さらば長岡市厚生会館、街のシンボルが50年の歴史に幕。解体前に写真撮影

さようなら長岡市厚生会館、50年の歴史に幕を閉じる

さようなら長岡市厚生会館、50年の歴史に幕を下ろす

長岡市厚生会館がついに50年の歴史に幕を閉じる。
アオーレ長岡の建設工事により1958(昭和33)年に竣工した長岡市厚生会館が解体されます。

長岡市厚生会館はのまんなかにあって『厚生会館』の呼び名で長岡市民の誰もが知っているシンボル的存在。すべてが解体されるまえに長岡市厚生会館の写真を撮ってきました。

大手通りから見た長岡市厚生会館

大手通りからは工事フェンスで囲われていました。
隙間から覗くと厚生会館の正面にあった宝田(ほうでん)公園は跡形もなかった。公園の名前の由来は大正時代にあった宝田石油の跡地であることから名付けられた。大手通りから見た長岡市厚生会館

長岡市厚生会館の裏手

外観を保っている写真を撮れてよかった。
長岡厚生会館の裏手の外観

長岡の大雪でも天井を支える柱。長岡厚生会館の側面にあるコンクリート柱

内部を覗くとすでに解体されて空っぽだった。解体されて空っぽの長岡市厚生会館

前庭だった宝田公園

噴水のブロンズ像とか長岡城跡の碑があったけど思い出せないくらい更地になっていた。こんなに広かったっけかな。噴水のブロンズ像は、たくさんの鳩になつかれていたっけ。更地になった宝田公園

ヘラクレス(!?)の壁画が見える。
長岡厚生会館はプロレスの巡業で有名でヘラクレスのような幾多のプロレスラーが戦った聖地である。ヘラクレスの壁画

割れた窓や木々が散乱している解体中の姿が痛々しい。長岡市厚生会館を解体している重機

大手通りを見続けてきた長岡市厚生会館のプレート長岡市厚生会館のプレート

大手通を通るときに時間を確認してた時計はもうなかった。長岡厚生会館のもう無い時計

今思うと、どこからみてもモダンな近代建築。
長岡厚生会館のモダンな近代建築

階段もボロボロ。長岡厚生会館のボロボロの階段

厚生会館に印象的な思い出や記憶はないけどいつもそこにあった建物。館内は昭和テイストのノルタルジック空間が印象的だった。
そこにあるのが当たり前だった建物が無くなるときになってもっと見ておけばといつも思う。

厚生会館の解体工事の看板

長岡のランドマーク的なシンボルだった厚生会館が無くなる日も近い。
この道も5月7日以降は封鎖されて後ろ姿も見れなくなります。厚生会館の最後の姿を眺めるなら今すぐに行こう。厚生会館工作物等をとりこわしています

長岡セントラルパークの跡地

長岡グランドホテルの傍らにあった長岡セントラルパークは、もうすっかりなくなっていた。

生粋の長岡人にさえ存在感が薄くて、すっかり名前負けしている公園だったけど長岡城跡地の石垣やおしゃれな円形ステージもあったりとモダンな公園で色々と記憶に残ってる。長岡セントラルパークの跡地

ネットで調べると設計者は造園家・環境デザイナーの池原謙一郎氏、大阪万博や代々木公園なども設計したスゴイ人でデザイナーズ公園だった。経緯は判らないけど「日本チャ、チャ、チャ」を考案した人でもある。

長岡市厚生会館のアーカイブ

1958(昭和33) 年11月20日に竣工した長岡市厚生会館。
当時の市政だよりで紹介されていました。

市政だより

長岡市厚生会館の竣工の市政だより(長岡市政ライブラリーより)

厚生会館平面図

厚生会館平面図(長岡市政ライブラリーより)

在りし日の長岡厚生会館の写真

とある冬の日の長岡厚生会館。
噴水にあるブロンズ像「三つの力」は彫刻家、広井吉之助氏(長岡市出身)の作品。解体とともに撤去されて現在は「さいわいプラザ」前の広場に移設されています。

奇しくもさいわいプラザの近くにある長岡市幸町公園は、長岡セントラルパークを設計した池原謙一郎氏の作品。ブロンズ像「三つの力」

長岡城 二の丸跡
アオーレ長岡が完成しても元の場所にあるみたいで安心。長岡城 二の丸跡

長岡セントラルパーク
長岡城の石垣をイメージした感じ。長岡セントラルパーク

大手通りを通るときによく見ていた厚生会館の小さな時計。厚生会館の小さな時計

 

長岡に帰ってくるたびに長岡のシンボルが消えていくのは寂しい限りです。
さらば長岡市厚生会館、最後に写真に残せてよかった。

// //