ヘリ軍団が大空を埋め尽した立川防災航空祭2012。戦闘糧食の試食、日本女子体育大学の新体操演技など盛り沢山のイベント

立川駐屯地 RJTC

平成24年度立川防災航空祭

陸上自衛隊立川駐屯地で『平成24年度立川防災航空祭』が開催。
防災関連の組織の陸上自衛隊、東京消防庁、警視庁のヘリコプター22機が曇天の大空を埋め尽くした。

大編隊飛行に参加したヘリコプターは、陸上自衛隊の観測ヘリコプターのOH-6D(カイユース)とOH-1(ニンジャ)、多用途ヘリUH-1(ヒューイ)、対戦車ヘリコプター AH-1S(コブラ)が16機。東京消防庁の消防防災ヘリから、はくちょう(AS 332)、つばめ(AS 365)の2機、総務省消防庁からは、おおたか(AS365N3)。警視庁航空隊からは、はやぶさ4号(A109E)、おおとり4号(AB-139)、おおとり5号(Bell 412)の3機。

地上展示は、CH-47J(チヌーク)、AH-64D(アパッチ)、AH-1S(コブラ)とか。
航空自衛隊からUH-60Jと、CH-47J(チヌーク)。東京消防庁からはゆりかもめ(EC225LP)、警視庁からはおおぞら(シコルスキー S-92)と多数の機体が地上展示。
アメリカ空軍、海兵隊からは、UH-1NとUH-60、UH-60Bが参加してた。
20121111-05.jpg

東京消防庁から参加

東京消防庁から参加した『ゆりかもめ』と警視庁の「おおぞら1号」
『ゆりかもめ』は仏ユーロコプター社製のAS332L1スーパーピューマ。1,200リットルのタンクを持つ大型ヘリで高層建物火災に対する消火システムも装備できる。東京消防庁のヘリはノーズがブラックだ。
「おおぞら1号」 はアグスタウェストランド社のEH101。立川航空基地から小笠原諸島までの長距離飛行もできる機体だ。

自衛隊から参加

航空自衛隊から参加した機体は2つ。
百里基地から救難ヘリコプター『SH-60J』と入間基地から輸送ヘリコプター『チヌーク』
あ!このチヌゥゥークはこないだの入間航空祭で大盛況のショーを見せつけたグラマラスボディーのゴーマルマルがじゃないか。

最強の攻撃ヘリ『アパッチ』と『コブラ』
このアパッチは木更津駐屯地で見たアパッチと違ってロングボウ・ミリ波レーダーを搭載していない。
それにしてもアパッチはなんつー悪そうな顔。こええ。

ヘリコプターの大編隊が一斉に離陸したのち会場上空を2度通過して一斉に着陸。
自衛隊、消防庁、警視庁のヘリが入り乱れる光景はなんとも圧巻だ。
20121111-27.jpg
陸上自衛隊のヘリコプター4機種。左から対戦車ヘリコプター AH-1S(コブラ)、OH-1(ニンジャ)、多用途ヘリUH-1(ヒューイ)、OH-6D(カイユース)。(と思う)
20121111-32.jpg
習志野駐屯地第1空挺団の空挺自由降下。最強の男たちが空から落ちてきた。
会場アナウンスが「降下しました」と言ってくれたが、ほとんどのひとが「どこ?」
判らないくらいすげー高度からの空挺降下。みるみる降下してきてランディング・ポイントにピタリと着陸。
前に空自は四角い落下傘で陸自は丸型って書いたけど間違ってた。高高度から降下するときは、扱いやすく隠密かつ精密に降下できる自由降下傘MC-4を使う。低高度の場合が空挺傘696MI(12傘)なんだって。
第1空挺団ブースでは降下するときの装備が展示。降下装備+降下後の地上装備をつけるとうまく歩けねぇ。「ハハハ。あとは空から降りるだけですから!」って最強部隊とっては、なんてことない標準装備みたい。アンケートを書いて『第1空挺団 -精鋭無比-パンフレット』をもらってきた。いいもらったぜ。

OH-1飛行展示
抜群の機動性を会場のギャラリーの視線は釘付け。スノボの技のように3Dエアを決めまくる。

災害救助活動展示。
まずは陸上自衛隊がUH-1で飛んできてあっという間に地上降下。ロープでするすると降下。
消防や警察機動隊は、ホイストでスゥーッと電動ロープの力で降下するけど陸上自衛官は、ただの腕力でするするするするする。細マッチョすぎである。
20121111-33.jpg
ヘリコプターによる消化剤の噴霧。
UH-1がバンビバケットから水を投下。バシャー。。おい、消えてねーぞ、と思っていたら最後に真打ちが登場。真っ赤な総務省消防庁ヘリ『おおたか』が胴体下部のタンクから900Lを一気にぶちまけて格の違いを見せつける。ドバッシャー。消火完了。さすが消防隊、圧巻である。

ハイパーレスキュー隊による救助活動。
自衛隊のヘリコプターに乗ってやってきた。さすがは救助のエキスパート『ハイパーレスキュー隊』訓練された身のこなし。救命救急士もデカい装備を担いでいても機敏だ。
地上では立川消防隊が消火活動。火災の鎮火は彼らに任せとけ。航空消防隊、HR隊、消防隊の連係が抜群で見ていて安心だ。

ダメっぷりがで際立ってたのがDMATへらへら笑って緊張感ねーなー。自衛隊や消防、警察とくらべると未熟というか幼稚。しまいにはヘリから手振ってるし。DMAT、呆れたアホさだな。小学生の避難訓練の方が真面目にやってんぞ。知識や技量はあっても、いざってときには、手を振って逃げ出しそう
DMATは医師、看護師、業務調整員で構成されて各自が専門的な訓練を受けている災害派遣医療チーム。と肩書きはスゴいが動きはバラバラでぼけーっとしてるのも。ビックレスキューかながわに引き続きダメっぷりを露見。専門的な訓練ってなにしてんだろ。自衛隊や消防庁、警察機動隊が懸命に救助しても最後の医療部隊がこれじゃダメだな。

UH-1の体験搭乗とCH-47Jの地上滑走は大人気。9:30amくらいには抽選券がなくなっていた。
午後からはじまった体験搭乗では当選者が楽しそうに飛んでる。UH-1のほうが機体が多い(4機)から当選確率が高いのかも。CH-47Aは地上滑走のはずなんだけど空に浮いるようにみえねーか?

ブラックホークが帰投。みんな手を振ってバイバイ。
陸上自衛官と米兵が仲良さそうに話してるのをあちこちでみた。陸自はコミュ力高いのかも。そういや航空自衛隊や海上自衛隊の自衛官が米兵と仲良さそうなの見たことない!?
20121111-39.jpg

防空航空祭で開催されたその他のイベント

自衛隊の缶詰試食コーナー

缶詰タイプの戦闘糧食I型。25分間お湯でぐらぐらと暖めてから食べるそうだ。
主食は赤飯、五目飯、とり飯、しいたけ飯の4タイプ。思っていたより不味くない。

おかずは、味付きハンバーグ、マグロ味付き、牛肉味付、コーンドミードベジタブルを試食。コーンドミードベジタブルが一番うまかった。どれも味付が濃いぜー。

絶品だったのがたくあんと福神漬け。これだけで赤飯2缶はいける。

日本女子体育大学の新体操演技

大人気の演目でみんな中央に集合して人垣ができてた。肌寒い天気のなか見事な演技。
地上展示がガラガラになるほどの人気イベント。

女子大生が舞うとあって不埒なカメラマンが多数。翌年から撮影禁止に。
20121111-19.jpg

野外炊具の豚汁うどん300円

肌寒かったのをあっためてくれた豚汁うどん300円安いぜ。野外炊具で自衛官が自ら振る舞ってくれるのがいいね!味が濃くってハイカロリーな戦闘糧食と違って意外にも薄味。やきそばも食べたけど薄味だった。自衛隊の屋台は本職の屋台よりどこも賑わっていた。

高等工科学科によるドリル展示

規律正しくシュッとしていた。
第一音楽隊も整備倉庫で演奏していたが外でヘリが飛び待っているバタバタバタバタ音のなか必死な演奏。

 

立川防災航空祭の調査報告書

タイトルとURLをコピーしました