万代シティ立喰コーナーの名物「バスセンターのカレー」

新潟・長岡

万代シティのバスセンターのカレー

新潟の万代シティバスセンター内にある名店、立喰そばコーナー「万代そば」のカレー。
バスセンターの常連はもちろん、最近では観光客までが注文する人気メニューが

「バスセンターのカレー」(愛称)

見た目は、小学校の給食にあったような黄色くてトロっとしている。
福神漬のビビットなレッドカラーとカレーの原色イエローのコントラストが鮮やか。

写真はミニカレーライス380円。ミニと言っても十分すぎる普通サイズの盛り。
丸い皿に黄色いカレーがたっぷりと掛かって下のコメが見えない。


18時くらいに万代そばへ行ってみると、あれ?誰もいない…。

券売機を見るとまさかの売切!他の観光客も売切をみてがっくし。
蕎麦やのお姉さんに聞いてみるとこの時間になるといつも売切れになるみたい。今日はそばにして明日、出直し。

バスセンターのカレーを逃さず食べるなら早めの時間に行きましょう。

券売機方式

バスセンターのカレーはミニ370円,普通460円,大盛り530円。女子から大食い男子まで満足の三種盛り。券売機の色は、うどんは赤で蕎麦は緑。まるで赤いきつねと緑のたぬき。

お得な回数券や持ち帰り用のカレールーもあってマイ鍋を持ってきてる常連さんも!?

バスセンターのカレーのお味

玉ねぎ、にんじん、ポークのシンプルな蕎麦屋のカレーでスパイスの効いた辛さで感激するほどうまいというより、どこか懐かしくて何度も食べたくなる味。新潟コシヒカリでカレーを食うくらいの気持ちでいこう。

食べてる最中にもお客さんがひっきりなし。観光客は、ほとんどカレーを注文。常連さんはカレー蕎麦じゃなくてカレーと蕎麦。どっちにしてもカレーを食べてます。

バスセンターカレーは観光客に大人気でインスタ映えな写真を撮ってる観光客よりも多いけど、ガツガツ食って「ごっつぉさん」と帰っていく地元の人もたくさん。バスセンターのカレー人気の高さが伺える。繰り返すけど食べたい人は売切れちゃう前に早めの時間に行ったほうがいいです。

新潟ファストフードを堪能したいきみにオススメコースは、万代そばのカレーミニ+みかづきのイタリアン。バスセンター1階でカレーを味わったあとに2階にあがって「みかづき」のイタリアンをはしごしてほしい。

バスセンターのカレーを食べ損ねたら?

バスセンターのカレーが売切で食べそこねた人は味を忠実に再現しているレトルトカレーを探してみて。新潟県内の高速道路のSAや空港など売っているので探してみて。こちらも人気商品で売切ることもあるそうです。食べ足りないひともお土産に。

売店でレトルトカレーを買い損ねたら?

バスセンターのカレーを買い損ねちゃったり新潟になかなか行けない人は、通販で購入する方法があります。

販売しているのは新潟交通障子株式会社
新潟おみやげ品として店頭と同じ540円(定価)で販売しています。ちょっとお高めだけど量が1.5倍と考えるとお買い得!?レトルト以外にもバスセンターのカレーシリーズが色々とあります。

肝心の量は 1.5倍あるのでバスセンターで食べるときのようにたっぷりで大満足。コシヒカリと真っ赤な福神漬けを忘れないようにしたいです。

東京だとアンテナショップの表参道・新潟館ネスパスで購入できるかも!?

 

目印はレインボータワー

万代バスセンターの場所がわかんない?
そんなひとは、新潟の3大回転タワーのひとつ「レインボータワー」を目指しましょう。
レインボータワーとは名前の通り七色の虹色で新潟市のどこからでも見える存在感バツグンの展望タワー。かつて新潟市を地上100mから一望できた昇降式回転展望塔は、越後人なら誰でも知ってるランドマーク的存在だった。

2012年から営業停止となり動態保存されていたけど2018年8月から解体されるのでこの姿を見れるものあと僅か。

 

タイトルとURLをコピーしました