長岡大花火‘12。打ち上げ開始でございます。

新潟・長岡

長岡まつり大花火大会 2012

毎年、8月2日と3日に開催される『長岡まつり大花火大会』にいってきたぞ。やっぱすげー。
日本全国でいろいろな花火大会があるけど玄人好みの花火大会で全国から観光客がやってくる。
長岡花火大会は、直径が700m近い超弩級の正三尺玉(しょうさんじゃくだま),トラス橋に丸ごと花火を仕掛けるナイアガラ,超大型スターマイン『天地人』,中越地震の復興祈願花火『フェニックス』など大型花火がひっきりなしに打ち上がる全国トップレベルの花火大会なのだ。

どのくらい大きな花火があがるかというと隅田川花火大会は5号(1.3kg/15cm)が最大だけ長岡花火の正三尺玉は30号(90cm/280kg)の超ビッグサイズ。正三尺玉は、600mぶち上がって550mの花火になる。隅田川の花火3個ぶん。

おなじみのアナウンス「打ち上げ開始でございます。」のかけ声とともに長岡まつり花火大会がはじまって2時間ほどの間に1万発が夜空に打ち上がる。

欠かせないのがFMながおかの特別番組「’12 FM三尺玉」。FMながおかの佐野護さんとゲストが解説。ゲストも芸能人じゃなくて元花火師とか渋いキャスティング。長岡花火の深い魅力を届けてくれる。
20120803-01.jpg

天地人花火

愛の兜、直江兼続を全国区の戦国武将にしたNHKの大河ドラマ「天地人」を記念して2008年から始まった花火。色彩豊かで迫力ある花火で目の肥えた長岡人を唸らせた新しい長岡花火の名物。
20120803-04.jpg
20120803-02.jpg

復興祈願花火「フェニックス8」

今年で中越地震から8年。
平原綾香さんのJupiterに合わせて次々を打ち上がる花火が夜空を埋め尽くす光景は圧巻。
最後はフェニックスが羽ばたくように花火が打ち上がる。
真ん中に見えるリボンみたいなのがフェニックスだ。
20120803-03.jpg

今年の観覧者数は、2日43万人、3日46万人と例年に通りの大人気。
長岡大花火で困るのが46万人のもひとがお家に帰るための大渋滞。長岡インター方面からはその日のうちに長岡ICに入れなかったりするほどの渋滞。早めに帰ればいいけど長岡花火の名物、フェニックスは見たい。

フィナーレのフェニックスは大感動!けれど余韻に浸る間もなく大渋滞にはまらないように帰る。
通行禁止除外車証のおかげで開始間際でもそばに駐車できたが抜け出すのはちょっと大変。わらわらと帰っていく歩行者にサンキュー言いまくりながら押し進む。懐かしの中学校、小学校を横目に渋滞もなく関越まで辿り着く。

東京に着いたのが1時前。まだ渋滞にハマってるひとも居るのかな…。おつかれ。

長岡ご当地のおすすめお土産を紹介。

今回は、日帰りしてしまったが長岡に来てそのまま帰るのはもったいない。
花火が始まる前に街で自分へのお土産を買って帰っている。

吉乃川酒造の「極上吉乃川」

越後といえば日本酒。
オレのおすすめは三尺玉のスポンサーでもある吉乃川酒造の「極上吉乃川」
端麗辛口でどんな料理にもあう日本酒で辛口が好きなひとは気にいるはず。
吉本千紗さんがイメージキャラクターになっている上越新幹線の広告で「東京新潟物語」も逸材
吉乃川は長岡駅や街の酒屋に売ってる大衆的なお酒。

長命堂飴舗の「 飴もなか」

越後長岡、長命堂飴舗のの飴もなか。最中の中に水飴がはいっているお菓子で子どもの頃から当たり前に食っていた。長岡人の琴線を刺激するお菓子。長岡駅のCoCoLoの1Fに売ってるから探してみて。

ご当地B級グルメ “洋風カツ丼”

ご当地B級グルメ。"ハイカラなご馳走"洋風カツ丼
長岡市内の食堂などでおなじみの歴史あるご当地メニュー。大盛りのお店も多い。

フレンドのイタリアン

長岡のソウルフードはやっぱりフレンドのイタリアン
やきそばのミートソースがけのような不思議な麺類は長岡人の食生活にぐっと入り込んでいるソウルフード。ウィークエンドのランチはイタリアンと餃子が鉄板なのである。

 

その他にも、栃尾のジャンボ油揚げも外せない。
ネギと納豆をはさんだ分厚い油揚げはビールのつまみに最高!

長岡花火にいくときは空のクーラーボックスを持って行って、帰りはお土産を満載して帰ってほしい。