Cocoon設定の俺用メモ|SEO設定のハウツー

〈 WordPress 〉Cocoon設定の俺用メモ SEO設定のハウツーCocoon カスタマイズ

WordPressでブログを始めるときに選んだテーマが「Cocoon」

理由は無料だったから!

同じ理由で Cocoon を使っている WordPress 初級者も多いのではないでしょうか?
無料とは思えない高機能が標準装備されているのテーマですが 初級者がまずブチ当たるのが Cocoon設定のタブの多さ!

Cocoon設定 SEO

そのままでもいい感じになるけど設定を変えるだけで簡単にカスタマイズできるのが Cocoon のやさしいところ。

Cocoon設定にはアクセス向上・収益化に影響がある設定もあります。
当ブログの Cocoon 設定とあなたの Cocoon 設定と比較してよさそうならマネしてください。

Cocoon設定|SEO headタグ設定

Cocoon設定は検索エンジンで上位に表示するように SEO施策が標準装備。

headタグ内に追加する link タグの設定はオンでもオフでも見た目は何も変わりませんが基本的に全オンです。検索エンジン(グーグル)のための設定でページを最適化してくれます。

headタグに挿入

全オンです。

  • canonicalタグの追加
  • 分割ページにrel="next"/"prev"タグの追加
  • カテゴリーページをnoindexとする
  • タグページをnoindexとする
  • その他のアーカイブページをnoindexとする
  • 添付ファイルページをnoindexとする

noindex とはグーグルにアクセスさせない措置です。
ページヘッダに

<meta name="robots" content="noindex,follow">

を書き込みます。
全ページをグーグルに登録してもらったほうがよさそうな気がしますがカテゴリーページ、タグページなどはページが並んでいるだけでユーザーに有益なページではないからです。

当サイトはカテゴリー・タグページは SEO的に有益なページではないのでクロールされないように noindex にしています。

 

カテゴリーページやタグページを編集して、本文を工夫するとユーザーに有益なページになります。そのときは noindex を外しましょう。

構造化データ JSON-LDを出力

現在のグーグルで上位に検索されるには構造化データが欠かせません。

手間のかかる構造化データの定義も Cocoon では構造化データ(JSON-LDの出力)が標準搭載!何もしなくても構造化データを出力してくれます。

必ずオンしましょう。

グーグルがページに内容をより理解することで検索上位になるかもしれません。

Cocoon設定 | SEO 日付の設定

投稿記事に表示する日付の設定です。
Cocoon設定では、投稿日・更新日を4つのパターンで表示できます。

  • 投稿日・更新日を表示(←当ブログ)
  • 投稿日のみを表示
  • 更新日だけを表示
  • 表示しない

表示する日付

表示する日付は利用者に重要な要素です。
利用者はブログの情報でエビデンスを期待するからです。

特にトレンド記事は、鮮度が高く新しい記事ほど読まれる傾向にあり「投稿日・更新日」を気にします。時代遅れの古い情報を掴みたくないからです。

「今、欲しい最新家電」と書いてあっても投稿日がわからないと、いつの最新家電が不明なので敬遠されます。

逆に古い記事が魅力的なこともあります。

たとえば、2013年にベリンダ・カーライルが来日したときの情報を検索するならの投稿日が 2013 年の情報がよさそうです。ライブレポートやオリンピック競技など「あの日・あの時」の話題はその日の投稿日がいいです。

どちらにしても、日付の表示は利用者がブログの情報を必要が不要か判断するエビデンスのひとつになります。同じ情報があれば日付のある方を信頼できるので投稿日・更新日が判るほうが利用者に親切です。

ブログによっては日付を表示しないミステリアスな記事でもいいこともあります。
あなたのブログにあった日付設定をしてみてください。

ちなみにCocoonは投稿するときに記事の投稿日・更新日を変更できます。
今、2013年の記事を書くこともできるし、2015年の記事を日付を変えることなく変更もできます。

関連記事 Cocoon設定