解約ページが検索エンジンに非表示!? ドコモとKDDI がグーグル検索をブロックしてたセコ杉くん

SEO / アドセンス / ブログ運営

ドコモとKDDIが解約手続きページに「noindex」タグを仕込む !?

一言でいうと、ググったときに解約手続きページを意図的に見つからないようにしていました。

それだけのことですが日々、アクセス数の向上や検索結果の上位表示に躍起になっているブロガーのあなたは気がついたはずです。

ほぅ、やりおったな。

一体、どういうことなのか?を解説します。

インデックスとは?

インターネットの情報をかき集めて登録、整理したデータベースを検索インデックスといいます。
この検索インデックスとは、膨大な情報の集まりでウェブクローラというロボットが休むことなく世界中のホームページを自動巡回して集めています。

この検索インデックスされた情報がググったときに検索結果として表示されます。逆に言うと検索インデックスされないと検索結果として表示されないということになります。

noindex(ノーインデックス)とは?

話題になってる noindex(ノーインデックス)とは、検索インデックスされない(=Googleの検索結果に表示しない)ための設定のことです。noindexタグが設定されたサイトやページには、情報をインデックスするウェブクローラのアクセスがブロックされます。

ウェブクローラがアクセスできないためページを検索インデックスに登録できません。もし既にページがエントリーされていた場合は、インデックスから削除します。

検索インデックスにページのインデックスがないと、ページがあってもグーグルの検索結果には表示されない状態になります。

noindexにするには?

ページをnoindexの設定にする方法は、グーグルの上級者向けSEOのページに書いてあります。

noindex を使用して検索インデックス登録をブロックする
ページが Google 検索に表示されないようにするには、noindex メタタグをページの HTML コードに含めるか、HTTP リクエストに noindex ヘッダーを返します。
Googlebot はそのページを次にクロールしたときに、このタグまたはヘッダーを検出すると、他のサイトがそのページにリンクしているかどうかにかかわらず、そのページを Google 検索結果から完全に削除します。

うーむ。上級者向け難しそう…。いいえ!簡単です。
<meta name="robots" content="noindex"> と書いておくだけでインデックスから削除されます。WordPressの場合は、noindexにするボタンがあるのでもっと簡単です。

なぜそんなことをするのか?

ページが Google 検索に表示されないようにするのは、ホームページの査定をあげるです。

グーグルの検索結果の上位に表示されることで自然と多くのアクセスが集まります。そのためブロガーたちは、グーグルに気に入られるようなページを作っていきます。noindexは、その手法のひとつです。

例えば、いい情報が満載のサイトに更新履歴のページがあったとします。内部、外部リンクもなく制作者のメモ代わりのページです。

2021/3/1 更新
2021/1/5 作成

更新履歴だけのこのようなページをグーグルは価値のないページと判断してサイトの査定をさげることがあります。そのため「これは価値のないページなのでインデックスしないでね。」と優しい気持ちでnoindex設定をするのが本来の使い方です。WordPressのカテゴリーページを noindex にしたりすることも同じ理由です。

noindexタグの悪用

価値のない情報は、noindexにしましょう。というポリシーを悪用したのがドコモとKDDIの解約手続きページ

ホームページに解約手続きページがないのはさすがに拙いから作っておくけどさー。
解約手続きページはオレらには価値ないもん。見つけにくいとこからリンクして検索に出てこなきゃ、解約人数が減るだろ?

noindexを正しく使っているブロガーたちには、悪意のあるドコモとKDDIの心の声が駄々洩れである。

「お客様により便利にご利用いただけるよう」都合の悪い解約手続きページをなるべく見つからないようにしてたドコモとKDDI が総務省のスイッチング円滑化タスクフォースにバレて説教。解約ページを隠蔽してたことの苦しい言い訳をしてた模様。

検索時の解約手続ページの非表示について

ドコモとKDDI が noindexで非表示にしていた解約手続きページ

ドコモとKDDIが noindex で非表示にしていた解約手続きページがこちら。大手キャリアともあろう企業がこんなセコ杉なことをしてるとは思いもしなかった。
現在は、noindexタグが削除されて検索結果に表示されます。タスクフォースのお手柄です。

ドコモ

KDDI

同様の手口として、朝日新聞が謝罪記事に noindex タグを使ったこともあった。これも本気で謝る気なしの所業。

大手キャリアのうち、ソフトバンクだけは noindex 設定をしていなかった。
さすが検索サイトの双璧、Yahooを傘下にもつだけあってそんなセコイことはしてなかった。

noindexページが見分ける方法

普通にページを見てるとみえないところに書かれているのでパッと見はわかりません。

ドコモとKDDIは、都合の悪いことは見つけにくくしたり、字をちっちゃくしたりしていそうだから気をつけたい。失ったのはインデックスじゃなくて信用って話だ。

タイトルとURLをコピーしました