か月版Windows/Mac対応オンラインコード版
アドビ
写真加工のPhotoshopと写真の管理・現像に便利なLightroomのセット商品。Mac/Windowsの両方に対応して2台まで利用OKです。
タイトルとURLをコピーしました