SSブログからWord Pressへのお引越し! 記事と画像をエクスポートする手順書

SEO / アドセンス / ブログ運営

SSブログ(So-netブログ) → Word Pressへ引越しの手順メモ

SSブログをやめて独自ドメインにお引越しの手順をメモ。
載せまくっていた画像がSSブログではエクスポートができない問題をエクセルを駆使して解決!
SSブログで画像をエクスポートできなくて困っているきみは参考してくれ。

記事を保存する手順

SSブログのエクスポート機能を使って記事を保存する。

エクスポート機能を使う。
記事管理の「インポート・エクスポート」からエクスポートを選択。

ファイル形式 MT(MovableType)形式
文字コード UTF-8
取得範囲 月ごと

Word PressにSSブログで書いた記事を移行するための選択だ。

取得範囲を月ごとにエクスポートしているは記事数が多いため。
記事数が多いと時間がかかるし欠損する心配があるからだ。

2012年からどんどんエクスポートして7年分のブログ記事を保存する。

エクスポートで保存されるのはテキストだけ。画像は保存されない。

画像を保存する手順(エクセル活用)

SSブログで決定的にダメなのが画像を一括で保存できないところ。

画像イメージを保存するには、
①ブログ記事を開いて画像を保存する。
②ファイルから選択してダウンロードする。

どちらも手間のかかる方法しか用意されていない。
引越しを留まらせようとしているとしか思えない所業…。

そこでご提案したいのが

「画像イメージのリンクアドレスをすべてリスト化して一括でダウンロード」

リスト化?一括でダウンロード?
簡単に言ってるけど、お難しいんでしょう?

いいえ簡単です。エクセルとChromeだけで一括ダウンロードできちゃうぞ!

フィルタ機能で画像ファイルのリンクアドレスを抽出

SSブログの画像ファイルのURLをリスト化するにはフィルタ機能を使う。
まずは、先ほどインポートしたブログの記事をA列にコピペる。

A列を選択して データ>フィルタ
テキスト フィルター > 指定の値を含む
抽出条件の指定:

https://blog.ss-blog.jp/_images/blog/_48a/wporpt/

_48a/wporpt/ は、ユーザごとに異なるのでログファイルをチェックしてキミのパスに書き換える。

フィルタすると、はいどーん!
A列にブログ記事から画像ファイルのリンクアドレスを含んだ行だけが抽出される。

抽出行から不要な文字列を削除

リストには、正しいリンクアドレスが必要。
抽出された行には、不要な文字 img src= が付いてるから取り除く必要がある。
エクセルの関数コピペして行から不要な文字を削除する。

セルB1に次の関数をコピペして下まで関数をドラッグすると…。

=MID($A1,FIND("https://blog.ss-blog.jp",$A1),FIND("""",$A1, FIND("https://blog.ss-blog.jp",$A1))-FIND("https://blog.ss-blog.jp",$A1))

GREAT!

B列に画像ファイルのリンクアドレスがだけが一括して抽出される。
これで画像ファイルのURLをリスト化ができたぞ。

重複したURLを削除

最後にリストのクリーニング。
重複したリンクアドレスを削除してしておく。

[データ] > [重複を削除]

B列をコピーしてテキストファイルに貼り付けて保存。
これで画像ファイルのURLリストが出来あがった。

面倒な画像ファイルのリンクアドレスの抽出もエクセルがあると楽勝だ。
やっぱりMacにもエクセルがあるととてもお便利。

 

Chromeで一括ダウンロードする

Chromeに一括ダウンロードできる機能拡張をインストールする。
テキストファイルに記述したURLのファイルをダウンロードしてくれる機能拡張。

Tab Save

インストールすると上部にアイコンが現れる。機能拡張のインターフェースは英語だが操作は簡単だ。

鉛筆アイコンをクリックするとクリックするとダウンロードリンクが貼り付けられるようになる、
先ほどエクセルでつくったURLリストを貼り付ける。

ボタンを押せばアップロードした大量の画像ファイルが次々にダウンロードされる。
画像枚数は、ざっと10,000枚オーバー。
機械的じゃないととてもダウンロードできる枚数じゃなかった。

macOSの場合は、wgetコマンドでもできる

wgetをダウンロードしてインストール。(https://applica.info/mac-wget)

ターミナルでコマンドを入力
wget -i リスト名

リスト名は、テキストファイルを作ってD&Dすればいい。
これだけでダウンロードできる。

他にも色々と使うことがあるから wget をインストールしておくと便利。

 

ご連絡

アマゾンのアフィリエイトリンクでエクセルをお買い求めになられた方へ
当サイトのアソシエイトリンクからアマゾンで商品をお買い求めていただくとAmazonからアソシエイト報酬があります。ご購入された方へのお礼としてご所望の方にはブログ記事のエクセルブック(動作環境:Excel2016)をお送りしますので商品名と購入日をでご連絡ください。@eos40is

Microsoft Excel 2019(最新 永続版)オンラインコード版Windows10/mac対応PC2台
マイクロソフト

MacとWinで両方使える2ライセンス!
WinのファイルをMacのエクセルでも使えてとても便利。マクロも動いてとても快適!

// ピンタレスト