Cocoon設定の俺用メモ|フッター設定のハウツー

WordPressでブログを始めるときに選んだテーマが「Cocoon」

理由は無料だったから!

同じ理由で Cocoon を使っている WordPress 初級者も多いのではないでしょうか?
無料とは思えない高機能が標準装備されているのテーマですが 初級者がまずブチ当たるのが Cocoon設定のタブの多さ!

Cocoon設定 SEO

そのままでもいい感じになるけど設定を変えるだけで簡単にカスタマイズできるのが Cocoon のやさしいところ。

Cocoon設定にはアクセス向上・収益化に影響がある設定もあります。
当ブログの Cocoon 設定とあなたの Cocoon 設定と比較してよさそうならマネしてください。

Cocoon設定|フッター

フッターはクレジット(著作権)の表示設定です。

日本は著作権保護に関するベルヌ条約と万国著作権条約に加盟してます。
ベルヌ条約では著作物を創作した時点で自動的に著作権が付与されるのでクレジット表示をしなくても問題ありません。

そのために法律的意味はありませんが、万国著作権条約で必要な ©︎、著作権者名、著作物の発行年の表記を慣例的に表記しています。

Cocoon設定フッター

フッター表示タイプ

どれを選んでも問題なしです。
好きな表示タイプを選びましょう。

  • ロゴ&メニュー&クレジット
  • メニュー&クレジット(左右)
  • メニュー&クレジット(中央揃え)(←当ブログ)

フッターロゴ

サイトのロゴ画像があるときに設定します。

クレジット表記

法律的な著作権の表記としてはどれを選んでも問題なしです。カッコいいと思った表記を選びましょう。
サイト開設年の表記の有無ではじめの印象がかわります。

サイト開設年

サイトを開設年の表記します。

著作権者表示

当サイトは無記入にしてサイト名にしてます。

クレジット表示

クレジット表示はサイト開設年の有無で利用者の印象がちょっと変わります。

新しい情報を探しているときに、©2010 では古くね?と感じるし、プロフェッショナルな情報を探すときに ©2022 だと初心者じゃね?という印象もあります。

昔からずっと新しい情報を更新している老舗サイトや新しいサイトを立ち上げたばかりのプロ御用達サイトのこともあります。

  • ©2019 wpo調査報告書
  • ©2019-2022 wpo調査報告書
  • Copyright ©2019 wpo調査報告書 All Rights Reserved.
  • Copyright ©2019-2022 wpo調査報告書 All Rights Reserved.
  • 独自表記(←当ブログ)

利用者のイメージでしかないけどコピーライトからサイトの歴史が判ります。

最新情報をお届けするブログなら、©20xx-20xx
更新頻度の少ないアーカイブ的なブログなら ©20xx

Copyright と All Rights Reserved.は好みでつける感じ?

古いネタから新しいネタまであつかう当ブログは、どれでもない独自表記にしてます。
Copyright wpo調査報告書

結論

フッターの設定は好きなデザインにしよう!

その他のCocoon設定の俺用メモ

 

// //