厚木航空基地の近くにある公園、海自の哨戒機と米海軍の戦闘機が航空祭より近く飛んでた

厚木基地 RJTA

航空祭より近くを飛ぶ海自の哨戒機と米海軍の戦闘機

神奈川県綾瀬にある厚木航空基地。正式には厚木海軍飛行場。

厚木基地には海上自衛隊とアメリカ海軍が共同で使用している基地で海自の哨戒機P-3C、YS-11、LC-90。米海軍は FA/18スーパーホーネットと最新鋭電子戦機EA-18Gグラウラーが配備されています。

厚木基地の撮影スポットを調べて撮影に行ってきました。

ふれあいの森草柳広場

撮影に行ったのはふれあいの森草柳広場。滑走路RWY19のエンドにある撮影スポットです。

到着するなりいきなり爆音とともに飛んできたのがこれ。
かなり近いところを航過していくから音がスゴい。ホーネットだと思ったらスーパーホーネット。じゃなくてグラウラー?わからない…。見た目が同じすぎ。
20130301-01.jpg

飛んできたのは第141電子攻撃飛行隊 (VAQ-141) の最新鋭電子戦機 EA-18Gグラウラーという航空機。飛んでる姿を始めてみた。

EA-18G グラウラーとは?

グラウラーとは、F/A-18スーパーホーネットをベースに電子戦用に装備を換装した機体でレーダーを無効化したり通信を妨害したりと電子的な戦闘をする戦闘機。20130301-02.jpg

大迫力で近づいてきた。
F/A-18スーパーホーネットがベースなのでそっくり。見分けるにはEA-18Gグラウラーにつきまくってる電波妨害装置をチェック。

翼の先の通信妨害装置や主翼についてる高周波レーダー用の装備が判りやすい。
レガシーホーネットとの違いはエアインテークの形。F/A-18とEA-18Gは四角いけど、レガシーホーネットは楕円形になってるからすぐ判る。レガシーホーネットは大きさもひとまわり小さいけど空を飛んでると判らない。
20130301-14.jpg

この日は風が強く着陸も煽られてフラフラ…。しない。

さすがは海上に浮かぶ空母にも着艦するU.Sネイビー。
強風でも難なく着陸。ナイスランディング!

海上自衛隊のP-3C

海上自衛隊のP-3Cも着陸態勢。
こっちにグングン向かってくる。

ちょ!ちょ!ちょ!

ド近い
レンズからはみ出るほど近いところ飛び去っていった。
20130301-05.jpg

厚木基地の海上自衛隊は P-3C 哨戒機で日本周辺海域の警戒の他、海上防衛をする部隊や遭難航空機や遭難船舶を救難する部隊などの任務にあたっている。

そのなかで意外と知られていないのが自衛隊の急患輸送活動
消防やドクターヘリが飛んでいけない状況下においても自衛隊は飛んでいく。24時間365日、ひと知れず活躍してくれている。

記事の内容は当時の様子です。